ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

好天は続いておりますが まだあちこちに残雪があり、
特に日陰の場所は雪が凍り付いています。
当地では雪が一週間以上も残るなんて経験がありません。
池の脇に一羽の雌カワセミを見付けました。
f0208666_152103.jpg


このカワセミは空腹なようで 池の周辺のを飛び回って
餌捕りしやすい場所を探しています。
f0208666_1544873.jpg

f0208666_1563624.jpg


私の位置から10m その反対側は池の上の木道で5m位。
望遠レンズの特性で カワセミと対岸のカメラマンは
至近距離に見える。 でも向こう側の方が日照角度を含め
はるかに有利だ。 良い写真が撮れたことだろうな。
f0208666_15103869.jpg


そのうち何回か飛び込んだが やっと一匹の大きなザリガニを
GETして枝に止まった。
f0208666_15124751.jpg


獲物を咥えて 5回10回大きく振り上げて足元に叩き付ける。
f0208666_15143380.jpg


ザリガニも この衝撃で半死半生でダウン。
彼女は大きな口を開けて これを一飲みにする。
f0208666_15172941.jpg


これで空腹は収まり このまま長時間 ここに居座る訳だ。
ここには魚は殆ど居ない水生昆虫ばかりの場所。
魚の捕れない未熟な一年子らしいが、見かけは全く成鳥だ。
f0208666_1524370.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2012-01-30 15:31 | Comments(6)

久々の降雪 その前後

久し振りの降雪があり、その後も寒い日が続いたので
日陰の部分には まだまだ白いのが多く残っています。
降雪の前日 水飲み場にシジュウカラがやってきましたが
氷に邪魔されて水が飲めなくて呆然としている。
赤い葉っぱは観葉植物らしく偶然飛んで来たらしい。
f0208666_13132666.jpg


庭の芝生に残りご飯を撒いて 食料不足の鳥達にサービスする。
スズメが一番先に見付け 仲間を連れて食べに来る。
4~5日遅れでムクドリやヒヨも気が付いて食べに来る。
今日はスズメの群れとムクの群れが重なってしまった。
f0208666_13182259.jpg


やはり体が大きいと迫力があり 小さなスズメは餌場を譲渡
せざるを得ない。 暫くの間はムクの独壇場となる。
f0208666_13215932.jpg


やむを得ずスズメ達は近くの藪に避難して 空席待ちとなる。
f0208666_13232753.jpg


白セキレイもやってきたが彼等は日本食は好みで無いらしく、
餌場を離れて出て行ってしまった。
ミミズのステーキを用意すべきか・・・・?
f0208666_13253672.jpg


天気予報の通り 夜半から本格的な雪が降りはじめ、見ている間に
外は真っ白な世界に変わっていった。
f0208666_13285062.jpg


翌朝は家の周辺も雪化粧となり しばらくぶりの銀世界になった。
山茶花の木も天辺にかぶった雪が重そうだ。
f0208666_13315248.jpg


チャボヒバの一枝一枝に雪が丸く乗っかっている。
f0208666_13334054.jpg


カラス除けに張った糸に 氷の粒が連なっていた。
朝日に反射して美しい。 綺麗に反射して素晴らしかったが
見た目ほど綺麗には撮れなかった。
f0208666_13364926.jpg
f0208666_1337178.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2012-01-28 13:47 | Comments(4)
日の出直後の早朝に いつもメジロがやってきて、庭に設置した
小鳥の水飲み場で水を飲むのが習慣だ。
(石臼の上に障害物を置き ヒヨの水浴びを防止している。)
ペアでやってきたが飲み水は氷結してしていて飲む事が出来ない。
途方に暮れている姿は可愛いが、左の個体は左目が異常だった。
f0208666_158392.jpg


その後 近くにある山茶花の木に潜り込んで 蜜や花粉を舐める。
臆病なので なかなか朝日の当たる表面に出てこない。
時々顔を出す事があるので それがシャッターチャンスだ。
やはり早朝の低い日光は撮りにくい。
f0208666_15122783.jpg

f0208666_15125053.jpg


天候が崩れる直前 何か獲物を探しながら散歩に出かける。
遠方に木に2羽のシメらしき鳥を発見。 シメ? カワラヒワ?
f0208666_15171856.jpg


近寄って様子を見るが木陰の中で ファインダーに入らない。
やっと枝の間から見えた瞬間 やっと一枚撮れた。 カワラヒワだ。
f0208666_1519084.jpg


今日はあまり収穫が無い。
近所の農家の庭先で カエデの木に数羽のメジロを発見。
今日はメジロデーか・・・?
このカエデの木には 蜜が染み出しているのかそんな痕跡がある。
それでメジロが寄っているのかな?
暫くメジロさん達の色々のポーズを撮った。
f0208666_15231932.jpg

f0208666_15233993.jpg


池の淵の湿地でタシギを見付けた。 この周辺では毎年見かける鳥だ。
昨年見かけたものよりかなり小さくツグミ程もない感じだ。
しばらく水草の間から餌を捜し歩いている。
f0208666_15285591.jpg


