ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春のお天気

暖かい日が続いているが 春のお天気は気まぐれだ。
庭の藤の花が満開となり見頃となった。
三尺藤と言いたいところだが 大きい房で60cm、
小ぶりな房は40cm程。
f0208666_15305238.jpg


陽気が良いので近くの貯水池に出掛けてみた。
池に続く湿地に オタマジャクシ達が群れていた。
写真の中央下に大型のオタマジャクシ 上方には
メダカが数匹同居していた。(どれも数は多数)
大小の幼生は 成長したらどんなカエルになる事やら。
f0208666_15344041.jpg


モズが細い枝にに止まっていたが 強風にあおられても
平然と耐えている。
f0208666_15364843.jpg


もう今季は見られないかな と思っていたアオジ。
まだ山に帰らず 暢気そうに餌探しをしていた。
f0208666_15425138.jpg


他に鳥の気配も無いので カワセミ場所に行って見た。
予想違わず 早速カワセミの姿が見えた。
繁殖期のセレモニーも見られる様だが そこで一日も
暇を潰す訳にもゆかない。
華麗な姿を何枚か撮って 今日はおしまい。
f0208666_15461830.jpg

f0208666_15463013.jpg

f0208666_15464356.jpg


その日の夕方近い時間 我が家の庭にアオジが来た。
いつものスズメかと思ったが、よく見たらアオジだ。
長年見ているがアオジの来訪は初めての事だ。吃驚!
f0208666_15495461.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-04-28 15:56 | Comments(6)

4月も後半に

近所の川沿いの林や畑のある一帯を散策した。
黄色い花と見まがう「ノウルシ」が一面に咲いている。
黄色い部分は花でなく 新芽の色なのだ。
f0208666_17232966.jpg


最近はあまり見かけない「矢車草」を見付けた。
これと「百日草」は昔を思い出す懐かしい花だ。
f0208666_17245674.jpg


畑の脇に 少し遅れた時期の桜が咲いていた。
ちょうどおばあさんが農作業をしていたので、聞いてみた。
「これは滅多にない桜でおじい様がこの桜をとても大事に
していた珍しい種類で 満開の時期には桜を知る人達が大勢
撮影に来るんですよ」と説明してくれた。
名前を聞いたんだけど 忘れてしまった。漢字が3文字だったが。
残念だが一文字も思い出せない。
f0208666_1735349.jpg

f0208666_17351540.jpg


ドウダンの花にクマ蜂が止まって蜜を舐めていた。
f0208666_1736919.jpg


畑に続く荒れ地の藪に 雌のキジを見付けた。
この一帯はキジが多く現れる名所のひとつだ。
f0208666_17383853.jpg


そのうち立ち上がって土を引っ掻いている。
様子を見ていると なんと砂浴びを始めた。
スズメの砂浴びとは比較にならない豪快さだ。
キジの砂浴びなんて初めて見る姿であった。
f0208666_17415981.jpg


その先5m程の位置に雄のキジも居たので全身像を撮ろうと
粘ったが ついに全身を見せる事は無かった。
f0208666_1744427.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-04-23 17:46 | Comments(6)

業務の為 韓国へ

今月初めの頃 業務上の用事があって韓国のソウルまで
3日間の忙しい出張に行ってきました。
ブロブに載せようか止めようか迷いましたが、賞味期限
が切れる寸前 一応UP致します。
3日間のうち 1日だけ観光が出来ましたので 写真だけで
済みませんが 下準備もなく詳細な説明はできません。
f0208666_11272549.jpg


世界各地の 特にアジアの後進国において今はすさまじい
建築ラッシュで 至る所で高層アパートの乱立が目立ちます。
先日も中国辺りで高層アパートの崩落事故があり、安易な
建築物には大きな不安がある様です。
近い将来バブルも崩壊し 経済的にも心配な事です。
f0208666_11274465.jpg


