ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

たまには出掛けないと

鳥撮りの場所は何処も不調の様で出掛ける気がしない。
それにヘボ用が重なり 時間的に自由が利かない。
やっと数時間の余裕を見付け 近くの金山貯水池に
行って見た。
前便のとおり 珍しいアリスイが出ているのであるが、
あまり面白味のある鳥ではない。
貯水池周辺は日当たりも良く 梅の花が咲き始めている。
f0208666_19323595.jpg


現地に着くと早速シメが挨拶に出てくれた。
f0208666_1933376.jpg


続いてアオジも出てきた。
f0208666_19335043.jpg


アリスイの場所に行って見ると 今日も草むらの中で
餌を探して歩き回っていたが なかなか姿を見せない。
一瞬姿が見えたので やっと一枚撮れた。
f0208666_19362780.jpg


アリスイの撮影は 兎に角根気と忍耐が必要である。
食欲を満たして樹上に上がって来るまで 待つ訳だ。
待つ事20分程 やっと飛び上がったが小枝が邪魔な位置。
f0208666_19401344.jpg

f0208666_19402867.jpg


あまり面白くないので場所を変え 畑の方に行って見る。
予想通りジョウビタキ♂が一羽 畑を歩き回って餌を
探していた。
f0208666_194401.jpg

f0208666_19441258.jpg


他に鳥の姿も見られないので帰る事にする。
その時 突然目の前の木の枝に何かが飛んできて止まった。
咄嗟に望遠を向けたが近すぎて全身が入らない。
f0208666_19461895.jpg


急いで静かに数メートル後退 可愛いジョビコを撮って今日は終了。
f0208666_19481585.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-01-30 19:54 | Comments(12)

寒い朝 恒例の風景

寒い日が続き 太平洋側にも雪の情報が聞かれる今日この頃。
朝 窓を開けるとヒヨとキジバトが水を飲みに来ていた。
でも生憎 水飲み場は氷が張り詰めていて飲めない。
f0208666_11223744.jpg


仕方が無いので私は外に出て氷を壊してあげる。
鳩もヒヨも一旦退散したが ヒヨがすぐに戻ってきた。
f0208666_112593.jpg


この寒さの中 屋外では飲み水の確保は出来ないだろう。
夢中で水を飲んでいるヒヨ。
f0208666_1127716.jpg


水を飲んで落ち着いたヒヨは波平さんのちょぼ髪に止まり
山茶花の蜜と花粉を狙う。
f0208666_11292155.jpg


山茶花も今は終盤の時期 遅咲きの花を選んでティータイム。
f0208666_11313752.jpg


ヒヨが居なくなると 今度はメジロがやってきた。
f0208666_1133577.jpg


暴れん坊のヒヨが居なければ メジロもゆっくり食事ができる。
いつも2羽で行動しているが 兄弟かペアか判らない。
f0208666_11354323.jpg


スズメも毎朝やって来るが 水場にはほとんど来ないで、
芝生に撒かれたご飯粒を拾いに来て居るのだ。
まず偵察隊が数羽やってきて安全確認。
f0208666_11382333.jpg


体の大きいキジバトが先着すると(これも2羽で来ている)
ご飯粒の大半が食べられてしまうが 今朝はスズメが先だった。
f0208666_11415100.jpg


3~4羽の四十雀が来たので注意して観察していると なんと
ことし2回目のコゲラが混じっていた。
ハナミズキの幹に止まって 木の健康状態を打診してから
どこかに行ってしまった。
f0208666_11451145.jpg


水仙が暫く前に咲き始めた。 メモを見たら1月7日開花
私なりに開花を目撃した日を開花日として数年間記録を続けている。
そして平均開花日を決めているが これは公式のものではない。
ちなみに水仙の平均開花日は1月13日 椿は3月9日です。
f0208666_11515257.jpg


椿はまだまだ固い蕾ではありますが 先端がちょっと赤く
なってきた感じの蕾も見られます。
f0208666_1153961.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-01-19 12:10 | Comments(13)
先日 笑様から「アリスイを撮って 見せてください」という
超難問を頂戴してしまいました。
私も10年近くの間 一度だけ姿を見てボケボケ写真を一枚
撮った事があるだけでした。
丁度今 アリスイが出ているという話を聞きつけ、さっそく
出掛けてみました。
噂の場所に行くと数人のカメラマンが ポイントと思しき場所
に待機しています。
私もその中に混じって様子を見ました。 でも気配なし。
暇な時は何でも良い 目の前に来た四十雀をパチリ。
f0208666_21462943.jpg


次に逆光の中 来たのがお馴染みさんのアオジ。
f0208666_214783.jpg


アオジはすぐに向きを変えてくれた。 「これでどう?」
f0208666_21494855.jpg


誰も撮らないスズメが来た。 でも至近距離では格好が良い。
f0208666_2152246.jpg


到着してからおよそ1時間 近くに居たカメラマンが「来た!」
と小声でつぶやいた。
其処は草むらの中 こんな所で蟻や虫を捕っているんだな と
生態を憶測する。 これは撮るのが難しい。
ちなみにアリスイはキツツキの仲間だが 変わり者なんだ。
f0208666_2157010.jpg