採餌の後 日当りの良い場所に立ち止り ひと眠りしたい様子だ。
この後 嘴を背中の羽に埋めて寝たふりをするが、目だけは大きく
開いて 私の方を凝視していた。
それにしても見事な保護色だな~ と感心した。
f0208666_15324542.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2012-01-22 15:45 | Comments(12)
今日は関東地方も午後から曇りとなり 天候が崩れると
テレビで天気予報の美人アナウンサーが伝えていた。
それでは・・・と早速カメラを持って散歩に出かける。
近所の家の庭には12月中旬から咲き始めた黄色の蝋梅
が もう末期状態の花を咲かせていた。
f0208666_1562247.jpg


すぐ近くの畑の脇に柚子の実が今も沢山残っている。
この木の持ち主が居るので誰も取らない。私も取らない。
どうした訳か持ち主も取らない。 ??
f0208666_15105296.jpg


1km程離れた所に市民グラウンドがあり、野球場・陸上トラック
テニスコート・サッカー場・マレットゴルフ場等があり、
今日はマレットゴルフと 欧米で流行のペタンクと言う
テニスボール程の鉄の玉を地面に投げて競うスポーツ?が
大盛況 そのプレーヤーは全て暇そうな老人ばかりだった。
ふと空を見ると素晴らしい飛行機雲が幾筋も並んでいる。
f0208666_15205594.jpg


入間基地を拠点とする自衛隊機が 休む間もなく飛び交い
賑やかではあるが この美しい飛行機雲は関係ない。
彼等は低空飛行が主だからである。
かなり上空ではあるが飛行機雲の下に2機の自衛隊機が
訓練中の姿が見える。
f0208666_15254946.jpg


もう明るい時間なのにヘッドライトを点けた新鋭ジェット
戦闘機が飛び出してきた。
f0208666_15274830.jpg


すこし時間がたつと飛行機雲は徐々に拡散して 筋が太く
薄くなってゆく。
低気圧が近いので上空では湿度が高く過冷却状態なので
飛行機雲の出現には滅多にない最高の条件の状態なのだ。
この飛行機の通り道は成田国際空港から南西の方角に向かう
一方通行の飛行ルートらしく わが郷土の頭の上にあるのだ。
f0208666_15335222.jpg

f0208666_1534922.jpg


時折 この逆方向の北東に向かう旅客機も通る。
成田空港に向かうのだろうが かなり低空ではあるが、まだ
100km程もあるので 車輪を出すほどではない。
f0208666_153807.jpg


この向きではいずれも高度は低く 南北方向の飛行機雲は
稀に現れるのみである。
でも今日は条件が良いのか 二筋のラインが綺麗に見えた。
何処から帰ってきたんだろうな??
f0208666_1542261.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2012-01-19 15:59 | Comments(8)
前回送信したタゲリの姿は どうもうまく撮れていない。
微妙な褐色がかった美しい輝きが見られない。
何としても接近して 羽の色を撮ってみたい と再々出撃。
前回の場所に行ったが不在 暫く待つと2羽のタゲリが
飛来した。 
今度は如何に接近するか タゲリとの知恵比べだ。
木陰に隠れて追わずにタゲリの接近を待つ。
予想通り10m程まで来てくれた。 チャンス!
タゲリは 虫とかミミズを探しているらしい。
f0208666_1105959.jpg


直立した姿は美しい。
光線の具合も良く 希望通りの姿を確保する事が出来
大いに満足する結果となった。
f0208666_11104210.jpg


もう一羽のタゲリも餌探しをやめて立ち止る。
シャッター音を感じたのか 一瞬警戒の様子が見られる。
両者とも片方の目で私の方を凝視している様だ。
f0208666_11124864.jpg


二羽のタゲリは ここでヒソヒソと相談。 逃げるべきか、
それとも遠ざかるべきか・・・・・。
f0208666_11172211.jpg


危険性は少ないが ここは距離をとって非難すべき と
相談がまとまり 足早に移動を開始する。
ちょっと心配性過ぎるタゲリ達の様子でした。
f0208666_11202451.jpg


広いグラウンドの片隅でタゲリと遊んだ後 隣接する林に
入って他の野鳥を探す事にする。
やはり野鳥は少なく ヒヨのみが騒がしく飛び回っている。
その時 前方の立木に鶏程の巨大な猛禽が飛来!
すぐさまカメラを向けて激写 鳥名は後回しで撮りまくる。
f0208666_11255743.jpg


