ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

このところ冬型の気圧配置で関東地方では冷たい北西の
風と晴天の続く毎日です。
本格的な冬の気候ですが、その割に冬鳥の来訪も少なく、
歩き回っても野鳥に遭遇する回数は少ない毎日です。
そんな中 散歩が主目的 いつもの場所に出掛けました。
ピラカンサの植え込みの中にいつも見られる五位サギが
眠そうな目をして振り向いた。
f0208666_2143614.jpg


近くにその子らしい幼鳥 ホシゴイが 日が高くなったのに
まだ爆睡中だった。 寝る子は育つ 鳥にも通用する?
f0208666_21462866.jpg


池の周囲を歩いていると 思わぬところにカワセミが居て
2~3人のカメラマンがカメラを向けていた。
f0208666_21491497.jpg


折角の出現なので私も暫くの間 カワセミの姿を撮る。

f0208666_22324987.jpg
f0208666_2152946.jpg


ここにはオナガの群れがいつも見られる。
比較的用心深く 接近は難しい。
木の上に仲良く2羽が並んでいた。 雌雄は判らない。
オナガは頭も目玉も真っ黒なので 目玉の見える写真は
難しいものだ。
f0208666_21552770.jpg


すぐ近くに これもまたペアで並んでいるムクドリが居た。
f0208666_21573482.jpg


このムクドリ達も群れで行動しており、オナガの群れと
混合してしまう事もあるが、別段争う事もない。
仲が良い訳ではないが、こんな瞬間も偶に見られる。
f0208666_22341289.jpg

スズメ達は岸辺の草むらに集団で行動しており、枯草の
下にもぐって餌探しをする。
大きな鳥が接近したり人が通ったりすると一斉に飛び上がり
近くの木に避難し、これを繰り返している。
f0208666_2281751.jpg


水草の生えている湿地に 今季初めてのクイナを発見。
ここでは晩秋の頃から桜が散る頃まで見られる冬鳥だ。
f0208666_22121391.jpg


何枚か撮ったところで いきなり目が合ってしまい、彼女は
大きな足で水草を踏み付けて さっと逃走してしまった。
f0208666_22153588.jpg


正午近くなって 西風はさらに強くなった。
モズの首筋に冷たい風が当たって寒そうだった。
f0208666_22194536.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2011-12-26 22:43 | Comments(16)

笛吹けど踊らず    

コスモスはとうの昔に終わっているが、未だに種も
取らず、刈り取りもせず放置されている。
そんな中に季節も考えずちっちゃなコスモスの花が
幾つか咲いていた。
普通の花の半分くらいだった。
f0208666_16183027.jpg


今日は極めて確率の低い「赤ゲラ」を探しに、第二の
ホームグラウンドに行ってみた。
木立の中は風が吹くと茶色の枯葉が牡丹雪みたいに
降り注ぐ。
背景を定めてカメラをセット いざレンズを向けると
風はぴたりと止む。 目的外だが暫くの間待機してみる。
少し風が吹いたら 先程の半分くらいの葉っぱが舞った。
倍以上の葉っぱが舞っている様子を想像してください。
f0208666_16273973.jpg


こんな木立の中を静かに歩きながら 上方に視線を向け
一生懸命に動体視力を発揮して獲物を狙うが 徒労に帰す。
f0208666_16303778.jpg


目に入ったのは 沼の岸に佇む常連のアオサギが一羽。
f0208666_16321782.jpg


それもすぐに飛び立って 森の上に消えた。
なんかカラスみたいに「あほー あほー」叫んでいる様だ。
居る筈もない赤ゲラ 無駄骨を諦めて今日は中止にする。
f0208666_16363447.jpg


翌朝 庭のカナメモチの上に 朝日を浴びてスズメが二羽。
朝日を拝むほど信仰心はないと思うが・・・。
f0208666_1640369.jpg


少し日が昇ると山茶花にメジロが来た。
暗い葉影に止まって日向に出て来ない恥ずかしがり屋。
f0208666_16425180.jpg


長期間楽しませてもらったヘブンリーブルー 半月程前に
最後の花が咲いて 今年は終わり。
来年に備えて種の採取をして 枯れ蔓も棚も全てを撤去。
湿り気のある種は新芽の様相 またはカビの出たもの等。
手のひら一杯の種を確保して 朝顔の全てを終了する。
f0208666_16493769.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2011-12-23 17:05 | Comments(12)
朝日が昇って間もなく 隣の家のアンテナにヒヨが一羽
朝日に向かって佇んでいた。
今日も天気が良さそうなので 早速出陣する。
f0208666_15341232.jpg


