ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2017年 04月 17日 ( 1 )

オオタカに振り回されて

  一週間ほど前 カイドウが咲き始めた時 そこにスズメが一羽。
    「カイドウスズメ」  今は盛りが終わり散り始めている。

f0208666_16025391.jpg

     朝のうち 暖かい日が差し始める頃 キジバトが水を飲んだ後
     連日の様に芝生に座り込んで 暫くの間くつろいでゆく。

f0208666_16053642.jpg


     オオタカ情報を得て Pに出掛けてみた。
     一面に咲いているノウルシが素晴らしく綺麗だ。

f0208666_16072527.jpg


f0208666_16075149.jpg
 
     先週はオオタカの営巣の直前 給餌行動や交尾が頻繁に行われ
     連日CMさんが大集合。
     私も行ってみたら オオタカの止まる場所が枝葉の陰で どうしても
     全身像が見られない。
     「針の穴から天井覗く」のことわざ通り 点に等しい場所だった。
     翌日は早朝から 再び同所に直行 オオタカのお立ち台を確認する。
     今日は何とか撮れそうだ。


f0208666_16113017.jpg

f0208666_16120738.jpg

f0208666_16123435.jpg

     昨日は雄が餌を持ってきて交尾をして の景色が1時間程の
     間隔で見られたが 今日は3~4時間も留守をしている。
     「どこかで浮気をしているんじゃないか?」の声もあった。 (^^)/
     結局 交尾はおろか 雄の姿も撮れなかった。

     暇なので周囲を観察していると あまり大きくない30cm程の
     樹にヒヨが入れ代わり立ち代わり飛んで来る。
     見ると こんな樹にも洞があり 雨水が溜まって水場となり
     それで多くのヒヨが来るのだ と判った。

f0208666_16202069.jpg

f0208666_16203653.jpg

     ちなみに オオタカと言う呼び名は大きいからオオタカではなく
     青色を帯びた色なので 本来はアオタカの意であったが 今では
     アオタカが訛って オオタカと呼ばれる様になったそうだ。 

[PR]
by s-tamagoro | 2017-04-17 16:29 | Comments(12)