ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カナディアンロッキーの旅 ①景色     

巨大台風が押し寄せるという日の前日 ロッキーの山歩きを目的に
成田から北米の北西端の イチローが活躍しているシアトル市まで
そこからアラスカ航空のプロペラ機でロッキー山脈を越えカルガリー
まで そこから小型のバスでロッキーの中心地のバンフに到着。
9日間の予定で各地の国立公園等の山歩きをした訳ですが、現地は
経験した事も無い異常気象で31度を超す高い気温と乾燥の毎日で
各地で山火事が発生 予定コースの変更もあり 記憶と写真が一致せず
山や川や湖 そして地名も混乱してしまいました。
そんな訳で今回は景色・草花・生き物等に区分してUP致します。
出発時には皆様からご声援を賜り 有難うございました。

キャッスルマウンテンの山とボー河。
マリリンモンロー主演の「帰らざる河」は このボー河です。
f0208666_17133090.jpg


更に進んでキャッスルマウンテンを横から見る。
キャッスルは城 お城に見えますか?
f0208666_17165884.jpg

f0208666_17172040.jpg


サンシャインメドーの登山口までのシャトルバス。
時代物のボンネットバス 急な山道を喘ぎながら2200mの
登山口に辿り着く。
f0208666_17254237.jpg

f0208666_1727166.jpg


このトレッキングルートのビューポイント。
f0208666_1732477.jpg


スタンレー氷河に通じる道は雄大なU字谷。
この周辺は十数年前の山林火災跡や雪崩による倒木が見られ
大自然の営みが見られる場所だ。
f0208666_17405544.jpg


氷河先端部の堆積物がモレーン。
巨大なモレーンにせき止められた湖で 他には見られない程の
美しい青さが素晴らしい。
f0208666_1744306.jpg


コロンビア大氷原の前に立つホテル。今回の宿泊は此処。
なかなか予約できないホテルだそうだ。
目の前の氷河も 昔はホテルの前まで来ていたそうだ。
f0208666_1747785.jpg


アスバスカ氷河の先端部。 
この上の方は東京都位の大氷原が広がっているらしい。
f0208666_17491078.jpg


氷河見物はホテルからバスで 途中で巨大な氷上車で行く。
f0208666_17521398.jpg


初めて氷河の上に立ち 玉五郎は夢中でシャッターを押す。
玉さんの初登場。
f0208666_1756333.jpg


スカイウオークと言う断崖絶壁の岩肌に作られた鉄の歩道。
目の下は300mの谷底。 しかも歩く部分はガラス張り。
アメリカのグランドキャニオンにも同様の物が有るらしい。
f0208666_1759545.jpg


レイクルイーズという静かな湖 この湖畔に超豪華なリゾート
ホテルがあり、今日は此処に宿泊。
f0208666_1831881.jpg


朝の散歩の折 ちょうど月が氷河の上に落ちる所だった。
f0208666_1844658.jpg


ここはペイトレイクというビューポイント。
絵葉書にも取り入れられている名所だが、私には河童の手
みたいに見えた。
f0208666_1883420.jpg


この周辺では2か所だけ遊覧船の航行が許可されている湖のひとつ。
マリンレイクと言い 3~40人乗り程度の小型観光船だ。
1時間程で一回り 美しい景色が見られる所だ。
f0208666_18153711.jpg

f0208666_18155438.jpg

f0208666_18161049.jpg


近くでは2ヶ所の山火事が発生しており 移動の際その脇を
通る事になっていたが 通行止めにも逢わず幸運だった。
火が見えたと言う人もいたが 私は煙だけが見えた。
f0208666_21114169.jpg


カナディアンロッキーの最高峰Mtロブソンも煙で霞む。
最高峰でも3954m 意外と低い。
1億2千年前頃から海底が隆起 その長期間と氷河や降雪の為
浸食されて 高山も急速に平地化している訳だ。
f0208666_18264716.jpg


こうした小さ目の氷河湖は多く見られる。
それにしても水の色の美しさは実に素晴らしいものだ。
f0208666_1829188.jpg


連日歩き回っても国立公園などのエリアのせいか牧場や
農園は全く見られない。
大きな都市に近づいた時 初めて菜の花が満開の農園が
見られた。
それにしても季節の差は大きいものだと驚いた。
f0208666_18332957.jpg

[PR]
Commented by とりこ at 2014-07-22 07:48 x
お帰りなさい~
トレッキングお疲れ様でした
どの辺を歩かれたかと興味津々でしたが、
今日の部は、平成9年秋に私も行ってました
コロンビア大氷原では、スーパーで買ったバーボンで氷河の氷で水割りを飲んだ思い出・・
ガイドさんや同行者と湧いた思い出がよみがえりました
その時も氷河は融けてきてましたが、さらに進んだのでは~
泊まったホテルは、レイクルィーズ (中程の写真ですね)ロビー眼の前の湖が夢のような風景に感動しました
バンフでの自由時間には、大橋巨泉さんの店で買い物したりトナカイのような大きな野生のシカ(名前忘れた)が道路を歩いてるのに会ったりしました
ホテルから見える山は、カスケート山だったかな
自然発生の山火事の規模の大きさや、いろんな事思い出がよみがえって、懐かしいです
秋の紅葉時でしたが素晴らしかった

