ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

秋を探して 続き

秋の到来を告げる 紫式部の実がきれいに色付きました。
春にはピンクの小さな花を一杯付けていたのですが、それが
こんなに美しい実を付けるんですね。
f0208666_1535594.jpg


道端の小さな植え込みに 黄アゲハが来ていました。
ちょっと工夫して 少しムードのある撮影をしてみました。
f0208666_1565774.jpg

f0208666_1571059.jpg


少し傷ついた 老齢?のセセリがいました。一文字でしょうか・・・・。
f0208666_1594422.jpg


黄色い花には ヤマトシジミとベニシジミが 吸蜜中でした。
これは先日の諏訪湖の花火を思い出す写真になってしまいました。
f0208666_15115780.jpg

f0208666_15121229.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-09-30 15:18 | Comments(6)

秋を探して    

台風一過の明るい日 まだ少し風はありましたが、秋を探して
散歩に出掛けました。
まだまだ緑は濃いのですが 所々に紅葉の兆しが見えます。
f0208666_12573556.jpg


栗のイガはまだ口を開けていませんが、もうすぐ秋の味覚として
食卓に上ることでしょう。
f0208666_12592016.jpg


ひまわりの花の黄色が 秋の空に映えて美しい。
f0208666_1343768.jpg


ツマグロヒョウモンがいました。
雌は名前の通りツマグロなので判りますが、オスは黄色地に
黒い斑点だけなので、図鑑を見ても他種との区別は難しいですね。
f0208666_13404398.jpg


アキアカネが羽を休めていました。
他の大きいトンボは 絶えず動き回っているので撮りにくいですが
これは飛び出してもすぐ 同じ場所に戻ってくるので楽です。
f0208666_1373745.jpg


片道2キロ弱の散歩コースをのんびりと歩いている間 例の外来蝶
アカボシゴマダラが10回以上も目撃されました。
他の蝶よりも はるかに多く現われるのです。
この様子では この地に完全に定着してしまった と判断されます。
ちなみに当所ではオオムラサキは居ないようですが・・・・。
f0208666_13143661.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-09-28 13:43 | Comments(4)
異常高温の長い夏も一段落し 台風の洗礼を受けた後は
極端に涼しい気候になりました。
彼岸花(マンジュシャゲ)が咲き出したという話を聞きましたので、
様子を見に行って来ました。
f0208666_21313043.jpg


園芸品は別にして 道端には野草の花はとても少ない。
ツユクサが 頑張って咲いていました。
これは春から秋まで 絶え間なく咲くんですね。
紫ツユクサはもうありませんが、名前はよく間違えてしまいます。
f0208666_21372529.jpg


ニラの花にベニシジミが止っていました。
いやに色が黒いので別種かと思い 図鑑を調べましたら
春型と夏型があり 全体に黒っぽいのが夏型とありました。
故に これは夏型のベニシジミです。
f0208666_21403637.jpg


いつものトンボ池も見てきました。
青紋イトトンボが 最後の生殖活動をしていました。
これも 今年はもうすぐ見られなくなるでしょうね。
f0208666_21433671.jpg


ハグロトンボも 何時頃から見られなくなるのか知りませんが
葉っぱの上で休んでいても 産卵の姿勢が癖になってしまったのか
真っ直ぐの筈の尻尾も 曲がったままでした。
f0208666_21464590.jpg


帰り道の林の中で 夏の終わりを告げる 水引の花が咲いていました。
これは単独の花を撮るのは大変難しい花で、私の好きは花のひとつ
ですが、気に入ったUPの写真は殆んどありません。
今日は集団のミズヒキ達を撮りました。
f0208666_2150587.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-09-25 21:57 | Comments(4)

名月と朝顔      

東の空に 美しい十五夜お月さんが出ています。
久し振りで夜空にカメラを向け 夜景を撮ってみました。
明日は雨降りとの予報通り なんとなく湿った空気が月を
覆っている。
f0208666_11312946.jpg


暫くの間 雲の様子を見て 雲の晴れ間を伺い チャンスを
待ち、レンズも大きなのに取り替えて満月の素顔を撮る。
あまり十五夜お月さんをUPして撮っても なんとも味気ない
写真になってしまった。
f0208666_1137597.jpg


翌朝 雨の降り出さないうちにと 早い時間に きれいに咲いた
ヘブンリーブルーを撮りました。
名前の通り 美しいブルーの花は 本当に素晴らしい。
f0208666_11402736.jpg


そのあと暫くすると雨が激しくなってきました。
ヘブンリーBも 一生懸命 冷たい雨に耐えています。
f0208666_11424127.jpg


今朝 早速庭に出て様子を見ると、色は一転して赤色に変わり
雨に打たれて萎んだ姿は 痛々しく 哀れに見えました。
でも次々と花を咲かせる強い意志は 明日は咲きそうな元気な
蕾が多く見られますので 楽しみです。
f0208666_11475894.jpg


