ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

沖縄 のんびり旅 ②

     宿泊したのは恩納村の「リーザン シーパーク ホテル」というかなり大型の
     リゾートホテルだ。
     10階建ての広大な建物が3棟ほど 今回は最上階の海を見下ろす部屋だ。
     今ではオーシャンビューという部類ですけどね。

f0208666_18055009.jpg

f0208666_18122931.jpg

     今日の夕食はホテルではなく 予め調べておいた純沖縄風の居酒屋だ。
     タクシーで20分程の所で 恩納村役場のすぐ近くの場所。
     店の前には こんな看板が掛けてある。

f0208666_18165423.jpg

f0208666_18171368.jpg

     当然 お酒は琉球泡盛だ。 銘柄は店主おすすめの泡盛を選定。
     料理も我々身近に見られるものは無く 此処まで来て何処にも有る
     料理ではつまらない。 これが旅の醍醐味の一つ。
     写真になる様な豪華な盛り付けは無し カメラを無視して料理を
     楽しんだ。

f0208666_18225611.jpg

     さて 翌日はホテルからタクシーで30分程の場所で ここは「青の洞窟」と
     いわれる有名な場所のあるところ。
     カヌーで海上散歩と海中散歩の出来る所だ。 いざ出陣!

f0208666_19280107.jpg

     出発前に20分程のレクチャー 詳細な指導と注意事項を聞く。

f0208666_19304178.jpg

     一艇の二人ずつ乗り込み 快晴無風のコバルト色の海に乗り出す。

f0208666_19315929.jpg
 

     息の合ったペアや 自分勝手な不協和音のカップル それでも何とか
     集団を組んで目的方面に進んでゆく。
     気温は約30度程 皆様に先駆けて夏の海を堪能する優越感。 

f0208666_19344307.jpg


     「青の洞窟」の手前100m程の海岸に一旦上陸し シュノーケリング
     の準備とレクチャーがある。

f0208666_19442157.jpg

     初心者は大きな浮袋に掴まり 1時間ほどの遊泳となる。
     此処は洞窟の入り口付近。

f0208666_19461482.jpg


f0208666_19490914.jpg

   
     洞窟の奥まで入ってから 入り口方向を見ると噂の通りのブルーの世界。

f0208666_19502692.jpg


     水中から見ると浮袋に掴まった人間と泳ぐ魚のコラボレーション。

f0208666_19553585.jpg


     その下をアクアラング使用の初心者らしい連中が通過中。

f0208666_19591347.jpg


     洞窟から出ると 明るい海中が開ける。
     そこは美しい魚たちの楽園であった。
     この小さい群れは「クロセンスズメダイ」らしい。

f0208666_20010709.jpg


     急いで魚に近づいてみたら すごい剣幕で睨まれてしまった。(+_+)

f0208666_20024321.jpg

     海底近くに綺麗な筋模様の魚を見付けた。
     図鑑を調べたら「ニジハギ」らしい。

f0208666_20194089.jpg

     これは皆さんご承知のクマノミの一種 ハマクマノミの雄。
     体形は結構小さく 大きめの金魚位です。

f0208666_20220759.jpg


f0208666_20222578.jpg


     青の洞窟周辺には 驚くほどの観光客が集中していた。
     8月の夏休みの頃は更に多くの人が集まる との事でした。

f0208666_20260048.jpg

     我々は再びカヌーに乗り換えて 全員無事にカヌー基地に帰港した。
     予定していたカヌー散歩も ちょっと予定外だったが楽しかった。
     本当はマングローブの湿原に行きたかったのだが・・・・。

f0208666_20302313.jpg

     ホテルに帰着 日没の光景は時遅くて見られず 名残の夕焼けのみ。

f0208666_20323111.jpg

     翌日は特に予定も無く プール遊びや施設内のテニスコートで
     プレーをしたり昼寝をしたりのシーサイドライフを楽しんだ。
     午後の羽田行き 最後は沖縄名物の「そーきそば」を堪能。
     沖縄のんびり旅は無事に終了しました。


f0208666_21214227.jpg
                                 
                            終わり

[PR]
Commented by ウィンターコスモス at 2017-05-13 09:14 x
海上散歩と海中散歩ですか!
凄い!さすが!!スポーツマンなんですね〜

