ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ミミズクの仲間 トラフズクの居住する場所は以前から
知っているが いつも竹藪の中でなかなか姿を見せない。
昼間は動かない鳥なので そこに見えないとここは諦め。
ところが今回は到着と同時に竹に止まって全身が見えた。
これはラッキーと 急いでカメラをセットする。
f0208666_14352562.jpg


丁度日当たりが良く 撮影には最適だがトラフズクは日光が
まぶしいので目を開けない。
何とか赤い目玉を撮りたいと注視し続けるが目は開かない。
ちょっと頭を動かした時に一瞬目を開ける様だ。
距離もあるので 双眼鏡でも確認しにくい。
目を開けたと思われる瞬間を何枚か撮ってドアップした。
f0208666_14414394.jpg


一時間程トラフズクのお付き合いをして 仲間の情報を頼りに
レンジャクが出ていると言う場所に移動。
ここでも到着したばかりの時 6羽のレンジャクが現れた。
全体像は撮れないので一羽ずつ撮った。
f0208666_1446886.jpg


すぐに近くの宿り木の実を食べ始める。
今年は此処の宿り木の実は出来が悪く 不作の様だ。
f0208666_14481250.jpg


時折 下の草むらに降りて何かを探したり様子を伺ったりしている。
f0208666_14491172.jpg


10分程でレンジャク達は何処かに飛散。
ところが 又も遭遇した仲間からPの方に出ているよとの情報。
再び そちらに急行すると既に数名のカメラマンが撮っていた。
f0208666_14565686.jpg


十数羽のレンジャクが若葉の輝く柳の木に止まっている。
そして柔らかい葉っぱの新芽をついばんでいた。
f0208666_1458214.jpg


草の実や柔らかい葉っぱをたくさん食べたのか休息中。
f0208666_150956.jpg


この群れも10分位で移動したが その先は近い様なので
カメラを担いで 急いで追跡を始める。
途中でホオジロらしいのが一羽 真正面なので正体不明。
f0208666_153057.jpg


ようやく追い付いたところは大きな木に巻きついた太いつる草。
名前は知らないが 青黒い小さな実が沢山付いている。
それを食べに群れで移動した訳だ。
f0208666_1553870.jpg

f0208666_1563683.jpg


もう日没も近い時間 低い逆光の中でシルエットを撮って今日は終了。
f0208666_157564.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-03-26 15:16 | Comments(12)

雨が上がり 春到来

雨上がりの後は強い北風が吹き付けるが天気は良好。
少しの時間を見付けて近くのテリトリーに出陣した。

なんとものどかな早春の風情 カルガモが仲良く休息中。
f0208666_10543482.jpg


当地の住民 カワセミさんが最初に歓迎してくれる。
これからは繁殖期に入り メスへの餌のプレゼントが
見られる時期に入る。
f0208666_10564123.jpg


土手の斜面の草むらに いつものアオジが採餌中だった。
f0208666_10573324.jpg


この場所でも常連のジョビ子が いつも顔を出してくれる。
f0208666_10592132.jpg


湿地の中の沼で騒がしい水音。 見ると大型のカエルが
数匹で混戦中。 これも産卵を前に雌の争奪戦。
沼の奥なのでドアップでの拡大写真。
赤ガエルか牛ガエルか 私には判らない。
f0208666_11338.jpg


この一角ではキツツキはおろか 他の野鳥も見当たらない場所。
そこに なんとキツツキの掘り開けた多くの穴があった。
コゲラの仕業だろうか・・・・ ここにキツツキ?不思議。
f0208666_1163744.jpg


林の中には多くの椿が咲き始めていた。
数種類の花が見られたが これは藪椿? 私には区分同定不能。
f0208666_1184570.jpg


水仙に止まる黄色い蝶 このアカタテハは今季 初見初撮り。
f0208666_11103364.jpg


水仙の群落の脇にニラ水仙を発見 これも初見初撮りでした。
f0208666_11115635.jpg


鮮やかな黄色の花を付けた木が幾本かある。
サンシュユの花が真っ盛りだった。
f0208666_11131147.jpg


これも鮮やかな濃いピンクの花。
桃の花かと思ったが 近寄ってみると紅梅だった。
f0208666_11142823.jpg


カメラマン達はカワセミとアリスイを撮ろうとしているが、
その多くは待つ時間。
暇なので訓練を兼ねて 頭上を通る飛行機を狙っている。
私も上を見るとカラスと飛行機のニアミスが発生中。
黒いカラスが赤くなって「気を付けろ!」と怒鳴っていた。
f0208666_111769.jpg