いつもの場所に着くとカワセミちゃんが待っててくれた。
この場所は餌取りが出来ないので すぐにどこかに消えた。
f0208666_1613229.jpg


水辺の藪にアオジが居た。
真っ直ぐ後ろから撮った事がないので、早速撮ってみる。
背中の模様の左右対称が目新しい。
尾羽の両側の白い羽も 初めて見る部分だ。
f0208666_1540459.jpg


その後 アオジは下の水溜りに降りると水浴びを始めた。
アオジの水浴びも初めて見る光景だ。
f0208666_1543214.jpg


数羽のエナガが現れた。 小さなオチョボ口が可愛らしい。
f0208666_15443030.jpg


なかなか警戒心の強いオナガが止まっていた。
スマートで美しい鳥だと いつも思うので ついカメラが向く。
f0208666_1547335.jpg


この周囲を縄張りにするモズは、2倍も大きいオナガが近付くと
果敢に飛びかかり オナガを撃退してしまう。
オナガも一応は逃げるが遠くまでは逃げない。
その距離が近いと モズは再度突進して攻撃を加える。
こんな面白い場面を ゆっくりと観察が出来た。(撮影失敗)
f0208666_15515434.jpg


隣の池に行ってみると 一羽だけ住み着いているバンの子がいた。
周囲の葦が全て刈り取られてしまったので、隠れる場所がない。
時折 見かけない時があるが どこに行っているんだろう?
f0208666_15545673.jpg


ハシビロ鴨が独特のスタイルで水面のプランクトンを採餌中。
水面を ばちゃばちゃと嘴を動かしながら泳いでいる。
f0208666_15574870.jpg


可愛らしいスズメのペアが並んで止まっている。
ユーモラスな場面が撮りたかったが 足場も悪くスズメ達も
演技をしてくれなかったのでこれも失敗に終わる。
f0208666_1615232.jpg


公園の植え込みの所に小型の鶏 白い「チャボ」が2羽。
ここには当然飼い主は居ないので、誰かが処分を躊躇して
ここに捨てたものらしい。 やってはいけない放鳥だ。
野良猫に餌を持参して面倒を見ている女性が何人か居るが
このチャボは餌を貰っているんだろうか? 自給自足かな?
f0208666_1673328.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2011-12-18 16:20 | Comments(8)

春の訪れ?     

先日公園で水仙のつぼみを見付け 前便でUPしましたが、
気になるので12日に 再び様子を見に行ってきました。
予想通り 水仙の花が幾つか咲き始めていました。
温暖化のせいでしょうか ちょっと早すぎますね。
f0208666_15145515.jpg


ホオジロは何時でも見られますが、なかなかモデルに
なってくれるお人好しは少ないものです。
いつも忙しく飛び回っているからです。
f0208666_15172382.jpg


白髪頭のジョウビタキの雄が居ましたが、ご機嫌が悪いのか
ついにこちらを向いてくれませんでした。
f0208666_15185937.jpg


近くの藪の中に メスも居ました。
優しい顔をした可愛いお嬢さんです。
やはり控えめで やや警戒心が強い様でした。
f0208666_1522595.jpg


アオジのペアが餌探しの途中なのか 石畳の上を仲良く
歩いてきました。 
ここには草の実は あまり無いのですが・・・・。
f0208666_15262867.jpg


反対側の藪の中には 一羽のアオジが止まっていました。
これもジョウビタキのメス同様 丸っこくて可愛い姿です。
丸く大きなお腹がとてもユーモラスで愛らしいですね。
f0208666_15293637.jpg


