ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

平林寺さんの紅葉

先日(24日)我が家の近くにある 名刹「平林寺」さんに行って見ました。
ここは春は桜 秋は紅葉で有名なところで、連日多くの観光客が集まり
大変賑わっております。
地元の事ゆえ 一応は見ておかなければ 聞かれたら困りますからね。
門を入ると とりあえず入山料300円の支払いが必要です。
f0208666_2229724.jpg


中に入ると山門があり 怖い顔をした二体の仁王様が睨んでいます。
このあたりは広い庭になっており、大勢の観光客が見られます。
f0208666_22331156.jpg


ここには多くの紅葉が植えられており、黄色より赤の多い風景が見られ
逆光で撮ると 更に鮮明な色彩が現れます。
1時間ほどで一回りできる散策コースが出来ており、美しい景色と森林浴
が楽しめます。
f0208666_22405485.jpg

f0208666_22412465.jpg

f0208666_22415854.jpg


近くには 昔 電力王と言われた「松永安左衛門」の別荘だった日本家屋と
立派な庭園があり、そこでは お茶の野点なども行われて接待しています。
f0208666_22491418.jpg


所は変わりまして こちらは我が家の ささやかな秋の風景です。
余りの落差の大きさに 落胆している玉五郎でありました。  (-_-;)
f0208666_2334067.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-11-27 23:06 | Comments(9)
お天気も良く 暖かい日でしたので 再び鴨さん達に逢いに行ってきました。
こんな温暖な日には 近所の幼稚園や小学生達が遠足をかねて遊びに
来ています。
楽しい昼ごはんの後 子供達は元気に遊んでおります。
f0208666_16361019.jpg


池に向かって歩いていますと なんと!蝶の親子の姿を発見。
良く見たら タテハとシジミのペアでした。
これを見る限り 可愛いい親子としか見えませんよね・・・・。
f0208666_16395532.jpg


池の脇のヤナギの高木にオナガ達がくつろいでいました。
相変わらず近付きにくい鳥のひとつです。
f0208666_16415422.jpg


池には先日初対面のアメリカヒドリとヨシガモが綺麗な衣装を
見せてくれました。
f0208666_1644514.jpg

f0208666_16442281.jpg


帰り道で 四十雀の一団が忙しそうに木立の中を飛び回って
いましたので、それらを観察していたら 案の定 コゲラも混じって
餌探しをしていました。
小さな体で木の幹を突いている姿は実に可愛いものですね。
f0208666_16503330.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-11-24 16:51 | Comments(6)

秋の風景     

毎年来てくれる植木屋さんが病に倒れ 今年は晩秋に行なう
植木の刈り込みに来られなくなりました。
永年の恒例行事で 私も毎年作業手順や要領を習得しており
ましたので、今年は私がやる事になりました。
11月に入ると順序良く作業順を決めて にわか庭師となって
作業を開始しました。
今回は玄関正面側のチャボヒバの刈り込みをしました。
これだけ刈り込むには丸一日掛りますが、これを2日に分けて
ここは やっと完了しました。 
f0208666_1683455.jpg


菜園の最後の収穫 落花生の取り入れですが、今年の炎天は
作物にも影響し 例年の半分程の収穫となってしまいましたが、
これを塩茹でして冷凍保存しますので、長期間楽しむ事が出来
夏のビールの味を引き立ててくれます。
f0208666_161347.jpg


 ♪カラタチの花が咲いたよ~ まろいまろい金の玉だよ~♪♪

2週間程前 信州の田舎で同窓会があり、家の周囲を歩いてみました。
白秋の歌の通り カラタチは金色の実をたくさん付けていました。
子供の頃には これをボール代わりにして投げて遊びましたよ。
f0208666_16183923.jpg


今年も何回かムラサキシキブの写真を撮りましたが、それよりはるかに
元気が良く 色の良いのを見つけました。
たくさん付いた実で 重さを感じるくらいです。
f0208666_16225267.jpg


この辺りでは毎年 自家用ではありますが、干し柿を作ります。
そこに冬を控えて 先の短いスズメバチが最後の労働として
甘い半干しの柿を食べに(集めに)やってきます。
本来は青虫など昆虫が食料の肉食ですが、それのいない季節
では 果実も食べるようですね。
この蜂を払い落とすと すぐに飛び上がる元気も無いそうです。
迷惑なので干し柿に網を掛けても 網に接した柿を食べに来る
スズメバチも後を絶ちません。 仕方ないですよね・・・・・。
f0208666_1632129.jpg

f0208666_16323327.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-11-18 16:41 | Comments(6)
先日 散歩がてら いつもの池に行って見ました。
今までより鴨達の数も増えているように見えます。
羽が生え変わりつつある姿なのか模様なのかも判別出来ず
オナガ鴨風の体型ですが 良く判りません。
f0208666_1611831.jpg


