ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

カミキリムシ

先日 カワセミを見に行った時、池の端のヤナギの木に
カミキリムシを見つけました。
この辺りを通ると いつも1匹2匹のカミキリムシが見られ、
図鑑を調べましたら 「ゴマダラカミキリ」 とありました。
f0208666_14533178.jpg


見ていると 必ず幹・枝を伝わって上の方を目指して登って
行くのが殆どです。
折れた枝先まで来ると あれれ・・・行き止まりかな?
どうもこの先には 幸せは無い様だ。 別の木に行こう !!
f0208666_14535030.jpg

f0208666_1454518.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2009-08-27 14:55 | Comments(2)

カワセミの食事場所

8月も あと一週間を残すのみとなりました。
まだ暑い中ではありましたが、カワセミの様子を見に
貯水池に出かけました。
少し距離はありますが、カワセミの お気に入りの石が
あり、上手い具合に餌獲りの最中でした。

水中に鋭い視線を送り 小魚や海老や虫を探します。
ここは魚よりアメリカザリガニが多い場所です。
見ていると2~3回は空振りしますが、結構収穫はある
みたいですので、見ていても楽しい所です.
f0208666_13282321.jpg

f0208666_13283825.jpg

f0208666_13285438.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2009-08-24 13:31 | Comments(2)

これも野鳥同士の闘争?

貯水池の中洲に早春の頃カイツブリの夫婦が営巣して
いた様子でしたが、最近は見た事がありません。
久し振りに中洲に様子を見に行くと なんと可愛らしい
カイツブリの子が1羽だけ 岸辺に隠れていました。
やはり親の姿は見られず、孤児みたいに見える。
カルガモが近くを通ると その後ろを追いかけてゆく時が
あり、近付き過ぎるとカルガモは幼いカイツブリを大きな
嘴で突きまわしていじめますが、やはり孤独には勝てず
いじめられるのを覚悟で カルガモの後を追います。
f0208666_11573975.jpg


カイツブリの子は 浅瀬で餌を獲っている時、突然 怖い
カルガモのおばさんが出現  「ぎょ ぎょっ!」 恐怖で
顔が引きつる。
「いい子にしているから おばさん勘弁して・・・・」
f0208666_1158614.jpg

f0208666_11582467.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2009-08-20 12:00 | Comments(4)

カワセミも夏休み?

夏季休暇は今日までということで、撮影場所の脇の
河原には水遊びやバーベキューの人達が大勢来て
おり、小さな駐車場も満車状態でした。
そんな混雑を横目にカワセミ場所にてスタンバイ。
目的のカワセミは現れず、先日初対面のゴイサギの
幼鳥が現われました。
f0208666_15461926.jpg

f0208666_15465182.jpg


ここの水辺は餌が多いらしく、小サギの縄張りでもあり
小サギの留守を見計らって 熱心に餌探しをしています。
時々両者が鉢合わせをすると、体も大きく地主の小サギ
が襲い掛かり、ゴイサギの子は逃げるのが精一杯です。
この時は小サギは近くの木に止まって、ゴイサギの子を
見下ろしているだけでした。
f0208666_1547972.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2009-08-18 15:49 | Comments(2)
夏休みの連休もあと2日という土曜日の夕方から、
孫達全員が我が家に集合、夕方から庭でバーベキュー。
夜8時ごろ 東の空に大きな木星が輝いていました。
さっそく双眼鏡を持ち出して木星を覗いて見ました。
まさかと思いましたが、確かに小さなガリレオ衛星が
左右に2~3個見えたのです。(極めて小さく)
双眼鏡は8倍40mmは見えましたが、別の10倍20mm
では解像度が悪く、良く見えません。
そこで例の鳥撮り専用の600mm望遠+1.4テレコンの
組合せで木星を撮ってみました。
そしたら なんと!見事にガリレオ衛星4個が写った!!
どれが「イオ」か「タイタン」か判りませんが 大成功です。
現使用中の鳥撮りの 望遠の威力を確認した次第です。
野鳥を狙っている皆さん 挑戦してみてください。
(最も良かったデータ f=4 1/3秒 1/2秒位 ASA400)
f0208666_16143290.jpg

トリミングして ちょっと大きめにしました。
f0208666_16144890.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2009-08-17 16:21 | Comments(4)
昨日 午前中カワセミ撮影のつもりで、いつもの貯水池に
出掛け、最良と思われる撮影場所に張り付いて3時間。
いつもと違って目的の木に止ってくれない。 それどころか
出演回数も極端に少ないので、「カワセミは夏休みか?」
「暑いので避暑にでも行ったか」と愚痴が出る始末。
それでも予定外の先方に木に一度だけ顔を出す パチリ!
f0208666_22153847.jpg


