ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年 01月 06日 ( 1 )

新春の富士山

      お正月と言えば なんと言っても富士山の景色。
      西風が吹く状況ではあったが 近くの柳瀬川の河川敷に出掛けた。
      予想違わず 綺麗な富士山の姿が目の前に広がっていた。

f0208666_12354077.jpg


      ちょっとズームアップしてもう一枚。


f0208666_12363220.jpg


      この河川敷を遡れば カワセミで有名な金山調整池に至る場所だ。
      途中で枝に止まっているツグミを見付けた。


f0208666_12370055.jpg


      金山調整池に着くとすぐにお馴染みのカワセミのお嬢さんに遭遇。
      逆光の場所だったので深追いせず 儀礼的に一枚だけ撮影。


f0208666_12392017.jpg


      
      この後 何やら鳥影が見られたが なんと ここで電池切れ!
      出る前に確認したのだがまだ残量がある筈 と甘い判断で 予備の
      電池を持たずに出かけてしまったのだ。
      聞くところによると 鳥撮り遠征に出掛けるのに カメラを忘れて
      出掛けた人も居る と聞いたので 残念ではあったが安心した。 (^^)

      さて、今年もフキノトウが芽を出していた。
      通常の平均開花日は1月15日だが 今年は元旦の日に見つけた。
      ずいぶん早く芽を出したものだ。


f0208666_12420304.jpg



      問題の狂い咲きのクレマチス 毎朝氷点下の厳しい寒さに耐えて
      葉っぱは大ダメージを受けているが それでも花を咲かせている。
      4輪の花と最後の蕾が一つ これですべてが終了する訳だ。
      それにしても恐ろしい程の執念を感じる花であった。


f0208666_13473313.jpg


      お正月が過ぎても この寒い中 常連のジョビ子は連日やって来る。
      どうした訳かジョビ君は現れないけど・・・・。
      今日現れたジョビ子は4~5m程 芝の上を歩く姿をはっきり確認。
      スズメとほとんど同じピョンピョン歩きで 驚く程早かった。
      連日見ていても 滅多に見られないこんな姿は初めて確認した。
   
      
f0208666_12575212.jpg


      メジロも山茶花の開花中は これも毎日やって来る。
      山茶花が終わって椿の花が終わるまでは これも常連のうち。

      
f0208666_13290731.jpg



      四十雀もメジロと同じく 必ずペアでやって来る。
      四十雀がやって来ると その後 続いてスズメ達がやって来る
      事が多い。

      
f0208666_13313928.jpg


      一年を通じて現れるのは 悪役のヒヨだけだ。
      これこそ連日の事なので カメラを向ける事は少ない。
      それでも前回の三種揃い踏みみたいな 決定的チャンスを
      見付けて撮りたいと思い 何時もカメラを抱えているのが
      実情です。

      
f0208666_13351345.jpg
                          以上


[PR]
by s-tamagoro | 2018-01-06 12:52 | Comments(8)