ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

我がテリトリーの視察

     先日 初夏の快晴の日 急に思い立って秋ヶ瀬に様子を見に出掛けた。
     鳥は居ないと理解していたので 取り敢えず田んぼの方に行ってみた。
     幻のムラサキサギでも現れたら奇跡 でも早速出迎えてくれたキジさん。

f0208666_13565867.jpg

     周囲を丹念に双眼鏡で探ってみたが何にも見えない。
     一人のCMさんが寄って来て「ムラサキサギはどの辺に?」との質問。
     「そんな事 知るか!」と思ったが「私も探しているんですよ」と返答。
     目の前の葦の上に止まって騒ぎ立てている 常連のヨシキリも撮る。

f0208666_14035574.jpg

     全く見込みが無いので 予定のPに場所変更。
     途中の道端で偶然にガビチョウの姿が見えた。 早速 車窓から一枚。

f0208666_14070295.jpg

     Pの森に入っても 鳥の姿も無ければ声もしない。
     少ないのは百も承知だが あまりにも静かすぎて不気味な感じだ。
     それでもミドリシジミはあちこちで見られ カメラは上向きになる
     事は無く 専ら目の前や足元に視線を注ぐ。

f0208666_14113992.jpg

     探し回る事も無く ミドリシジミはすぐに姿を見せてくれた。
     向きを考えて正面から左右対称の姿も撮る。

f0208666_14142370.jpg

     時々美しい羽を広げて 鮮やかな緑色の反射を見せてくれた。

f0208666_14162852.jpg

     丁字草も咲き始めなのか終末の頃か判然としないが あちこちに点在
     していた。 なんとも可憐な花だ。

f0208666_14200368.jpg

     梅雨入り後から現在まで雨は極めて少なく 池の水は殆ど干上がって
     おり 残り少ない水の所に 赤ガエル?が一匹。
     赤ガエルは現在当地の周辺から更に広範囲に見られなくなっており
     絶滅危惧種に指定される可能性が大 との事。(県内全域を含む)
     K森で赤ガエルの保護養殖をしているボランティア女性の話だった。
     原因は放棄されて巨大化したミドリガメ等が原因だそうだ。

f0208666_14282478.jpg

     更にカメラは下向きのまま 標的を探して歩いて行く。
     まだ羽も生えていないバッタの幼生。

f0208666_14302095.jpg

     久し振りのトンボさん 金山貯水池にも色々なのが飛んでいる
     だろうな~ と想像する。

f0208666_14321506.jpg

     これはアブの一種 むかし家畜や人間を刺した悪い奴かも知れない。

f0208666_14333659.jpg

     K森で唯一見かけた貴重な一枚 カワラヒワの小群れだった。

f0208666_14350167.jpg

     ベニシジミは相変わらず美しい蝶だ。

f0208666_14355749.jpg

     ジャノメの一種 図鑑を広げて姓名判断する程のものでもない。

f0208666_14371095.jpg

     シオカラトンボかな?

f0208666_14374955.jpg

     水門の方に行ってみたら 草刈りをしているおじさんの車のヘッドランプが
     付きっぱなし。 バッテリーが上がってしまうので教えてあげる。
     するとおじさんは「良いものを見せてあげる」と言って田んぼのあぜ道へ。
     草刈りをしていたら偶然見つけたカルガモの巣。なんと卵が10個も!
     周囲の草を少し残してあったが 殆ど露出しており 継続できるか心配だ。
     私のちょっとしたお節介が吉と出て 貴重な場面を見る事が出来た。

f0208666_14462129.jpg





[PR]
Commented by とりこ at 2017-06-21 17:17 x
こんにちは
梅雨入りしてやっと梅雨らしい雨のお天気ですね
降ればいろいろ支障はあるし、不満もあるけれど降らなきゃ困るし勝手な事言ってます

決意してお出かけの秋が瀬は、やはり裏切りませんね~
良い写真がいっぱい!
羨ましいヨシキリの画像 元気で立ってますネ~
ミドリシジミを難なく見られたとは良いなあ
正面からこちら見てますネ

カエルがいたり、トンボ、アブ、自然観察のページ
カルガモの卵 孵ると良いですね
小さな雛を連れてる姿 見てみたいです

↓ 記事に遅ればせながらコメント書きました
Commented by 玉五郎 at 2017-06-21 19:31 x
とりこさん こんばんわ。
関東地方も入梅以来 雨も降らず大変でしたね。
庭と畑の給水は入浴剤を入れず 翌日小型の吸水ポンプで
浴槽から排湯を汲みだし 利用しています。
今日は今現在50mm程度の降雨量 やっと一息です。

