ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

このところ雨や曇り強風など天候に恵まれず、鳥撮りに
出掛けるチャンスが無い日が続く。
仕方なく家の窓から外を見ているか くもり空の合間を
見ながら近所を歩いてみるしかない。
近くの畑の中に美しいピンクの桃の花を見付けた。
花桃か果実用の木か判らないが 畑に並べて植えてある
ので、果実が目的かも知れない。
f0208666_14405579.jpg

f0208666_14411577.jpg


6~7年前に北海道で買い求めたチューリップの生き残り
である小さな花が一輪だけ。
名前はたしか「アーリーハーベスト」と覚えている。
以前にも一度紹介した事のある可愛い花だ。
大きさが判る様 再びゴルフボールを置いてみた。
f0208666_14481473.jpg


庭には毎日水を飲みに来るキジバトが 今日もやってきた。
最近は餌を与えていないので 勝手に地べたを漁って、
何かどうかををついばんでゆく。
f0208666_14505464.jpg


今は我が家の小彼岸桜が満開の時期 それを見ていると
時折シジュウカラやヒヨやメジロがやって来る。
f0208666_14525317.jpg


家でテレビを見ていても望遠レンズは手放さない。
鳥が止まったのを見付けるとすぐカメラを向ける。
この日はメジロがやってきた。
f0208666_14553961.jpg

f0208666_14555391.jpg


昨日から小雨が降り続いている今朝 何かがペアで
やってきたが メジロかな? いや 違うぞ。
早速カメラを向けると なんとカワラヒワだ!
桜にカワラヒワ これは貴重なチャンスだ。
f0208666_14594477.jpg

f0208666_14595949.jpg


気温も上がり 20年来飼い続けているメダカも活発に
動くようになった。
餌も良く食べるので 産卵の時期も遠くない感じだ。
黒メダカ(通常のもの)や 交配して作り上げた種の
白メダカ 他に緋メダカと青メダカも居る。
血が濃くならない様 時々仲間と交換して育てている。
混血が続いているので放流もできず 今では困り者だ。
f0208666_1563731.jpg

f0208666_156543.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2013-03-27 15:13 | Comments(8)
先日 強風の吹き荒れた後 いつもの森に出掛けた。
強風にへし折られた枯れ木の枝が落下し あちこちに
転がっていた。
気の毒に 茸も巻き添えを食って災難だった。
f0208666_17511941.jpg


レンジャク場所には今でも連日群衆が集まっている。
f0208666_1752179.jpg


レンジャクは前回たくさん撮ったので 今回は儀礼的に
何枚か撮って いつもの散策コースへと向かう。
聞いてみたら この日は2羽しか出なかったらしい。
f0208666_1755752.jpg

f0208666_17552587.jpg


シロハラが下に降りて餌探しの最中だ。
f0208666_17575855.jpg


ヒヨは枝に止まって出始めた新芽をついばんでいる。
そう言えば我が家の畑の菜っ葉もヒヨに食べられて
かなりの迷惑を蒙っている。
f0208666_1802171.jpg


四十雀も同様に新芽を食べている。
相変わらずシジュウカラらしいスタイルで食事中。
f0208666_1814916.jpg

f0208666_182223.jpg


草原の藪にシロハラらしいのが居た。
双眼鏡でのぞくと腹が赤っぽい。 んん アカハラかな?
f0208666_1834925.jpg


もしかしたら今年最後の姿になるかも知れないモズが居た。
常連は少なくなった感じではあるが その割に新顔が少なく
なんかさびしい気がする今日この頃です。
f0208666_1863324.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2013-03-23 18:12 | Comments(8)
このところ寒暖の差が大きかったり予想外の強風が
吹き荒れたりのお天気が続き大変でしたが、ようやく
我が家にも春が訪れてまいりました。
昨日(16日)は 例年より半月ほど早く小彼岸桜が
咲き始めました。
東京のソメイヨシノと一緒でしたね。
f0208666_15425654.jpg

f0208666_15431253.jpg


「グミ」の花も数日前から咲いています。
これは小さな花で 小豆粒ほどの地味な色の花です。
f0208666_1545155.jpg


これはカイドウ まだ咲いていませんが、ここ2~3日で
急激に赤味を増して 明日にも咲きそうです。
これが咲くと庭全体が明るくなります。
f0208666_15473813.jpg


アンズの花も今日の午後 咲き始めました。
桜より幾分赤みが強く 満開になると大変美しい色になります。
f0208666_15494692.jpg

f0208666_15501094.jpg


以上 春が来た! でした。
[PR]
by s-tamagoro | 2013-03-17 15:55 | Comments(5)

冬鳥

庭に今年もクロッカスの花が咲いた。(3月6日)
最近の年平均では3月11日なので 一週間ほど早い開花だ。
f0208666_16492819.jpg


山茶花はもう殆ど終わりの時期 それでも残り花を求めて
メジロが蜜を舐めに来た。
「蜜も美味しいけど ローズマリーの香りもいいな~」
f0208666_1652405.jpg