その近くに ヨシガモらしき頭の赤いのが ペアで動き回って
いるのですが、相棒もその都度違っており 更に混乱しました。
どういう訳か図鑑にも該当するのが見当たらず、さらに他種と
混合しているのがあるので 同定には注意が必要 との但書きまで
ありますので 更に混乱は度を深めるばかりです。 (+_+)
f0208666_16175573.jpg

f0208666_161881.jpg


この♂と見られる鴨の顔が 日光の反射具合で緑色に光り
美しく見えました。
でも 黒っぽい♀らしき鴨(3枚目の写真)の頭から首にかけて
日光の反射によって 素晴らしい金属光沢の緑色に輝く様は
実に見事なものでした。
専ら これを追い掛けている人が 数人居ましたよ。
図鑑を見ても該当するのが無い(見付からない)となりますと
悔しいけど 私にはどうしようもありません。
f0208666_16265097.jpg


他の鳥も探しましたが オナガのグループが高い梢に居るだけ。
止むを得ずカワセミ場所を歩いて 2羽のカワセミをGET。
贅沢なようですが ここでは8割の確率で撮る事が出来ます。
獲物がないと カワセミでも撮って帰ろう・・・・これが実情です。
f0208666_16315391.jpg

f0208666_16321144.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-11-16 16:41 | Comments(2)
10年程前に 田舎に居た祖母が大輪の菊を育てて、帰郷した折
その鉢植えを幾つか持たされて 一応は鑑賞しましたがその後の
手入れも処理も判らないので、止む無く庭に植えておきました。
以来 毎年咲くのですが、あの大輪は見られず 小さな花が多数
咲くようになりました。
一輪だけ残し それを丹精こめて育てると大輪の菊になる訳です。
そんな熱意と興味はありませんので放置していますが、それでも
例年通り 多数に増えた小さい菊を楽しく観賞しています。
f0208666_1651064.jpg

f0208666_1652796.jpg


秋も深まりますと花も少なくなり、今は外来のセイタカアワダチ草
などが群れて咲いています。
そこには「最後の晩餐」?ではありませんが、多くの蝶や虫たちが
集まっています。
タテハ達の姿も見られます。
f0208666_16104559.jpg

f0208666_1611999.jpg


シジミ達も見られますが セセリの類は目に入りませんでした。
f0208666_16124791.jpg

f0208666_1613115.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-11-11 16:18 | Comments(6)

散歩の収穫      

天気が良ければ 極力散歩に出掛ける事にしています。
恒例の貯水池周辺一帯は 清瀬市の自然公園になっており
いつも散策する人 自然の姿を求めて集まるカメラマンが
多く集まっていますが、私もそのうちの一人となっています。
いつも持参するカメラは近距離・遠距離共通のズームレンズ
を使っています。

歩きながら絶えず獲物?を探して前後左右上下と視線を走らせ
木陰に四十雀の一群を見つけました。
一時も動きを止めないパチンコ玉みたいな四十雀は鳥撮影の
トレーニングにもなります。
f0208666_19184660.jpg


池の方に周って見ますと 今年初めてのヨシガモとオナガ鴨の
ペアの姿が見られました。
f0208666_1921312.jpg

f0208666_19212076.jpg


他の鳥達も どこかに遊びに行ったのか 姿が見られません。
川沿いの散策路を歩いていますと 小さな小さな「仁丹粒」ほどの
紫式部みたいな紫の実がなっていました。
f0208666_19252717.jpg


その近くに黄色い蝶が小さな花に止っていました。
見た記憶のない黄蝶ですが 小さな模様の中には2連音符みたいな
図柄がありますね。  手元に図鑑がないので素性は不明。
f0208666_19393276.jpg


野鳥が居ない時は カワセミ場所に行けば 殆んど見ることが
できますので、収穫のない時は必ず立ち寄ります。
今日も川べりで姿を見かけましたが、なんと 「掃き溜めに鶴」の様相。
ずいぶん汚い漂流ゴミの中に止っていました。
これでは絵になりませんね。
f0208666_19322280.jpg


しばらくの間 近くに移動してくれればいいな~ と待っていましたら
場所変えはしてくれましたが、ちょっと距離のある場所になってしまった。
今日もカワセミちゃんに遊んでもらいました。
f0208666_19355063.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-11-03 19:47 | Comments(7)