庭の彼岸桜の枝に 数羽の四十雀が 半年振りで訪れました。
近いうちに百舌やジョウビタキなどが顔を出してくれる時期に
なりますので、これも今後の大きな楽しみとなります。
f0208666_11523098.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-09-24 11:59 | Comments(4)
先日の酷暑一段落の日 久し振りに2番目のホームグラウンド
に出掛けてみました。
広大な河川敷なので 一回りするのも大変です。
林の中で樹木を探索するも 野鳥らしきものは見当たらない。
全く反応のない林間を歩いていると、なんと大勢のカメラマンが
大砲を構えて樹上を見上げている。
2~3人に 「何が来てます?」   揃って 「何でしょうね~」
人だかりを見つけて来たばかりの様子 私と同じでした。

先着の人達の会話を聞いていると サンコウチョウの番いが
来ていると言う。
私は中望遠のみなので 撮影は無理。
確かに樹間を飛び回っている 尾の長いのが見えたのですが
体長の何倍もある尾羽ではない。 雌かな?
撮影できる可能性はゼロなので そこから離れる。
f0208666_1540788.jpg


今日は蝶やトンボが目的なので 下の方を観察する。
ミスジチョウ(コミスジ?)が逆さまになって草に止まっている。
f0208666_15425396.jpg


薄暗い草の中に蛇の目模様がみえた。 ヒメジャノメ?
f0208666_1544968.jpg


四十雀の声が聞こえたので 見ると近くの木に止まった。
ちょうど葉っぱが無くて 姿が見えたので撮ってみました。
本当に野鳥を撮るのは久し振りで、あまりカメラを向けない
四十雀でも嬉しいものです。
f0208666_15475274.jpg


蜘蛛たちも秋口になると だいぶ体格もよくなり、巣の隅には
小さな雄を同居させているのも多くなりました。 ナガコガネグモ
f0208666_15501251.jpg


この辺りにはきれいな流れは無く 沼も炎天のせいか赤い藻が
繁殖して 魚も苦しそうです。
でもシオカラトンボだけは そんな中に産卵していましたよ。
他に見付けたトンボは これ1匹のみ ノシメトンボかな?
f0208666_155473.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-09-22 15:56 | Comments(4)
昨日(9月19日)の朝 突然庭のほうで キキキキ・・・・!と 鋭い鳥の
鳴き声が聞こえました。
これはモズの高鳴きなんでしょうか、確かにモズの声です。
もう山の方から下りてきたんでしょうか?
急いでカメラを持って声のほうに行って見ました。
居ました! 電線に止って再び キキキキ・・・・と大声で鳴いています。
早速レンズを向けましたが、空が背景の逆光でどうしようもない。
位置を変えようとしたとたん 逃げられてしまった。
今朝も朝食の時 又も大きな高鳴きが聞こえました。
f0208666_9205793.jpg

f0208666_9213525.jpg


一週間ほど前 無花果の実が色づき始めましたので、今度の日曜日あたり
美味しいのが採れると楽しみにしていたんですが、昨日見たら なんと黄金虫
が 殆んど食い尽くしてしまって、その残骸と犯人が残っていた。 憎い奴め!
f0208666_9283164.jpg


放蝶された外来種の アカボシゴマダラが、我が家に3回目の訪問があり
証拠写真程度であったが、明らかに増殖しているようで心配です。
f0208666_9315886.jpg


バッタも段々大きくなり、数も増えてきました。
空を覆う大群にはならないでしょうが、やはり害虫なんですね。
f0208666_9343992.jpg


バッタを捕らえた女郎蜘蛛(長黄金?)を見つけました。
見たところ オンブバッタ(ショウリョウバッタ)ではないかと思います。
蜘蛛の糸って 結構 強い物なんですね。
弱肉強食 食物連鎖が この世の常、恐ろしくもあり 安泰でもあり。
f0208666_9394742.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-09-20 09:44 | Comments(8)
9月も中旬だというのに 暑い日が続いています。
鉢植えのヘブンリーブルーも早朝に開いても 日が高くなるに
つれて 気温上昇と共に 午前中には萎んでしまいます。
その萎みかけた朝顔に 黄アゲハが度々訪れて一旦は止まり
ますが 何の収穫もないせいか すぐに飛び立ってしまう。
考えてみると朝顔に蝶という取り合わせは無かったように思い
ますが、皆さんご記憶はありますか?
そこで一計を案じ 、萎れかかった朝顔の雌しべに 爪楊枝で
少量の蜂蜜を塗布しました。