直後 お互いに目が合ってしまい? 彼も警戒態勢。
20m程の距離があり もっと接近したいが動けない。
胸の縞が縦縞で これはノスリだと判断する。
ノスリは草原すれすれに 腹部を擦りながら飛ぶので
古くから野擦り(ノスリ)と言われているらしい。
f0208666_1133345.jpg


木の枝に止まっておよそ10数秒 移動の途中なのか
忙しそうに枝を離れ 南の方角に飛び去って行った。
f0208666_11364170.jpg

f0208666_1137258.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2012-01-14 11:46 | Comments(8)
シロハラらしき鳥と逃げ足の速いタゲリを再度撮りに出掛けた。
朝からお天気は最高 いつもの場所で見る富士山は100km先に
あっても大変美しく見える。
f0208666_167697.jpg


キジバトの親子が並んで止まっている。
f0208666_168591.jpg


親ハトが羽を開いて 伸びをした。 異様な姿だったので
急いで撮ろうとしたが間に合わなかった。
すると左側の子ハトが同じ形の伸びをしてくれた。
羽を持ち上げたと思うと 尾羽を目一杯広げていた。
こんな姿勢は初めて見た。
f0208666_1612958.jpg


コゲラは相変わらず元気に木を突っついている。
f0208666_16142382.jpg


遠方の木に何やら飛んで来た。 まさか赤ゲラでは・・・・
急いでカメラを向けると念願のアカゲラだ。 でも遠すぎる。
どこかに移動中の為か 数秒でどこかに飛び去ってしまった。
撮れたのはこれ一枚。 大幅にトリミングして証拠写真とする。
f0208666_16181818.jpg


前回の同定できなかったシロハラらしき鳥を再度見付け、
全身像ではないが 確かにシロハラと断定。
色形は類似していても必ずしも図鑑と一致しないことが判った。
f0208666_16222580.jpg

f0208666_16224458.jpg


シロハラを撮った直後 突然目の前の木にカラスが飛来、
なんと3m程もないくらい近い。
人慣れしているのか 私をバカにしているのか逃げない。
でっかい望遠を向けたが近すぎてピントも合わない。
やむを得ず私が5~6m後ずさりをしてドアップ体制。
キジに続いて再び巨大なポートレートを撮る事になった。
f0208666_16285385.jpg


その時 もう一羽が飛んできて並ぶ様にして止まった。
二羽はカップルらしく 暫くの間お互いに嘴をすり合わせたり
嘴で相手の羽をさすり グルーミングをしている。
グルーミングは猿だけかと思ったが カラスもやるんだ! びっくり。
悩ましい愛情の表現を これもドアップで一枚撮らせてもらった。
f0208666_16352364.jpg


前回 タゲリは遠くて写真にならず。 その優雅な姿を再度
撮るのが今日の目的だ。 今日は6羽のグループを見付けた。
でもやはり接近するのは困難で、樹木の陰からこっそりと
忍び寄ったが見付けられ 徐々に遠ざかってゆく。
20m位が最接近の位置。 これはドアップの映像は又も
失敗に終わったが、ま~ 色形が判るから良いか・・・・。
f0208666_16402924.jpg


私を睨みながら 足早に遠ざかるタシギ達。 意地悪だね~。
f0208666_16405383.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2012-01-11 17:03 | Comments(8)

満月とガリレオ衛星

今日も西風が吹いて 寒い日が続く。
こんな日は空気も澄んで 星もきれいに見える。
今日はちょうど満月で まん丸の月が東の空に
昇ってきた。
久しぶりに取り出した大きな望遠レンズで、
早速 満月を撮ってみた。
f0208666_20341393.jpg


西の空には大変明るい金星が輝いている。
天頂付近には木星があり、これも4個のガリレオ衛星を
引き連れて ゆっくりと西の空に向かってゆく。
ついでだから 懐かしいガリレオ衛星も撮ってみた。
木星の両脇に2個ずつ 4個の衛星が見えた。
f0208666_20404720.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2012-01-09 20:43 | Comments(6)
昨日の土曜日 3連休の休日なので 鳥撮りのポイントも混み合うかな
と思ったんですが、行ってみると野鳥不在の噂が広がっているせいか
あまりカメラマンは見られません。
現地に着くと早速 アオサギが高い所から歓迎してくれました。
f0208666_1685592.jpg


さて 今日は8か月ぶりで大きな望遠レンズを装着 三脚もセットして
なんと総重量7kg程 約4時間の重労働だ。
遠くにモズの姿が見えたので 早速撮ってみる。
やはり軽便な望遠ズームに一脚の時とは大幅に解像度がアップする。
モズは風に背を向ける癖があるのか 又も後ろ髪が逆立っていた。
f0208666_1615402.jpg