続いて飛来した軍用機 私は急いで高い木に登り上から撮影。
 嘘です。 (^_^.)
でも皆さん飛行中の機体を上面から撮った事がありますか?
飛行場ならいざ知らず。 これは滅多にない映像ですよ。
(本当は旋回中でした) 
f0208666_11225366.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-03-23 11:37 | Comments(6)

天候が回復    

やっとお天気は春らしくなったけど 一昨日辺りまで
寒かったり雨が降ったりで出掛ける気にならなかった。
仕方なく家でテレビを見たり庭を観察したりしていた。
ツグミが一羽 この子は最近 毎日現れる。
そしてドウダンの根元から出ている枝の上がお気に入り。
f0208666_16275434.jpg

f0208666_1628688.jpg


ここは雨風が当たらず 足場も良いので大好きな場所。
ゆっくりくつろいだり羽繕いをしたり 長い時は30分も
この枝に居座っている。
f0208666_1632549.jpg


そんな時突然 これもいつも来ているキジバトが出現。
ツグミも一瞬緊張の構えをとる。
f0208666_16352537.jpg


キジバトはツグミを無視してさらに接近。
ツグミは キジバトはおとなしく危険ではない事を
知っているが、それでも警戒して注視し続けている。
f0208666_16391973.jpg


キジバトは ツグミを無視して更に接近 30㎝程まで
近か寄ってきた。
流石のツグミも恐怖のあまり羽を逆立てて極度の緊張。
f0208666_16414952.jpg


その後も同じ場所にツグミとキジバトは毎日やってきて
今では仲良く一緒に歩き回っていますよ。

クリスマスローズの紫色も咲き出しました。
f0208666_164591.jpg


我が家に春を告げる花の代表 クロッカスが咲き始めました。
f0208666_1646625.jpg

f0208666_16461948.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-03-17 16:56 | Comments(8)

先週の秋ヶ瀬

雪の心配が無くなったのに 金シャラの防雪パラソルが
撤去されないままになっていた。
梅にウグイスならぬ 梅にヒヨ 背景は野暮なパラソル。
f0208666_16513921.jpg


クリスマスローズの白と紫が咲き始めたが 下向きに
咲くので 何とも撮りにくい花だ。
f0208666_16533691.jpg


フキノトウは例年より一か月も遅い。
今年の冬は何か変な感じがする。
f0208666_1655031.jpg


フキノトウとアシタバは今年の第一回目の収穫。
f0208666_1656886.jpg


さて 野鳥の部は以下が一週間前にUPする筈だったが、
北本自然公園の野鳥を先行させたので、順序が狂ってしまった。
秋ヶ瀬にベニマシコを撮りに行ったのだが、遠くて駄目。
仕方なく水辺を散策。
マガモの集団が見られ オスの首は特に美しい。
f0208666_171356.jpg

f0208666_1714988.jpg


コガモの姿も見られた。
f0208666_1722884.jpg


見ていると思わぬ「キンクロハジロ」の雌が2羽。
ここでは勿論 私は初めての対面初撮りであった。
オスも撮りたかったが この2羽だけしか居なかった。
f0208666_1783221.jpg


今日も不調 早目に帰路に着く。
途中で餌探し中のアオジを見かけた。
f0208666_1793834.jpg


近くにカシラダカも居り 枝の上で休息中だった。
f0208666_1711153.jpg


コゲラちゃんが居たが後ろ向き。頭の側面に赤いリボン。
この赤いリボンはオスだけの特徴。
f0208666_1712552.jpg


パソコンの不調 なんとか解決し通常に戻りました。
当方はずぶの素人 お許しください。
[PR]
by s-tamagoro | 2014-03-14 17:19 | Comments(8)