もう一度行きたい場所一つと言えば、カナダです
すてきな風景をありがとうございます
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2014-07-22 09:04 x
とりこ様 早速のご感想と思い出を聞かせて頂き
有難うございます。
今回は山歩き専門で 町場や市街地は全く行かずに
9日間は全てトレッキングばかりでした。
氷河の水 あれは確かに美味しい水でしたね。
鹿の大きい奴は「エルク」 至近距離で撮りましたよ。
紅葉が美しい場所と聞いていますが針葉樹が主体
なので 見られる場所も限定されるかも知れませんね。
Commented by ●白雲 (はくうん) at 2014-07-22 11:20 x
おはようございます!
コメントを頂いたので ご帰国が判りました!(^^)♪ 2週間キッチリと思ってましたんで、意外な早さの御帰国にビックリ!
いやあー! 素晴らしいですね!
景色の良い所は カナダに限るようで、 一度行きたくなりました!
とりこさまは 既に行かれたそうで・・・やはり旅好きのとりこさまです♪(^^)♪ 次回を楽しみにしてますv(^^)
Commented by 蝦蛄代表 at 2014-07-22 16:59 x
玉五郎さん、お帰りなさーい♪

どの写真をとっても、ただただ素晴らしいの
一言です。
すっかり旅行気分に浸りました(笑)
やっぱ、風景写真は良いですねぇ。見てて
飽きないです。自分もこんな風景を一度でいいから
撮ってみたいなぁって思いました。
でも、自分には一生縁がないと思われます(^^ゞ
素晴らしい写真、拝見させて頂き感激です(^^)v
Commented by s-tamagoro at 2014-07-22 18:23
白雲様 幾度も激励を頂き有難うございました。
カナダも過去に経験のない程の猛暑が続き 本当に
暑かったです。
紫外線もここでは日本の5~6倍との事 射す様な
直射には参りました。
空気も乾燥しており 下着を夜洗っておくと翌朝は
すっかり乾いている程です。
素晴らしい景色が見られます故 白雲様も今の内に
是非 お出掛けください。
Commented by s-tamagoro at 2014-07-22 18:30
蝦蛄代表様 お元気ですか?
今も秋ヶ瀬は不調の様ですね。
カナダでも何某か鳥の姿は見られましたが、機材が
旅行用なので 倍率も足りず、更に逃げ足の速い鳥
ばかりで参りました。
後日UPしますので見てください。
高山植物も沢山ありましたが これは逃げない
割に角度や背景が難しくこれも大変でしたよ。
Commented by ゆき at 2014-07-22 21:25 x
玉五郎さん、お帰りなさい。
2W程のお留守と書いてありましたので海外かなぁとは想像しておりましたが、スケールの大きな旅を楽しんでこられたのですねぇ。どれもこれも素晴らしいお写真ばかりで魅入られます。
明日以降のUPも、楽しみです。
Commented by at 2014-07-23 05:30 x
玉五郎さん、お帰り~
カナダのたくさんの写真に
へ~へ~って感心するやらビックリするやら、羨ましいやら。
水の色が綺麗なんですね~青い色もいろいろで。
氷の上に立つ玉五郎さん、かっこいいです、
私も河童の手に見えます。
この地面が黄色のは菜の花なんですね、
なんとスケールが大きいこと。
私もどこか行きたいな~
Commented by あかね at 2014-07-23 17:38 x
玉五郎様
おかえりなさい!
素晴らしい景色ばかりで
笑様同様へ~~すごい、すごいの連発です
水の色様々で素晴らしいですね!!
私にもご縁が無い景色なので楽しませていただきました
Commented by s-tamagoro at 2014-07-23 19:13
ゆき様 コメントを頂き 本当に嬉しいです。
確かにロッキーの山並みは非常にスケールが大きく
豪快な景色が多く見られました。
スイスやオーストリアの山並みとは様子が違い
かなり老化した山容を見る事が出来ました。
高山植物や山に住む生き物も一部を撮ってきま
したので 次回報告したいと思います。

Commented by s-tamagoro at 2014-07-23 19:20
笑様 こんばんわ。
予想はしていましたが 仰せのとおりスケールの
大きなロッキーは本当に見応えがありました。
毎日のトレッキング 大変疲れましたが、何処の
コースも見るものが沢山あり おもしろかったです。
風景も草花も生き物も そして大陸横断鉄道も
なんとか撮れましたよ。後日UPします。
湖の色は実に多彩で 五色沼等はミニチュアと
痛感しました。
Commented by s-tamagoro at 2014-07-23 19:28
あかね様 コメントを頂き有難うございます。
行動派で博識のあかね様には 既に経験済みかと
拝察して居りますが お褒めを頂き嬉しいです。
あかね様だったら数千枚も撮る程多彩な被写体が
沢山ありましたよ。
全ての同定は無理ですが 少しずつ名前を調べて
それなりに記録したいと思います。
by s-tamagoro | 2014-07-21 18:12 | Comments(12)