それ以後30分程 やっと樹上に舞い上がり姿が見えた。
f0208666_2159147.jpg


充分餌を食べたのか 枝に止まって羽繕いをしてリラックス状態。
f0208666_220428.jpg


その後 暫くの間動きは無く場所も悪く良い写真にならない。
今回はこれで諦めとする。
f0208666_22664.jpg


カシラダカも同様に草むらの中を歩き回って餌を探す。
時折全身を見せたり 枝に止まったりした瞬間を逃さず撮る。
f0208666_2281944.jpg


ジョビコも居たが これも強い逆光の状態。
f0208666_2294968.jpg


ツグミさんも挨拶に来てくれた。
f0208666_22102745.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-01-15 22:20 | Comments(9)
昨日(8日)午後から曇り雨との予報だが 朝のうちは好天
暫くの時間はチャンスと思い 近くの金山貯水池に出掛けた。
最近は手入れ過剰で野鳥には環境惡化となり不評の場所。
我が家から2km クルマで5~6分の好環境の位置だ。
貯水池の周辺には樹木の畑があり 生け花用の木の枝や花を
栽培しており ここはキジの生息場所でもある。
超早咲きの梅の蕾が膨らんで出荷を待っている状態だ。
f0208666_957711.jpg


梅や桃の木の他にスズメのなる木もある。
40個ほど 「スズメの実」がなっていた。
f0208666_9595548.jpg


スズメの実は鷲や鷹に狙われやすいので 当番が枝の天辺で
用心棒をしている。
f0208666_1023556.jpg


池の脇の石の上に小っちゃくて可愛かったミドリガメの成れの果て
アカミミガメが日向ぼっこをしていた。
f0208666_1032345.jpg


最近はカルガモしかいなかったが、今日はオナガ鴨がいた。
f0208666_1055990.jpg

f0208666_106113.jpg


少し離れた所に これも暫くぶりのコガモが5羽程居た。
f0208666_1072325.jpg


池の縁ではスズメが一列になって行水中だった。
スズメは砂浴びと水浴びとどちらが好きなんだろう?
f0208666_1095777.jpg


ここはカワセミの場所 10回訪れても8~9回は見られる。
「今日はカワセミしか居ないや・・」という贅沢な場所。
今回も6~7mの至近距離で ばっちり素顔を拝見できました。
f0208666_10142015.jpg


ここではあまり見ないシメも姿を見せた。
枝が密生していて 条件が悪い。 証拠写真程度。
f0208666_10161699.jpg

f0208666_10163547.jpg


土手の斜面に5~6羽のアオジが餌探しをしていた。
この状態では写真写りは悪い やはり枝に止まった姿が本物。
f0208666_10185530.jpg


ジョウビタキのペアを見付けたが 肝心の雄は飛散。
のんびりのジョビコだけ撮れた。 今回は予想外の収穫だった。
仲間の話では 朝のうちアリスイとカシラダカがいた と
聞いた。 鳥種も増えて来た様だ。
f0208666_10233559.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-01-09 10:29 | Comments(10)

主役の居ない初撮り  

明けましておめでとうございます。
いつも皆様からは情報や知識を頂き 楽しく拝読。
更に楽しい会話のやり取りが特に嬉しいものです。
本年も愚作のブログですが 宜しくお願い致します。

年末年始の2日間 親族が集まり台風並みの騒々しさ。
飲んで食べてテレビや孫のトランプのお付き合い 等
とても健全な日々とは言えない状態が続く。
でも台風が去って やっと平生に戻りました。
そこでやっと腰を上げて 今年初の鳥撮りに出陣した。

初日の出ではないけど 新春の富士山を最初に撮る。
(恒例の秋ヶ瀬の西端部から)
f0208666_1794674.jpg


昨年に引き続き やはり野鳥は少ない。
そう言えば昨年は何度「鳥が居ない」と書いたんだろうか。
確たる原因も不明のまま 挨拶代わりに口にする言葉は
「居ませんね~」「どうしたんでしょうね?」
この際 鳥なら何でもいいや・・・ おや モズが居た。
f0208666_17164978.jpg


池の脇の木の上にアオサギが一本足で止まっていた。
f0208666_1717717.jpg


野外では全くカメラを向けないのがカラスとヒヨ。
それでも今日は感傷を捨ててヒヨも撮る。
f0208666_17191034.jpg


キジバトも見向きもされない部類だが 今日だけは撮る。
f0208666_17204067.jpg


貴重なジョウビタキの雄が目の前に来た。
カメラを向けた瞬間 頭上の枝に来てしまった。
腹しか見えない最悪のアングル そしてすぐ飛び去った。
f0208666_17233662.jpg


場所を変えて久し振りにベニマシコ場所に行って見る。
その途中 又も常連のモズ 居れば撮るが追掛けて撮る事は無い。
でも絵になる鳥のひとつだ。
f0208666_1727214.jpg


1時間程ベニマシコを待つが現れない。
退屈なので水辺に居たツグミさんに遊んでもらう。
f0208666_17284774.jpg

f0208666_172944.jpg


諦めて帰る事にする。
途中で木立の中にカワラヒワらしきのを見付けるが失敗。
f0208666_17321024.jpg


更におまけのシメの姿を見て 主役の居ない初撮り終了。
f0208666_17345654.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-01-03 17:58 | Comments(8)