暫くすると黄アゲハが戻ってきて、その花に止まりました。
いつもは1秒足らずで花を変えてしまいますが、なんと今回は
数分間も 蜂蜜を舐めていましたので、作戦は大成功でした。
しかし どちら側から撮っても奥深い花の底に頭を突っ込んで
いますので、全身を撮る事は出来ませんでした。
f0208666_14434997.jpg

f0208666_1444826.jpg


朝顔の花がもっと元気がよければ 良い写真が撮れたかも知れません。
充分に蜂蜜を舐めた黄アゲハは 場所を変えて休息中です。
今まで撮り溜めた蝶の写真全部をチェックしましたが、蝶と朝顔の
組合せは一枚もありませんでした。
f0208666_14491134.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-09-13 14:56 | Comments(12)
 先日の朝(9月5日)に 我が家を訪問してくれた放蝶の
アカボシゴマダラを また見付けました。
前回 初めて来訪を受けたのが8月31日ですから5日程
経過しています。
同じ個体かな?と思ってよく見ましたが、前回のは翅の
後部がかなり傷んでいましたが、今回はほぼ無傷です。
我が家にも度々出掛けてくる暇な奴がいるとするならば、
この近所に かなり増殖しているとしか考えられません。
無花果の木に いつものように逆さまに止まっていました。
f0208666_15345096.jpg


暫くの間 あちこちを飛び回っていました。
ここでは無差別に止まる場所を変えていますが、特に
好みの木は 今のところ見当たりません。
f0208666_15375039.jpg


 この間 テレビで 昆虫写真家の海野氏の昆虫の撮り方など
大いに参考になる番組を見ました。
今までは標的を鮮明にして 背景をぼかす撮り方しかやって
居ませんでしたが、海野氏は広角を使用して標的も背景も
見えるようにしています。
でも 広角で標的に超接近する事は至難の技です。
もしかしたら使えるかも・・・と思い、早速9mm~ズームを
買ってきてテストをして見ました。
昨年 石垣島から連れ帰った可愛い 身長6センチのシーサーを
モデルに選定 車の屋根に載せてテスト撮影。
最初は蝶・トンボ等に使っている50~200ズームで撮影(150mm)
次は購入したばかりの魚眼に近いレンズで 撮影(10mm)
なるほど どちらも使い道はありそうですね。
私は標準以下の短焦点レンズは使った事がありませんので、
なにか注意点をご存知でしたら ご教授ください。
f0208666_15522599.jpg

f0208666_15524023.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-09-10 15:57 | Comments(4)
今日は朝から 本当に暫く振りの雨が降り始め、庭木や芝生は
やっと一息 と言うところでしょうか。
大雨の被害にあった方々には お見舞い申し上げます。

先日 暑い中をチョウ達のたまり場に 様子を見に行ってきました。
一番の常連さんは やはり黄アゲハ達で いつも10匹程は来て
いますが、問題はそれ以外の蝶を見付ける事です。
川岸の浅いところに生える藻を食べに カルガモが来ています。
おぼろ昆布かモズクみたいな感じで食べているんでしょうね。
f0208666_18105491.jpg


常連の黄アゲハが止ったり飛び上がったりして落ち着きがありません。
f0208666_18122434.jpg


今日は一頭だけ アオスジアゲハが来ていました。
羽を広げたところを撮りたかったのですが、中々広げてくれません。
f0208666_18143254.jpg


イチモンジセセリも 今日初めて水を飲みに来ました。
f0208666_18165952.jpg


ちょっと水のきれいでない所に 前回も現れたクロアゲハがいました。
これも今日は一頭だけです。
f0208666_1820632.jpg


蝶を撮っている時 白セキレイが近くに来て 水辺で餌採りを始めました。
なんと言っても半年振りの野鳥が カメラの前に来たのですから、
喜んでカメラを向けた次第です。
f0208666_18232542.jpg

f0208666_18234463.jpg


今回は間違ったフィルターを装着してしまい 醜い写真になってしまいました。
このフィルターは普通の女性でも すべて美人に撮れると言うものです。
どうもスミマセン!
[PR]
by s-tamagoro | 2010-09-08 18:34 | Comments(5)
暑い暑いと言いながら ごろごろしていたのでは健康に悪い。
時々 意を決してホームグラウンドに時間を短縮して出かけます。

ショウジョウトンボも暑さ対策のポーズで休息中です。
f0208666_13315192.jpg


水辺のミソハギには色々蝶が集まっています。
蜜の得られる花が少ないからでしょうか。
黄蝶が目の前に止まりました。 逆光で蝶の翅が透けてみえます。
f0208666_13394241.jpg


これは黄タテハでしょうか・・・・。 暑い日差しを避けて待機中です。
f0208666_1342629.jpg


草陰には 一文字セセリがペアで止まっていました。
雌雄なのか 友人関係なのか判りませんが同一の模様と体型です。
f0208666_13442435.jpg


池の上では 少し大きめのトンボが休む事無く飛び続けており、
どこかに止まるかと 暫く眺めていましたが、結局止まる事無く
飛翔中の姿が一枚 撮れただけでした。
f0208666_1347157.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-09-06 13:52 | Comments(9)