その後 何の音沙汰もなし、足元の池の端にカルガモが来て
そこでのんびり羽繕いを始めたが その距離はおよそ5m程。
テレコン付きの600mm望遠では 画面には顔しか入らない。
暇なのでカルガモのポートレートでも撮って時間潰し。
f0208666_2217073.jpg


そのうちに いきなり ゴイサギが現れ、あちこち歩き回って
餌探しを始めてしまった。
こうなったらカワセミは当分の間 戻ってこない。
昼になっていたので諦めて帰宅 収穫なしの一日でした。
f0208666_22172519.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2009-08-13 22:23 | Comments(4)

カワセミを脅かすヒヨ鳥

池の浅瀬に格好の石があり、カワセミの餌取りには
最適の場所ですが、ここは水浴びの大好きなヒヨ鳥の
お気に入りの場所でもあるのです。
カワセミがここから飛び込んで餌を咥えて飛び出す瞬間
を狙って、その場所を予測しながらスタンバイです。
f0208666_16244043.jpg


突然 ヒヨが舞い降りてきてカワセミを襲撃してきました。
彼らの体格も小錦と舞の海ほどの差があり、おどろいた
カワセミは一目散に逃走 更に追いかけるヒヨ。
なんとも一瞬の出来事で、ピント合わせも出来ずピンボケ
写真となってしまいました。
f0208666_16251426.jpg

f0208666_16253090.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2009-08-11 16:28 | Comments(2)
本日 送信した名前知れずの蝶の写真につきまして、今日の
某新聞に この蝶は環境省の「要注意外来生物リスト」に掲載
されている「アカボシゴマダラ」というタテハチョウの仲間で
中国・台湾・朝鮮などに分布する と書いてありました。
f0208666_193345100.jpg


幼虫はエノキの葉を食べるので、レッドリストに登録されている
国鳥 オオムラサキと生息域が競合する事になると、極めて危険
な事態となると予想される。
この新聞に載せられた写真も私の写真も同一同時期の場所と
思われ、神奈川県を中心に確認地域が広がっているらしい。
撮影場所 東京都清瀬市 金山自然公園内  8月5日
 
私の図鑑(国内版)には出ていないのは当然でした。
f0208666_1935127.jpg

f0208666_19354394.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2009-08-09 19:41 | Comments(5)

鳥撮りの帰り道

一昨日はカワセミの写真を何枚も撮る事ができ、おおいに
満足しております。
3時間ほどでカワセミを終了し、池の周りを一回りして帰る
事にしました。
木陰のベンチにはアブさんがお仕事中。 
その脇の木の幹には 油蝉さんが これまた珍しい交尾の
最中 このくそ暑い時期は虫達の大切な時期なんですね~。
f0208666_1624717.jpg

f0208666_16245144.jpg


池の脇のタチヤナギの幹には 樹液の出る部分があり、
ここにはいつもコガネムシなどが集まっています。
今日 帰りがけに見に寄りましたら、なんと素晴らしい蝶が
樹液に寄っており、暫く待って飛び出すのを待ちました。
数分後に近くの木の枝に止まって その美しい姿を披露して
くれました。
特徴ある模様でしたので図鑑を見ればわかる と思い、帰宅
してから調べましたが、私の図鑑に載っておりませんでした。
でも美しい蝶ですね。
f0208666_16252514.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2009-08-09 16:29 | Comments(2)
 [編集][削除]

暫くは蝶やトンボを追いかけていましたが、最近は今年
生まれたカワセミの幼鳥が巣立ちをして、自活の訓練や
縄張りの主張を始めたみたいでしたので、当地でも頻繁
に姿が見られるようになりました。

今日は本格的に鳥撮り専用の道具を持参して、貯水池
のポイントに出掛けました。
カワセミに関しても あまり詳しくないので、説明は出来ま
せんが、常連に聞いたところ 幼鳥の頃は色が鮮明でなく
成鳥になるに従い 色も鮮やかになる と聞きました。
足の色も変わるとのことです。

今日出会った雛は二人兄弟みたいで、仲良い場面も
ありますが、縄張り争いみたいな行動も見られます。

f0208666_2191166.jpg

f0208666_2193470.jpg

f0208666_2195497.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2009-08-08 21:14 | Comments(2)