ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

冬鳥達は それぞれ快適は場所を求めて多くが旅立ったようですが、
それでもまだ時期でないのか 居座っているのか判りませんが、
何某かの鳥達が見られます。

冬鳥ではありませんが 四十雀の雄は高い梢で「ツッピン ツッピン・・・・」と
大声で雌達に恋を呼びかけています。
雌は巣作りに忙しく 材料集めに余念がありません。
f0208666_11325029.jpg


モズ達も 何時頃旅立つのか知りませんが、まだ姿が見られます。
f0208666_11333526.jpg


ジョウビタキもアオジも いつもの場所には見られず、そのかわり
ホオジロが見られました。大きな口をあけて美声でさえずっています。
f0208666_11352459.jpg


お前もまだ居たか・・・・ という感じですが、シメが下の草むらに降りて、
秋に落ちたらしい古い木の実を探して食べていました。
あの頑丈な嘴は そんな固い木の実を噛み砕く強力な道具だったんですね。
あまり人を恐れず 静かにしていると 足元にまで来ますよ。
f0208666_11403649.jpg


移動の途中で 蝶を見付けましたが、ミスジチョウと すぐに判りました。
ミスジかコミスジか区別は出来ませんが・・・・。
でもなかなか良い角度で止まってくれません。
f0208666_11451121.jpg


もう花は一杯咲いている季節ですが、私は今年一度も「蜜蜂」を見たことが
ありません。 こんな事は過去にも経験がありません。
これも蜂かと思って撮ったのですが、アブでしょうか??

これからは木の葉も繁り、鳥撮りには不向きな季節となってしまい、
カメラは草花や蝶・トンボに向く事が多くなる季節を迎えます。
f0208666_1232559.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-04-30 12:04 | Comments(2)
4月も あと僅かで終わります。
気温も極端な乱高下で、皆さんは異常気象と言って
おりますが全くその通りで、昨日の快晴から一転して
今日は昼から本格的な雨降りです。
それでも花達は嫌な顔もせず それなりに綺麗な花を
咲かせています。

ハナミズキもようやく満開となりましたが、不思議な事に
いつもの年よりも色が濃く 例年のピンクではなく 色合いが
違って見えます。
家内も 今年は色が濃いね~ と 言っております。
f0208666_16433941.jpg


数年前に北海道から取り寄せたチューリップの一種で
ホワイトキング と言う名前です。
この球根は5個ほどありましたが、このひとつが花をつけ
その他の球根は消えてしまいました。
f0208666_16443196.jpg


これは家内が鉢植えにしたチューリップです。
名前を聞いたら「 さ~? 知らない」との返事 花を楽しむには
その名前 氏素性は あまり関係ないな と思いました。
f0208666_16475117.jpg


普段は3月一杯が花の最盛期の ヒマラヤユキノシタですが、
先日 再び たった一本の痩せこけた花が咲きました。
狂い咲きではないでしょうが、大分遅れた花一輪です。
f0208666_1649857.jpg


何処にでもあるハーブ ローズマリーの小さな花です。
これも撮りにくい花で 今回は中加減の距離で撮ってみました。
それ程魅力のある花ではありませんが、肉料理には欠かせない
存在らしいのですが、我が家では肉なんて殆んど出てこないので
あまり馴染みなものではありません。   涙
f0208666_16555315.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-04-27 17:04 | Comments(6)
 暫く振りでホームコースの池に行ってきました。 (4月17日)
このところ他所のフィールドにばかり出掛けていましたので、
懐かしいカワセミ君に逢うことと、様子が変わってしまった環境で
住人達はどうしているかな? と考えたからです。