北本自然公園の野鳥

先日 かねてより野鳥が豊富と聞いている北本自然公園に
環境と状況を下見してきました。
現地のカメラマンや先輩方にポイント等をご教授頂いて
下準備完了。
そこで常連の友人を誘って 月曜日に早速出陣しました。
出発して40分 道が細くて判りにくい道順ではあるが無事
到着し 早速撮影を開始。

早々にジョウビタキの雄が 枝の上から歓迎の挨拶。
f0208666_10345594.jpg


アオジも同様に歓迎の挨拶に出てくれました。
(ちょっと逆光気味)
f0208666_1037741.jpg


この沼地は格好の餌場みたいで アオジやシロハラ等が
葉っぱをひっくり返して虫等を探している。
日当たりの悪い暗い場所が餌場なので とても撮りにくい。
f0208666_10395695.jpg

f0208666_10401353.jpg


本命の7#の標識のある場所に到着する。
待つ事30分 天気予報通り好天から急激に曇り空と
冷たい強風の環境に変化。でも色の良いルリビタキ♂が
目の前に現れてくれた。
3mから5m程の位置で 条件は良かったのだが暗い。
f0208666_10464786.jpg


湿地に降りたり枝に止まったり 誠に忙しい奴だ。
f0208666_10483253.jpg


4~5人のカメラマンを恐れることなく 至近距離の枝に
留ったりして 遠来の客に大サービスしてくれた。
f0208666_10515129.jpg


30分程もルリ君に遊んでもらい 本当に楽しかったが
快晴の状態なら 最高の衣装を着て出演してくれたのに
その色具合も最高なんだろうが ちょっと残念。
遠方の枝にアリスイが来たが 距離もポーズも最悪。
f0208666_10585840.jpg


沼の岸の湿地でカシラダカが餌探し中だった。
f0208666_10595871.jpg

f0208666_110111.jpg


遠方にコゲラちゃんが居たが 様子を見ていると突然
目の前の枝に来て 一瞬曲技を見せてくれた。
f0208666_111573.jpg


ここでもジョビ子が食事中 今日は此処までで終了した。
f0208666_115415.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-03-11 11:12 | Comments(8)

小雨の合間に

これは万作の花には違いないが とりこ様の情報から
初めて聞く名前の シナマンサクと言う事が判った。
でも こちらは枯葉が残っていない。 別種?
f0208666_15511487.jpg


このあたりはスズメの集合場所 恒例のスズメの成る木が
いつも見られる。
f0208666_15533925.jpg


ムクドリのペア 多くは草原を歩き回っているが
木に止まっている場面を見るのは少ないかも知れない。
f0208666_15543964.jpg


いつも縄張りを巡回している多忙のモズさん。
今日は悪天候にもかかわらず色が良い。
f0208666_1555509.jpg


大岩の上にジョビ子の姿が見られた。
この大岩は30トンもあるだろうか これを持ち帰ったら
素晴らしい庭石になるんだが どうして運ぶ??
f0208666_15583730.jpg


土手の草むらにアオジが餌探しをしていた。
これも地べたでなく枝に止まった姿の方が綺麗だと
思うのだが 食事中では仕方が無い。
f0208666_1611176.jpg


餌場はアオジもツグミも同じ場所だ。
又も「何か用?」と言われないうちに退散。
f0208666_162591.jpg


池に行って見ると今年も鴨など水鳥の姿が少ない。
今日はカルガモと このオナガ鴨しかいなかった。
f0208666_1642478.jpg


久し振りに餌探し中のコサギに逢う。
f0208666_1653766.jpg


水草の生える岸辺を探すと 予想通り御馳走の大きな
アメリカザリガニをGET。
f0208666_1674747.jpg


対岸の岸辺に 何やら赤っぽいのが早足で移動中。
どうやらアカハラらしいが 一枚撮っただけで通過した。
f0208666_1695175.jpg


今夜 関東近辺に雪が降るかも知れない という予報。
70cm程の球形の庭木「金シャラ」は雪に弱いので、
傘をさして防護。
この梅も2月初めに咲き始めたが 不順天候が続いたので
やっと今が満開の状態。こんなこと初めてです。
f0208666_16144133.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-03-02 16:29 | Comments(8)