海中の魚、とっても綺麗!!
これは自分の目では無理無理です。
「ニジハギ」縞縞がほんとに見事ですね〜
Commented by 玉五郎 at 2017-05-13 11:14 x
ウインターコスモスさん ご感想有難うございます。
海の中には普段見る事の無い綺麗な魚が多く見られ
本当に楽しいものです。
30年ほど前から素潜りに凝り始め サイパンやグアム
更に世界一のサンゴ礁 グレートバリアリーフには2回
潜りに行ってきました。
おまけにケアンズでバンジージャンプもやってきましたよ。
Commented by ゆき at 2017-05-13 14:51 x
玉五郎さん、こんにちは

沖縄名産の美味しい物を召し上がるだけでなく、青の洞窟や海中散歩まで楽しまれて、なんという豪華な沖縄旅行なのでしょうか!ホテルも最上階のオーシャンビュー!! 私だったら思わず「生まれてきて良かったぁ~!」と叫びそうです。
カメラは水中専用のカメラですか?
Commented by 玉五郎 at 2017-05-13 20:58 x
ゆきさん コメント有難うございます。
お陰様で天候も良く夏の気候 楽しい旅行が出来ました。
海で遊んだり 山歩きをしたりするのは素晴らしい事、
海には美しい魚も多く見られ 山の方には鳥や花もあり
また ホテルライフもたまには良いものです。
カメラは普段 私がポケットに入れて持ち歩いている物
で 1m程から落としても 水深10Ⅿでも平気という
OL社の通常の製品です。
海に潜った後は 私と一緒にシャワーを浴びますよ。
型番は TG-830 です。
Commented by とりこ at 2017-05-14 09:21 x
おはようございます
すてきなホテルですね
最上階とは、別格 ゴージャス 眺めもすてきですね
3棟もあるとはかなりの規模みたい

海中散歩は楽しそう 魚が生き生き
水中でも大丈夫なカメラ!  やはりこれも必要ですね
私も水面の上から撮ったけど、光が屈折して全然ダメです

琉球泡盛古酒  良いですね
その土地の料理と酒 これが一番ですよ~~
って、のん兵衛みたいな発言でした
Commented by 玉五郎 at 2017-05-14 10:11 x
とりこさん おはようございます。
ホテルは確かに立派なものでしたし プールやテニス
パターゴルフなどの設備も整い プライベートビーチ
も近く のんびりできますよ。
水中写真はやはり潜らないと綺麗な写真は難しいです。
今は安くて防水完備のコンデジも色々ありますよ。
泡盛も多数のメーカーがあり 自分で選ぶ事は出来ません。
今は流通が完備していますので こちらでも自由に購入が
できますね。 当たり外れはその時の運ですが。
今日も天候が悪く 暫くぶりの秋ヶ瀬行きも中止。
コメント有難うございました。
Commented by 白竜 (はく りゅう) at 2017-05-14 23:41 x
こんばんは!
念願のカヌーに乗れて、良かったですね!
ものすごい剣幕で睨む魚や綺麗な色彩、幾何学模様の魚もいる 沖縄のエメラルドの海! いいですね!
泡盛!美味そうですね!♪(^^) 
禁酒しているのですが 飲みたい気分になります(^^;)
一族の沖縄旅行・・・楽しくて 結構な旅でした!ヽ(^o^)丿
Commented by 玉五郎 at 2017-05-15 14:12 x
白竜様 コメント有難うございます。
私にとって最後の祝い事かもしれない事業で
予定通りの楽しくも有意義な集いが無事終了
家族に感謝の気持ちで一杯です。
泡盛も現地では星の数程も銘柄がありますので
そこの店主のお勧め品を頂きましたが 私共には
微妙な差は判りませんが美味しかったです。
更に 久し振りで海中散歩が出来て幸せでした。
Commented by 蝦蛄代表 at 2017-05-16 21:42 x
玉五郎さん、こんばんは~。