池に行くと菖蒲なのかアヤメなのか区別は付きませんが、水辺に
花を咲かせていました。 いずれがアヤメ・カキツバタ ??
f0208666_1593118.jpg


池の周りの湿地には水草が増え始め カルガモ夫婦?が食事中。
f0208666_15122946.jpg


池には他に これと言った鳥達も見当たらず、ムクドリとヒヨばかり。
場所を変えて隣接する川(柳瀬川)に出てみたら、先日来の雨で
水量が大幅に増えていました。
普段より倍以上はやい流れの中を コガモの夫婦が餌探しに夢中。
こんな時は けっこう良い餌が流れてくるらしい。
雌の腰にある鮮やかな緑色が美しい。
f0208666_15185867.jpg

f0208666_15191746.jpg


すこし川を遡ると 居ました 居ましたよ。 
久し振りのカワセミ君です。  池の周囲の葦をすべて刈り取り
大清掃が行われたので、カワセミ君もテリトリーを変更したのか
思わぬ場所に移動していました。
以前ほどは接近できず 遠くから姿を確認したのみでした。
f0208666_15244124.jpg


ツグミも何時頃旅立つのか判りませんが、まだ見られます。
もう その時期なのか空を眺めて 天候を確かめているみたいに
見えますね。
f0208666_15281942.jpg


近くの小さな木に スズメ?らしいのが見えました。
静かに近寄って見ますと、 あれっ スズメじゃないや。 アオジみたいだ。
これもまだ移動せずに 逗留している。
不安定な天候続きなので 鳥たちの移動の時期も混乱している様ですね。
f0208666_15344851.jpg

f0208666_15354259.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-04-24 15:43 | Comments(4)
昨日は快晴で初夏の陽気でした。
数少なくなった鳥達を探して いつもの散策路を仲間と二人で
歩き回りました。
遭遇したのはモズ・四十雀・コガラ・ホオジロ・シメそんな程度で
寂しかったのですが、行きずりの人と挨拶と会話をした時 例の場所
にレンジャクが複数来ているとの情報を得ました。

早速 そこに駆けつけますと 10人程のカメラマンが盛んにシャッター
を切っている。 2週間ほど前にレンジャクは終った筈だったが、
どうした訳か10羽程の群れが来ていました。
そして 絶えず種入りの粘液性の長~い糞を垂らしている姿は 相変
わらずでした。
f0208666_1117345.jpg


大きな木の洞に水が貯まっているので、代わる代わる飲みに
来るのですが、おとなしいのは順番待ちをしています。
f0208666_11211226.jpg


雄雌の区別は付きませんが 色形に似合わず強い闘争心がある
のか 絶えず水場の順位争いをしていました。
そんな様子を見て 私は とても気性の荒い鳥だな と思いました。

「おーい 退け退け!」   「俺が先に来ているんだ!」
f0208666_11224090.jpg


あとから来た方のが どうも強いらしい。 「うるせー! 退け退け!」
あまりの剣幕に 先客が恐れをなして たじたじ・・・・・。
f0208666_11295071.jpg


腕力?の差を見せ付けられた先客は 抵抗空しく 堪らずに追い払われた。
f0208666_11301170.jpg


偶然の情報にて 多くの緋レンジャクが撮れましたので 仲間共々大満足で帰宅しました。
なお、その近くで 大物 「オオルリ」が出ているらしく、そこで狙っている常連らしき人に
様子を聞いてみたのですが、口を濁して無表情でした。
あまり人が集まるのを警戒している姿が 露骨に見えてしまいました。
f0208666_11394172.jpg
f0208666_11395224.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-04-22 11:58 | Comments(4)
このところジェットコースターみたいな乱高下の激しいお天気が続き
人間は元論 花たちも 戸惑っているみたいですね。
日曜日は素晴らしい好天でしたが、行楽地も池や公園も多くの人出
が予想されるので、外出せず身近な物を撮っていました。

我が家の小さな菜園周辺にも(今日は控え目)撮影材料はあります。
マクロの写真を撮る時は 多くの人がタンポポの綿帽子を標的にします。
f0208666_15384198.jpg


周囲の草むらには カラスノエンドウが小さな花を付けています。
これは カラスの豌豆 でなく、カラス野豌豆 が正しいそうです。
f0208666_1541219.jpg


