ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

月曜日は冬の再来みたいな寒い日でしたが、お天気が
あまりにも良かったので 問題のレンジャク場所に行って
みました。
月末にもかかわらず 相変わらずレンジャクを目的とした
カメラマンが30~40人も集まっている。 暇な連中です。
休日なんか百数十名も押し寄せるので、今日は まだ
良い方じゃないかと思う。

到着した時にはもうレンジャクは2羽(番い?)が居て、
皆さん 盛んにシャッターを切っていました。
でも、木陰だったり宿り木に埋もれたりしていて、中々
シャッターチャンスを与えてくれない。
その後 一時間ほど あまり移動せずに 宿り木の実を
食べたり、殆ど動かなかったりの状態でした。
f0208666_1781598.jpg


この状況では最良のシャッターチャンスも望めないし、
動きが無いので 諦めてしまった。
2羽のレンジャクは夫婦なのか愛人関係なのかは判然と
しませんが、これは愛を語り合っているのか それとも
痴話喧嘩をしているのが判りませんが、声を荒げて話して
居るようにも見えますね。
f0208666_17122651.jpg


レンジャクは時々 この宿り木に止まって実を食べています。
宿り木は高い所にあり いつも下から眺めるだけでしたので
こんな形状の実が豊富に付いているとは 全く知りませんでした。
f0208666_17161488.jpg


これは 面白い場面を始めてみましたよ。
このレンジャクが 有名な排泄行為を始めます。 お食事中だったらごめん!
f0208666_17185369.jpg


宿り木の実の青い種が幾つも入った 粘液性の長い糞を出し始める。
f0208666_17211386.jpg


体長ほど長くなったところで 糸を引いて千切れて落下 そして枝に引っかかる。
彼は それを見ながら 「もっと太いところを狙えばよかった・・・」と深く反省。
こうして宿り木を増やして 食糧増産に励んでいる農耕型の鳥でした。
f0208666_1725969.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-03-31 17:34 | Comments(4)
久し振りに最初のホームグラウンド 金山貯水池へ
行って見ました。
道端にも花たちが 先を争って咲き出しています。
そのうち 踏みつけられそうな路面に「ニラ水仙」が
咲いていました。
f0208666_15531839.jpg


お馴染みのカワセミも居ましたが、止まる場所が
いつもと違い、なにか様子が変だ。
f0208666_15552073.jpg
f0208666_155533100.jpg


モズのテリトリーは変わっていない様だが 全体的に
雰囲気が違う。
f0208666_15582096.jpg


池に出てみると なんと! 池の周囲に生えていた
背丈の2倍以上もある葦が すべて刈り取られており
何処からも全景が見渡せる環境になってしまった。
今は ここには鴨達と椋鳥が歩き回っているだけで、
味気ない広場に変わってしまった。
f0208666_15591858.jpg


ヒヨは湖畔に立ち並ぶヤナギの新芽を取って食べている。
このヒヨだけは 又は鴨と椋鳥達も この環境の変化には
無関係らしい。
時期のせいか いつも見られる「ジョウビタキ」や「アオジ」は
全く見られなかった。

ここは 自然保護をアピールする自然公園になって
いるのだが・・・・。
f0208666_165638.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-03-29 16:08 | Comments(2)
仲間のブログ情報でレンジャクが現れた事を知る。
早速その場所を推測して 朝一番で現場に向かいました。
ここはレンジャク場所で、その象徴である「宿り木」がおおく
見られる絶好の場所です。 (らしい 経験なし)
f0208666_17314096.jpg


行ってみたら なんと100人程もカメラマンの群集が居り
吃驚仰天! 土日は出掛けるもんじゃないな~ と反省。
聞いてみますと朝のうち2~3羽が現れ、多数のカメラマン
が追い駆けるので 戻ってくるかどうか・・・・と心配顔。
折角来たので 1時間ほど待機。
そのうちに周囲が騒がしくなり、レンジャクが来た事が判る。
周囲のカメラマンのレンズの方角を探すも姿は見えず。
枝の多い奥のほうにやっと姿を見付けるが撮影不能状態。
まわりではバシャバシャとシャッター音を響かせるが、私は
全体像はおろか 半身も確保できない。 おおいに焦る。
f0208666_17322992.jpg

f0208666_17325015.jpg

4~5分程で 林の奥に飛んでいったが、10数人がカメラを
抱えて走りながら追跡していった。
今回は証拠写真程度で終わってしまったが、この状況では
後日 来ようかどうしようか考えてしまう。 でも撮りたいな~。

カメラマンも長時間待機を覚悟して、お菓子や弁当を持参し
待ち時間の間 仲間と談笑しながら腹ごしらえ。
来た来た!! 彼らはそのままカメラを抱えて現場に急行。
それを近くにいたハシブトカラスが見逃す筈が無い。
近くの枝から急降下 あたりのお菓子や弁当を片っ端から
略奪して安全地帯に移動 カラスの数は次々に増えてくる。
帰ってきた被害者の顔を想像しながら 私は帰宅した。
f0208666_17403988.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-03-27 17:47 | Comments(8)