レンジャクの後 暫くぶりで鳥撮り散歩に出掛ける。
まだ山に帰る時期が早いのか冬場常連のモズが現れた。
f0208666_16555211.jpg


シメも何時でも見られると思ったが 夏場は北に行くらしい。
そう言えば夏羽と冬羽の2着を持っているとの事。
f0208666_16583411.jpg


オナガは一年中見られるが 用心深い鳥なので接近して
撮るのは難しい鳥だ。
声は悪いが地味で美しい鳥だと思う。
f0208666_170345.jpg


小さな池が3個並んでいる所にコガモの姿が見られた。
ここでは初めて見る鴨だ。 しかもオスが2羽。
f0208666_173369.jpg


この池にはカルガモが住み着き ハシビロは冬場の長期逗留。
コガモに挨拶もせず 水面に嘴を突っ込んでペアで食事中。
f0208666_1752999.jpg


今年は例年になくアカゲラが多く見られた。
今回も一羽ではあるが 雄のアカゲラが出迎えてくれた。
f0208666_1772345.jpg


撮影を終えて駐車場まで来ると 脇の空き地にマヒワの群れが
盛んに落ちている木の実をついばんでいた。
その数は20~30羽 5m程近付くと一斉に飛び上がるが、
こちらが動かずに立ち止っていると20秒程で戻ってくる。
望遠では近すぎて撮れないので仕方なく後戻りして距離を確保。
斜光で撮りにくかったが こんな経験は初めてだった。
f0208666_17142175.jpg

f0208666_17143661.jpg

f0208666_17145299.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2013-03-13 17:21 | Comments(8)
山茶花の花も今は終末の頃となった。
その隣に生えている椿の木に一輪だけ初開花した。
f0208666_11244247.jpg


3月6日 暖かい快晴の日 いつもの通り秋ヶ瀬公園に出撃。
通常の散策コースは最初に通るのがレンジャク場所。
相変わらず大勢のカメラマンが居る。
ところが何か様子が慌ただしい。 おお 連雀の大群だ!
群衆の中であっても こんなチャンスは逃す事は出来ない。
先着の大砲の間を潜り抜けて場所を確保。
f0208666_1124918.jpg


レンジャクは20羽位の群れ 宿り木の付いた大きな木に
とまって実を食べたり休息したりの平和な環境。
このペアは兄弟なのか べったりと並んで座り その動作も
一緒で面白く可愛いものだった。 右向け 右!!
f0208666_11303732.jpg

f0208666_1131616.jpg


レンジャク達は すぐ下の大きな木の根元にある洞に溜まった
水を飲むために下に降りてくる。
レンジャクが集まるのは水場が条件らしい。
水場では仲良く飲むのと 喧嘩争いをするのと両方見られる。
f0208666_11344899.jpg


枝に止まっている時はいつも明るい方に向いて座る。
カメラは太陽を背にする方向なので レンジャクの姿は
殆どが正面向きで美しい側面が見られない。
何とか横向きのレンジャクを探して撮るのも大変だった。
f0208666_1139517.jpg

f0208666_114014100.jpg


撮り始めて2~30分 いい加減飽きてきたので いつものコースの
散策に出かける。
後から聞いたところによると その直後にオオタカが出現し
一羽のレンジャクを捕えたとの事 もちろん大群は飛散。
その場面を撮った人も居るらしく 私は本当に残念だった。
レンジャクも暫くの間恐怖の場所に戻らないかもしれない。

今日は思わぬ場所にルリビタキを見付ける。
でも やはりメスは現れなかった。
半逆光の位置だったので 撮りにくかった。
f0208666_128542.jpg

f0208666_1282923.jpg


薄暗い藪の中に何やら動いている鳥を発見 なんとウソ達だ。
地べたを漁って歩くウソは初めての経験。
虫や草の実なども食べるらしい。
雌雄両方とも撮る事が出来た。
f0208666_1212557.jpg

f0208666_12121981.jpg


コースは再びレンジャク場所を通るが 居なくなったのか
カメラマンが散ってゆく姿が見られた。
この直前 前記の大事件が起こったらしいが 当然ながら
私は何も知らずに通り過ぎた。 残念!
[PR]
by s-tamagoro | 2013-03-09 12:25 | Comments(10)
ようやく暖かい日が訪れて 色々の花が咲き始めた。
一週間ほど前の まだ寒い朝 ムクが朝のうちに水を
のみに来た。
鳥の水飲み場の石臼には氷は張っていて飲めない。
f0208666_181362.jpg


続いてヒヨも水を飲みにやってきた。
氷を見て「ちぇっ 今朝も駄目か・・・」
ふてくされて後ろ向き すぐ退散した。
f0208666_1842287.jpg


そんな寒さも緩み 久し振りに鳥撮りに出撃。
現地に着くと早々にアカゲラのメスが出現した。
メスを撮るのは久し振りだ。
f0208666_1863198.jpg

f0208666_1864638.jpg


次に現れたのは常連のシメ。
f0208666_188378.jpg


いつもの散策コースの東端はルリビタキの場所。
待つ事もなく いつも顔を見せてくれる。
でもここでメスに出会った事が無い。撮りたい。
f0208666_18102015.jpg


その後 目の前に鳥は現れてくれない。
仕方なくレンジャク場所に行って見るがここも留守。
諦めて帰ろうとしたら なんと苦手なキクイタダキが
現れた。
早速カメラを向けたが すぐに飛散してしまった。
f0208666_18134613.jpg


証拠写真にもならず 今日はこれでおしまいにする。
帰宅した折 南の空にへんてこりんな雲があった。
平べったい飛行機雲が気流の加減で捻じれたんだろうか?
f0208666_1816268.jpg


夕刻になった頃 西の空に飛行機が燃えながら落ちてゆく。
まさか燃えている訳ではないが 真っ赤な飛行機雲が
素晴らしく美しく見えた。
f0208666_18193575.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2013-03-05 18:22 | Comments(8)