12月初めに蒔いた ソラマメが花を咲かせていますが、今年は寒さに
やられてしまい、それでもなんとか立ち直って頑張っています。
花は乱雑で不規則に出ていますので、一輪の花の姿をご紹介できま
せんが、マメ科の花ですので その形はお判りの事と思います。
f0208666_15462884.jpg


庭の菜園には 一昨年の秋 アスパラガスの大きな根っこを3個 畑の
隅に植え込みました。
昨年は根を肥らせる為 延ばし放題にしておき、今年は食べ頃の芽が
出ると採取し 美味しく頂戴しています。
f0208666_15481573.jpg


今は鉢植えや庭の隅のあちこちに 名前も忘れたチューリップ達が
咲き誇っています。
これは数年前に北海道から取り寄せた物の1つで グリンランド と
いう名前です。
f0208666_15523536.jpg

f0208666_15524535.jpg


これも北海道産の ハミルトン という名前の花です。
f0208666_15535674.jpg


この赤い花は 出所も名前も判りません。
月末頃には 北海道産の別種の花も咲き出す予定です。
f0208666_1556317.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-04-20 16:03 | Comments(4)
予想外の降雪の寒い日の午後 お天気は回復し、久し振りに
近所の貯水池に 友達のカワセミ君に逢いに行きました。
季節はずれの天候で 人は余り居ないだろうと思って出掛けた
訳ですが、なんと多数の散歩・散策・撮影の人が来ています。
それで恐れを感じて今日は最高の天気なのに、外出せずに
庭で花や虫などを撮って 暇潰しをしていました。

貯水池の土手で 白い蝶が飛んでいましたので、暫く振りの
蝶ということで 中々止らない奴を追いかけ、2~3枚撮りました。
なんと!偶然 仙人様がUPされました蝶と同じものだったのです。
ツマキ蝶と言うらしいのですが、これは私も始めて見ました。
稀少なものかどうかは知りませんが、まだ図鑑は見ていません。
f0208666_1626364.jpg


池の周りを歩いていますと 条件の悪い逆光の方に バンを発見。
これを撮っても 真っ黒けになってしまいますが、餌採りの最中
でしたので カメラを向けました。
f0208666_16294461.jpg


バンは何かをGETしたみたいです。 白っぽい海老みたいな??
f0208666_1631503.jpg


それを飲み込んだと思ったのですが、突然 ガバッ と吐き出しました。
どうしたんだろう? 口の中か舌あたりを噛み付かれたのかな~。
f0208666_16351666.jpg


バンは私の視線を感じてか きまり悪そうに大きなお尻をこちちらに向けて
スタコラ退散を始めました。
f0208666_16514082.jpg


そのすぐ先は遊歩道の木道が前を遮っています。
f0208666_164139.jpg


木道に飛び上がったバンは いきなりジャンボ機の真似をして走り出し
長い滑走路を 蹴爪を立てて加速 無事に離陸してゆきました。
f0208666_16442441.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-04-18 16:59 | Comments(2)
昨日は東京にて 年2回の ある会議があり、品川駅正面の高輪プリンスに
出掛けました。
会議のあと ロビーでコーヒーを飲みながら庭園を眺め、桜は既に葉桜さえ
過ぎた 過去のものとなっていました。
f0208666_16415914.jpg

f0208666_16422189.jpg


夕刻に幹事が設定した夕食会会場に移動 途中で 第2位に転落してしまった
東京タワーが 大道りの正面に 過去のプライドを保ったまま、壮大な景観を
今も保っていました。 (三田の方角から)
f0208666_1649585.jpg


今朝 起きて見ると 寒い冷たい雨が降っている。
昨日は 見事に咲き誇っていたチューリップ達は 揃って花を閉じ、冷たい雨に
耐えている。   寒い朝の風景でした。
f0208666_1653547.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-04-15 16:58 | Comments(8)
3月も中旬となり 色々の花が多く見られます。
庭のカイドウも 鮮やかなピンクの花が満開です。
f0208666_17301664.jpg