春 たけなわ     

武蔵野も多くの花が咲き出し、春の風情が楽しめます。
くぬぎ林を背景に ピンクの桃の花を撮ったのですが、
良く見ると かなりの古木 あれれ・・・桃? 梅?
f0208666_1463236.jpg


道端には昨年来 逢っていない黄蝶も見られました。
f0208666_1483598.jpg


一週間ほど前に 家の近くでジョウビタキを見つけて
撮影したものですが、このあと一度もジョウビタキは
見かけません。
もう山の方に移動を始めたのでしょうか?
f0208666_149436.jpg

f0208666_1493359.jpg


連休の前の日 秋ヶ瀬公園で撮った野鳥なんですが、
名前も判らず、図鑑で調べたら「マミジロ」が似ていま
したが、良く判りません。  これ 何でしょう?
f0208666_1410272.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-03-24 14:12 | Comments(4)
昨日 友人と二人で秋ヶ瀬公園に 鳥撮りに出掛けました。
これといった鳥の姿も鳴き声も少なく、心細い思いで歩き
回っていました。
すると突然 「トトトト・・・・・」と 啄木鳥の打撃音。
二人で方向を確かめるが 意見が合わず確認できない。
暫くの間 探し回ったが 見付からず諦めようとした途端、
友人が 「居た 居た!」 と言って私の肩を叩く。
野鳥探しは単独でなく 複数で行った方が確率は高いな~
と痛感しました。
10m程の先の枯れ木に コゲラが一生懸命穴を開けて
巣を作っているんでしょうか・・・・ 徐々に接近する我々を
気にもしないで作業に没頭していました。
f0208666_20592863.jpg


だいぶ 奥深くまで潜り込んで作業をしています。
でも まだまだ奥まで広げないと 子供達を育てる事は出来ません。
コゲラは新宅を建設 ここで本当に産卵し子育てするのでしょうか。
f0208666_2144224.jpg


今日は この位で良いか・・・・・出来具合はどうかな~ 
入り口は真ん丸だし 深さも良いかな?
一生懸命で作業の出来具合を確認しています。
f0208666_2184048.jpg


今日は この位にしておこう  削り屑で汚れた羽を綺麗にして
ガールフレンドでも探しに行かなきゃ・・・・・と羽繕い。
f0208666_21134798.jpg


工事現場から少し下がった所から 改めて全景を確認 ここなら
蛇やイタチに襲われる事はないだろうな~  と納得する。
場所の確認は出来たので、今後 毎回の観察が楽しみとなりました。
f0208666_21173619.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-03-20 21:25 | Comments(6)
3月始めの頃 クロッカスと小さな水仙が咲き出しました。
この時も 改めて 春が来たんだな~ と思いました。
クロッカスの平均開花日(平成3年から 私が初めて見た日)は
3月10日となっています。
f0208666_1814922.jpg


アシタバも沢山の新芽が出て、もう食べられるようになりました。
採取しても また明日 葉っぱが出てくると言われる 元気な植物です。
今から夏一杯の間は いつも食卓に上がってくる我が家の野菜です。
f0208666_185137.jpg


今朝 庭の小彼岸サクラが咲きました。
これはソメイヨシノの桜前線に先駆けて 早く咲きます。
f0208666_18135164.jpg


ヒマラヤユキノシタ これは2月25日が平均開花日ですが、今年は
どうした訳か狂い咲きがあり、一部は1月中旬に咲いていました。
これは増殖が激しく 広がりすぎた分を掘り出して調整しています。
f0208666_1816158.jpg


今日 秋ヶ瀬公園に鳥撮りに出かけましたが、草むらには「ムラサキ花菜」が
咲き始めていました。
これが群れて咲いている風景は 実に美しいものですね。
f0208666_1819532.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-03-19 18:23 | Comments(2)
今日は暫く振りで 秋ヶ瀬公園にキツツキを探しに
出掛けました。
9時過ぎから1時半頃まで4時間あまり 曇り薄日
と はっきりしない空模様で、高い木の上の鳥等は
雲の白さに負けて 真っ黒けになってしまう。

早々に ここに住み着いているのか いつもの場所に
「トラツグミ」が ぼんやり佇んでいた。
極めてのんびりと 急ぐ事も恐れることも無く、殆ど
動きが無いので カメラマンも何枚か撮ると場所を
変えてしまう。 緊迫感が無く面白くない鳥だネ。
f0208666_17535842.jpg