おぉ~、オーシャンビューですかぁ!
キレイですねぇ、羨ましすぎますよぉ~^^;
それと何と言っても「琉球泡盛」んーたまりません(笑)
おっ!スノーケリングやったんですねぇ。
自分も鳥→釣り→潜りだったんで懐かしいです。
でも、水中の写真、きれいに撮れてますね。
クマノミが可愛いです(^^)v
水深20M超えると外部ストロボが必要になり装備が
大変だったことを思い出しました^^;
Commented by 玉五郎 at 2017-05-17 16:26 x
蝦蛄さん こんにちわ。
私は自称 素潜り名人と自負しています。
40年ほど前 磯釣りを始めた頃 海の魚は海中で
どんな所で どんな動きをしているんだろうか と
それを知りたくて素潜りを始めました。
その海中の美しさにのめり込み 小学生・中学生の
子供にも潜りを教え 毎年の様に房総や伊豆の磯場
に出掛け 魚を追いかけました。
ボンベは使わず 素潜りで充分楽しめるのです。
耳抜きがきちんと出来れば5mや10mは楽々で
サザエは勿論 アワビも捕った(盗んだ)事もあり
ましたよ。 昔の事 お許しを・・・。
南国の海は更にカラフルで多種の魚やウミウシ等の
生き物が見られ サイパンやグアム それから豪州の
グレートバリアリーフも2回 潜りに行きました。
磯に居る魚はどんな所に・・から始まって現在まで
最高に楽しみなスポーツとなっています。
こんな水中写真は一杯持っていますよ。 (^^)/
Commented by ゆき at 2017-05-18 21:50 x
こんばんは

田んぼの情報です。
タマシギがいるエリアは大久保農耕地A区です。今日の情報では、ケリがきているとかで、営巣する可能性があるとか。
A区はご存知でしょうか?川沿いのゴルフ場に近い方の田んぼで、秋ヶ瀬公園に近い側からC区、中堤を隔ててB区(ここは運動公園もあります)、そしてまた中堤を隔ててA区となります。A区の田んぼは、縦横に走る畔が舗装されていて車でも走りやすいです。
それと秋ヶ瀬のオオタカですが、営巣は失敗じゃないかな?と聞きました。オオタカが暫くいたせいで多分フクロウも来ていないようです。一昨日の様子では、P森にまだキビタキがいたようですが、今日はわかりません。
Commented by 玉五郎 at 2017-05-19 22:24 x
ゆきさん 早速の現況のお知らせ 有難うございます。
土曜と日曜はお天気も良いみたいですので 時間を作り
行ってみたいと思います。
秋ヶ瀬もオオタカの影響がフクロウをはじめ 他の鳥等
にも出ているんですね。
あまりサボっていると皆さんに忘れられてしまいそう。
それなりに頑張ります。 有難うございました。
Commented by とりこ at 2017-05-22 16:06 x
玉五郎さん こんにちは
3年前に奄美本島へいらっしゃったとのコメント頂きまして
2014年2月の記事を拝見してきました
本当はそちらにコメントを入れたかったのですが、見失われそうで最新ページに来ました

私も他の島では晴天が多かったのですが、大島本島は最後の一日だけでした
バードウォッチングの外国人が増えて、ルール知らないらしくレンタカーで踏み込んでくるから困るような事を聞きました
奄美もこれから人気が出そうですし、人が増えるのは自然保護に痛し痒し
玉五郎さんはいろいろな鳥さんの収穫大でしたね
私は観光ツァーですから、見るものも多かったですが、自然観察は無理がありました
Commented by 玉五郎 at 2017-06-14 16:46 x
とりこさん いや~済みません 完全に見落としました。
このところ野鳥世界も不景気で 意欲喪失の現在です。
皆様のブログも一通りは拝見していますが 私自身のは
全く手につきません。 皆さんに忘れられそう・・・。 (-_-;)

奄美大島は小さな範囲ですので ほとんど同じ場所を見学
したものと思います。
懐かしい景色が幾つも出てきましたよ。
私の時も天候が悪く 野鳥の姿は殆ど見られず残念でした。

実は5月連休に沖縄で遊んできましたが なんと5月下旬
に 今度は業務上の会合で再び沖縄に行ってきました。
半日程バスで観光もしましたが なんか二番煎じみたいな
感じで 単なるお付き合い観光になりました。

こんなブログ不調の現在 改めてブログって何だろう?
何の為に? 多忙の中 どうして? 色々な愚痴っぽい愚問
が頭の中を駆け巡ります。
皆さんとの色々の会話は最高の利点 更に老化ボケ防止
等も考え また頑張らなくてはならないな~ と思案中。

コメントの見落とし 平にお許しを・・・・。 m(__)m

by s-tamagoro | 2017-05-12 20:48 | Comments(14)