鉢植えのチューリップとムスカリの競演です。
f0208666_17314669.jpg


庭のあちこちに分散して増えていった「ニラ水仙」が
今を盛りと 咲き誇っています。
花弁の紫色の部分は それぞれ模様(筋?)が違い
一貫性の無いところが面白いと思いました。
f0208666_17322596.jpg


花梨の花も咲き出しました。  マルメロかな?
生食に耐える程のものではなく、焼酎漬けにすると
味も良く 薬効があるそうで、カラオケのベテランという
人が毎年もらいに来ます。  喉に良いらしい・・・・。
f0208666_1733454.jpg


藤の花の時期は まだ先ですが、これも大分大きくなり
1メートル程の木(鉢植えの藤を植えた物)に20~30ヶ
程の花の房が付きそうです。
3尺藤 とまではゆきませんが、美しい30cmほどの
花が咲くので楽しみです。
f0208666_17341175.jpg


イチジクの木は葉っぱの芽も出るのが遅く、やっと芽が
膨らんできました。
枝の先端が葉っぱの蕾で その下の丸いのが実になる
(本当は花らしい)部分です。
今年もイチジクが食べられそうで 嬉しいです。
f0208666_17464788.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-04-11 17:48 | Comments(6)
土曜日は素晴らしい好天でしたので、家内に誘われるまま、
都心に程近い目黒の自然植物園(自然教育園)に行きました。
ここは国立科学博物館に関連する施設で、樹木や草花、野鳥など
自然の姿が見られる場所で 文部科学省の管轄となっている様でした。
山手線目黒駅から歩いて10分ほどの場所です。
元は松平讃岐の守のお屋敷跡だそうで、全く都心とは
思えないうっそうとした森で、面積は6万坪もあります。

野鳥も多く居ると聞いたので 鳥撮り用の望遠レンズを用意して
出かけましたが、餌を咥えたジョウビタキ(写真)とサギ程度しか
現われず やむなく望遠をマクロ代わりにして花を撮りました。
f0208666_17333550.jpg


ここには驚くほど野生の花の種類は数多く 季節ごとに行って見ると
思わぬ花達に逢えますよ。
これは「羅生門カズラ」 知らない花ですが名札は完備しています。
f0208666_17353454.jpg


ご存知の カタクリの花ですが、時期は少し過ぎているみたいです。
f0208666_17364488.jpg


この二輪草は あちこちに群れて咲いていました。
山奥を散策しているみたいな感じです。上高地では大群落を見ました。
f0208666_17382518.jpg


イカリソウの花も咲いていましたが、我が家のイカリソウは まだ
咲いていませんが 早いのか遅いのか・・・・・?
f0208666_17412560.jpg


名前は良く知っていますが あまり見かけない花です。
「一人静か」 ロマンチックな名前ですね。 二人静か もあるらしいけど。
f0208666_17435177.jpg


アケビの蔓の脇に 逆光に光るアケビの花 がありました。
ごく小さな花ですが こうして見ると可愛いですね。
f0208666_1746982.jpg


珍しいショウジョウバカマも見られました。
f0208666_17394887.jpg


園内の展示室に ギフチョウや蝶トンボの写真がありました。
名前の前に ●印が付いていますが、この印は ここで撮影されたものの表示
ですので、運がよければギフチョウも見られたかもしれません。 残念!
f0208666_1750667.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-04-05 18:10 | Comments(6)
 3月初旬 クロッカスが咲きました。
f0208666_11354813.jpg


 鉢植えの クリスマスローズ 世間様よりは
 いくらか遅い 満開を迎えました。 3月中旬
f0208666_11361260.jpg


 これも鉢植えの チューリップです。
 秋に球根を植え 3月下旬に開花しました。
 名前は知りませんが、咲き始めの頃には
 背丈も15センチ程で 極く小形です。
f0208666_1136516.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-04-02 11:37 | Comments(4)