秋ヶ瀬の近くの田んぼに行くと 此処だけには必ずキジと
ヨシキリは見られます。
鳥が居ないとなれば上を見ないで下を探せば花や昆虫が
沢山見られます。
判っていても やはり鳥は探してしまいますよね。
ミドリシジミは周囲を観察すると 踏み荒らされた草叢を
探し その周辺を探すと殆ど見られます。
見付けたら静かに見ていると羽も開いてくれます。

カルガモの巣も草叢に隠れていましたが それを刈り取って
しまうと巣は丸見えになってしまいます。
これは大変な事 孵化するまで外敵に見つからない事を
祈るしかありません。
この辺りはカラスや野良猫も多いからです。
何とか雛を連れたカルガモ親子の姿を見たいものです。

いつもコメントを頂き 有難うございます。

Commented by ウィンターコスモス at 2017-06-22 07:44 x
おなじみさんでもうれしい写真がいっぱいですね!
開いたミドリシジミはやっぱり魅力的です。
正面姿がおもしろいです!!

チョウジソウは終わりのころだと思います。
まだ咲いてるのがありましたか!

カルガモもまだ卵というのもあるんですね〜
子育て期間、けっこう長いんですね!

ベニシジミはほんとに美しいですけど
希少価値がないので、またか!になっちゃいます==;;
Commented by 玉五郎 at 2017-06-22 13:30 x
ウインターコスモスさん ご感想有難うございます。
Pでは殊の外 安易にミドリシジミの姿は見られました。
日当たりの良い場所では待つほども無く羽を広げて
綺麗な衣装を見せてくれました。
丁字草は終末期ですか・・・ 見られて良かったです。
カルガモの巣も完全に露出してしまったので 放棄して
しまうか 外敵に荒らされてしまうか 心配です。
何処にもいるベニシジミなので 単体でなくバランス良く
良い花に止まったらチャンスですね。

Commented by 白竜 (はく りゅう) at 2017-06-23 01:14 x
こんばんは!
玉五郎さんが動くと・・・自然が応えますね!
凄い収穫ですね!@@
開いたミドリシジミの翅の色・・・良い色してますね!
なかなか見つけられない カルガモの卵まで!
親切のお返しですね!(^○^)

Commented by 玉五郎 at 2017-06-23 15:57 x
白竜様 こんにちわ。
鳥も不調な時期 上が駄目なら下を見て歩こう
そんな作戦で出掛けました。
カルガモの巣なんて見た事もありませんが、
思わぬ場所で営巣するんですね。
巣が丸見えになってしまったので 大いに心配です。
仰せの通り お節介のお礼として教えてくれました。
Commented by ゆき at 2017-06-24 19:50 x
玉五郎さん、こんばんは

たまのお越しですのに、ミドリシジミの開いたショットも
きっちり撮れていますねぇ。
すごいです~、羨ましいです~。
ムラサキサギは数日滞在したようで、ウィンターコスモスさんは飛びものまでナイスショットでして、近いのだから、わたしも億劫がらず通えばよかったなぁと酷く後悔しました。

Commented by 蝦蛄代表 at 2017-06-26 14:17 x
玉五郎さん、こんにちは~。

やや、先頭のキジの写真、良い雰囲気で撮れてますねぇ。
ムラサギサギは、見つけられませんでしたか。
時既に遅かったんですかね、残念!
でも、オオヨシキリの大口開けた写真はナイスですよー。
それにガビチョウも、何だかキリリッってしてて
男前に写ってます(笑)
あとアブの写真「ヤなやつだなぁ」って思うぐらい
憎たらしい顔してます(笑)

カワラヒワも、こうやって写すと、「なかなかイケるじゃん」
って思っちゃいますー。
そうそう、カルガモの巣を教えて頂いたのですか!
すごいですねぇ~。
こんな場面はなかなか見られませんから凄く貴重な写真ですね。
無事、みんな生まれてきて欲しいです(^^)v
Commented by 玉五郎 at 2017-06-26 14:46 x
蝦蛄さん ご感想 有難うございます。
あぜ道に居たキジさんは頭を出して挨拶をして
くれただけで 全身像は全く不可能でした。
ムラサキサギGETなんておおそれた事は 私には
望むべくもありませんよ。
カルガモの巣はもっと全景を撮りたかったんですが
なんせ望遠レンズの為 広角にならず 後ろに下がれば
卵が見えなくなる 少し離れて正面から撮るには
田んぼの中に深く入ってゆかねばならない最悪の位置。
孵化してなんとか生き残って欲しいと祈るばかりです。
by s-tamagoro | 2017-06-21 14:54 | Comments(9)