「シメ」 が止まっている。
正面から見る場合が多いので、白っぽい鳥という印象があります。
でも背後から見ると 結構彩りのある きれいな鳥ですね。
f0208666_1757171.jpg

f0208666_17572074.jpg


赤ゲラ探して3000里 ちょっとオーバーなタイトルですが、
やっとの事で「赤ゲラ」に逢えました。 いや~ 長かった!
4時間も捜し歩いての 嬉しい嬉しい結果でした。
上手に撮れた訳ではありませんが、念願の赤ゲラが
ここに居る事が確認でき 嬉しい限りです。 再会のチャンス有り。
f0208666_1824961.jpg

f0208666_183491.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-03-17 18:05 | Comments(6)
私共と関わりある某社より 展示会の案内状が届きました。
CP+ (シーピープラス)という 大会名で 開催される場所は
横浜の 「パシフィコ 横浜」です。
日本版の フォトキナ というところでしょうか。
f0208666_14414329.jpg


会場の近くでは 案内の係員が 会場への道順を指示します。
このあたりは高層建築の並ぶ有名な場所ですが、私は生憎
コンクリートジャングルは嫌いですので、仕事以外でこの様な
場所に来る事は稀です。
f0208666_1447268.jpg


会場では国内の関連メーカーが多数出展し、カメラ・レンズ等
の用品を展示し、有名写真家やその道のベテラン等が講演し
又、器具の説明など 大勢の人を集めています。
各メーカー共 多くの美人モデルさんを集めて 各ブースでは
モデルの撮影会を継続して行なっていますので、そちらは更に
カメラマンがひしめいていました。
頼めばいろいろポーズをとってくれますよ。
f0208666_14569100.jpg

f0208666_14564466.jpg


会場内には大きなレンズをつけたカメラを持ち、撮影用の支度で
三脚まで持ち込んでいる人も多数居ました。
こんな展示会に 我々の鳥撮り以上の用具や服装で集まるなんて
本当に驚いてしまいました。
多くの美人さんを ここでは労せずして撮れるんですから、これは
仕方ない事かも知れませんが・・・・・。  私は早々に退散でした。
f0208666_1457072.jpg


帰りがけに周囲を少し見て歩きました。
そこには なんとも味気ないビルが立ち並ぶ無機質な風景がありました。
f0208666_1564391.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-03-15 15:13 | Comments(5)
昨日は雨上がりの冷たい朝でしたが、あまりにも
日差しが強いので それに誘われて秋ヶ瀬公園に
出かけてみました。
公園内の各所に こんなたて看板が設置してあり、
可愛い 看板娘が出迎えてくれます。
f0208666_11291747.jpg


何時でも見かける四十雀やキジバト・ヒヨ・モズ等
今は あまりカメラを向けない常連ばかりです。
でも、幸運にも アオゲラを発見し なんとか良い所
を撮りたいと思いました。
f0208666_11295978.jpg


日の当たる斜め前からの姿を撮りたいとチャンスを
待ちましたが、少し移動しても すぐに日影の側に
回り込んでしまう。
結局は証拠写真程度で終ってしまいました。
f0208666_11302982.jpg


四十雀などに混じって コゲラも飛び回っています。
これも小さくて可愛い鳥ですよね。
四十雀も コゲラの真似をして?こんな姿勢の時を
時々見かけます。
f0208666_11305626.jpg


林を抜ける手前の茂みに 野良猫が一匹 思わぬ場所で
休息? 待機?しているのを見付けました。
猫が野生化し 昔の本能を取り戻したみたいで 黒ヒョウが
突然現われたみたいで びっくりしました。
f0208666_11363956.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-03-12 11:40 | Comments(4)

南方の花たち     

南の島では 当然ながらサクラの花は見られません。
でもサクラと称する花は咲いています。
我々の言うサクラとは根本的に違いますが、濃い赤で
美しい花です。
テイキンサクラ (庭訓 提琴?)
通称は「南洋サクラ」と云い ご存知の方も多いでしょう。
f0208666_16183882.jpg


宮古島の海岸で 豪快なアザミを見つけました。
これは「イリオモテ アザミ」と言うそうです。
ここでは家畜が食べるかどうか知りませんが、私の田舎では
馬がアザミを好んで食べていた事を思い出しました。
f0208666_1622236.jpg


公園の池できれいな蓮の花を見つけましたが、私は 変わった花
と思って撮ったのですが、珍しいのか 当たり前なのか知りませんが
私は美しいと思いました。
f0208666_16284618.jpg


国内でよく見かける ネムの花と同系の花で その名前は
「オオベニゴウカン」 きれいな赤色(朱)で 大変目立ちます。
これを見つけると ついカメラを向けてしまうのは 私だけでは
ないようです。
本土の合歓の木と 葉っぱが違うようですね。
f0208666_16305432.jpg


形は全く同じですが 真っ白なのも咲いていました。
図鑑を調べたら オオベニゴウカンの交配種で 同一の物でした。
やっぱり旅は 色々なものが見られて 楽しいものですね。
f0208666_1635647.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-03-11 16:38 | Comments(4)