エナガは相変わらずおちょぼ口で 可愛い小鳥だ。
f0208666_1617297.jpg


コゲラが逆さになって枝を突っついている。
彼には地球の引力は関係が無い様だ。
f0208666_16192982.jpg


隣接する野球グラウンドに見慣れない鳥が8羽 長い冠羽がみえる。
当地ではあまり見かけない「タゲリ」と判った。
見通しが良いので近付く事が出来ず、相当に警戒心が強い様だ。
かなり遠方から証拠写真程度の映像になってしまった。 
後日 再挑戦予定。
f0208666_16232841.jpg



突然 遠方の木に何か猛禽らしい大物が舞い降りた。
早速レンズを向けると 確かに猛禽だ。
2~3枚撮った瞬間 逃げられてしまった。
帰って調べたらオオタカらしい事が分かった。 大収穫でしたよ。
f0208666_16292186.jpg


暫く歩いていると アカハラみたいなのに出会った。
ツグミの仲間らしいが 図鑑で調べたが該当するのが居ない。
一番類似しているのが「マミチャジナイ」だったが、これは
一体何でしょうか?
f0208666_16331436.jpg

f0208666_16333827.jpg


小型の鳥が10羽程の群れで飛んで来た。 
シメかな・・・と思ったが シメは群れを作らない。
それにシメよりも もっと小さい。
羽に黄色い模様が見えたので、カワラヒワと判った。
これも今季の初撮りでした。
f0208666_16364091.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2012-01-08 16:49 | Comments(8)
皆様 明けましておめでとう御座います。
暮れから子供や孫達が集まり 賑やかに新年を迎える事が
できました。
でも初日の出は雲が多く見られない。
日が高くなる直前 一瞬の日差しがあり、昨年と同様の
室内からの初日の出の写真となってしまった。
f0208666_11505317.jpg


祝い酒の毎日 2日の朝は天候も良さそうなので連日の
過食と運動不足の解消の為 何時ものホームグラウンドに
初撮りに出かけました。
さすがに正月中はカメラマンは少なく、私と同様 過食と
飲み過ぎ 運動不足の人達が散歩やランニングに来ている。
でもポイントには人出の少ない絶好のチャンス。
キジを求めて近くの畑と農家の屋敷の周辺を探索する。

 居ました! 予測通り。
人通りの少ない畑の脇に雄のキジが日向で体を温めている。
全く動かず 4~5mまで近づいても知らんぷり。
丸くなって暖をとっている。 チャンス!
f0208666_11534874.jpg


キジのポートレートなんて撮った事がない。
皆様お得意のドアップで ハンサムな顔を10枚20枚激写。
日本にもこんな鮮やかな素晴らしい色調の鳥が居たなんて
信じられない。 これは仲良しの鳥達のお年玉だったんだ。
こんな場面を頂戴するなんて 本当にうれしい事だ。
f0208666_1222479.jpg

f0208666_1225243.jpg


キジはまだ体が温まらないのか 全く動く気配がない。
こっそりとその場を離れ 周囲を探すと2羽のメスキジが
つつじの茂みにうずくまって座っていた。
これも寒いのか殆ど動かない。
f0208666_1271351.jpg


再び日向ぼっこの雄の所に戻る。 その距離は約10m
その時 やっと立ち上がって歩き始める。
1歩踏み出すのも2~3秒 全くのスローペース。
f0208666_12113022.jpg


どこに行くつもりか 畑を横切ってゆっくり歩いてゆく。
徐々に気合が入ってきて 歩みも少し早まり尾羽も上がった。
f0208666_12153665.jpg


大根や菜っ葉の植えてある場所に入ると その葉っぱを
突っついて食べ始めた。 へ~ 葉っぱも食べるんだ・・・・。
f0208666_12175259.jpg


暫く野菜を食べた後 ゆっくりと隣接する農家の敷地内に
入って行った。 ここの屋敷内に住み着いているんだな~。
f0208666_12211959.jpg


ねぐらに帰ったのを見届けて メスの場所に戻る。
これも少し温まったのか 少し動くようになった。
メスのキジを撮ったのは 今回初めてだった。
f0208666_12234118.jpg


約1時間 キジ達に遊んでもらった訳だ。
こんな素晴らしいお年玉を貰って 本当にうれしい。
池の方に戻ると ピラカンサの実をヒヨ達が食べていた。
彼等にはおせち料理もなく 美味しくないピラカンサの
実を食べるのは可愛そうな気がする。
f0208666_12272364.jpg


近くの木立に これも空腹らしいカワセミが一羽
餌を狙っていた。 これも今年第一号のカワセミだ。
f0208666_12294120.jpg


池にはオナガ鴨の夫婦が仲良く泳いでいた。
初撮りにふさわしい 優しくのどかな風景でした。
f0208666_12313928.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2012-01-03 12:45 | Comments(10)