こちらは水上の美女 オナガ鴨のお嬢さん。
私達が見てもなかなかの美女です。
f0208666_15313549.jpg


そんな美女を雄共は ほおっておく訳がありません。
一人の美女を雄共の三つ巴の追撃が始まりました。
必死に逃げるメス 捉まえようとする雄の迫力の場面。
f0208666_15352922.jpg


高い木の上で これ又ペアのコサギが何かの会話。
「ね~ ね~ 」 「なぁに・・・?」
f0208666_1538446.jpg


下ではのどかなムードなのに 上空では何やら集団で
騒がしい雰囲気だ。
先頭に4羽の黒い奴 後ろから白いのが数羽 追撃中?
誰が何をしているのか判らないまま 流れ解散になった。
f0208666_15441396.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2011-12-14 15:54 | Comments(11)

今日は皆既月食らしい

今日は久々の皆既月食の見られる日らしい。
学術的には それほどの意味も少ないらしく、あまり
大騒ぎをする事もない様だ。
でも以前に見た時の暗い赤銅色の月は印象的だった。
先程(5時半頃)まん丸の月が出たばかりなので早速撮影。
f0208666_1743649.jpg


さて、以下の写真は先日の雨天の前日に撮ったものです。
久しぶりに美しい富士山が見られた。
f0208666_17454990.jpg


畑の中の物置の屋根に 時期外れのエルタテハ?が止まっていた。
当然 今年最後の姿になるだろうか。
f0208666_1748148.jpg


柿の実も残り少なくなり 一つ残った柿の実をヒヨが一羽
美味そうに食べている。
f0208666_1750145.jpg


これも美味そうなサンシュユの赤い実が熟れている。
鳥は見られなかったが これも野鳥の食料になるのかな?
f0208666_1752052.jpg


ピラカンサの池に行ってみる。
先日見かけた五位サギの子 ホシ五井が、まだ豊富な赤い実の
上に止まっていた。
絶好のシャッターチャンス! カメラを向けた途端 逃げられた。
f0208666_17555772.jpg


池には最近現れたオナガ鴨はペアで泳いでいた。
f0208666_17574346.jpg


これもオナガ鴨かな?と思ったが 水面をぺちゃぺちゃ吸い取って
いるみたいで、あれれ これはハシビロ鴨かな?
f0208666_1814927.jpg


林の方に入るとスズメのグループが休んでいた。
あまり撮ってもらえない可愛そうなスズメ。 そこで一枚。
f0208666_184516.jpg


エナガは忙しそうに藪の中を走り回り、なかなかチャンスが掴めない。
シジュウカラの仲間かと思ったら エナガ科と別物だった。
f0208666_1864250.jpg


日当たりの良い花壇の水仙は もう花芽を伸ばし 年内には
たくさんの花が咲きだすに違いない。 温暖化のせいか?
f0208666_1883998.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2011-12-10 18:19 | Comments(10)

今年はまだ地元の平林寺さんの紅葉は見に行っておらず、
先日 仙人様に取材の命令を受けていましたので 少し時期遅れの
紅葉の様子を見に行ってきました。
中に入ると そこには山門があり仁王様が二体「あ」「ん」と言って
怖い顔をしますが、あまりの人ごみなので二階から上を撮りました。
f0208666_1510457.jpg


この一帯はどこを見ても一面の紅葉 本堂の屋根を入れて一枚。
f0208666_15112636.jpg


この山門や本堂・鐘楼周辺は花の季節も紅葉の季節も本命の場所
人間をかき分けて進むほどの群衆でいっぱいです。
広大な敷地の中に2KM程の散策路が整備されており、そちらにも
多くの人が歩き回っています。
ここでは今の時期は人間の写らない風景写真は望めません。
f0208666_15174286.jpg

f0208666_15181473.jpg


紅葉の赤い色を強調する為 逆光を利用する事が多いようです。
不得意な分野 いろいろやって見なきゃ 勉強 勉強。
f0208666_15211769.jpg

f0208666_15213719.jpg


一回り歩いて スタート地点に戻りました。
やはり紅葉は最高の時期を過ぎ 枯葉が目立つ状態でした。
以上 平林寺さんの紅葉情報でした。
f0208666_15245729.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2011-12-02 15:35 | Comments(15)