今日は観光の日 ソウルから1時間程の所にある世界文化遺産
「水原華城」 水原の町を守る周囲4~5㎞を囲む城壁。
いわば万里の長城のミニチュア版 と言うところでした。
f0208666_11312253.jpg

f0208666_1131549.jpg


この後 景福宮と明洞などを見学しました。
f0208666_1212077.jpg

f0208666_11341880.jpg

f0208666_12191817.jpg

f0208666_11344626.jpg

f0208666_12131951.jpg


この遺跡に一角で偶然「カササギ」を見付けました。
案内人の話では 韓国ではこれを「ガッチ」と言うそうです。
そう言えば信州の一部ではカケスの事をガッチと言いますが、
なにか偶然ではないように思いました。
カササギの巣は街路樹などの天辺にバスケットボール程の
おおきな巣が幾つも見られました。
でも他の野鳥は殆ど見られませんでした。
f0208666_11393880.jpg


世界各地の宮廷で衛兵の交代のセレモニーが見られますが、
ここでもやっていましたよ。
韓国ドラマを見る機会も多く やはり親密感を覚えました。
f0208666_1143747.jpg

f0208666_12141933.jpg


ここは宮殿「昌徳宮」 王様のお住まいとなっていた所です。
f0208666_11451556.jpg

f0208666_12151581.jpg


殆ど予備知識もなく出掛けた観光も興味は半減。
やはりどんな時でも食べ物・飲み物に関しては興味は深い。
褒めるべきは韓国料理。 美味なカルビの食べ放題。
ビールはCASS・HITE・MAXと3銘柄を飲んでみた。
どれも昔のノンアルコールみたいで 口に合わない。
でも 濁酒の一種「マッコリ」は最高に美味かったですよ。
f0208666_11574718.jpg


これは有名な本場の「参鶏湯(サムゲタン)」
ニワトリが丸々一羽が煮込んである高栄養価料理。完食!
f0208666_122132.jpg


「三清閣」という昔政治家が夜の会合を重ねたという
高級料亭 ここで民族音楽を聴きながら宮廷料理フルコース
を頂く。 普段経験できない素晴らしい料理が続出。
f0208666_125217.jpg


最終日 業務をすべて終えて 金浦空港から羽田へ直行。
僅か2時間の距離 韓国は近い国だな~と痛感した。
f0208666_12155495.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-04-19 11:58 | Comments(8)

近況 春爛漫   

先日は前線の通過により 20mを超える強風が吹き荒れた。
椿の花びらもむしり取られて芝生を飾る。
f0208666_121913100.jpg

f0208666_12194894.jpg


エリカの花も11月末の頃から4月いっぱい咲いてくれる。
稀に見る長期間咲いている花だ。
f0208666_12213526.jpg

f0208666_12215149.jpg


我が家の庭は今が一年中で最高の時期だ。
私のたゆまぬ手入れの賜物と自負し 満足している。
f0208666_12233789.jpg


ドウダンの花も真っ盛り。
カメラを持ち出したら ムクが早速モデルになってくれた。
f0208666_12254698.jpg

f0208666_1225572.jpg


カイドウの花も今が最盛期。
f0208666_122772.jpg


これを見付けて早速ヒヨが来訪。
蜜と花粉を狙ってやってきた訳だ。
f0208666_12291067.jpg

f0208666_12292162.jpg


下には いつものムクの夫婦が食事にやってきた。
f0208666_12301744.jpg


6~7年前に北海道から届いたチューリップも咲き始めた。
植え替えをしなかったので 今では半分以下に減ってしまった。
f0208666_1233692.jpg


ランの一種だが名前は知らないが春蘭かも知れない。
殆ど手入れをした事が無く 咲いているのも気が付かなかった。
f0208666_12353459.jpg


イチジクは新芽が出るのも百日紅同様で一番遅い。
新芽の脇に小さな実(本当は花)も同時に顔を出している。
これも大きくなると又、害虫との争奪戦が始まる訳だ。
f0208666_12385067.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-04-13 12:43 | Comments(12)

春の風情    

このところヘボ用が重なり 用意しておいた写真も10日程も
発信できず 今 急いでUPの準備をしている訳です。
賞味期限切れ お許しください。

小彼岸桜もようやく見頃となってきた。
ソメイヨシノよりは1週間ほど早く満開を迎える。
f0208666_20281960.jpg


6年ほど前に植えたミモザの黄色い花も今が真っ盛り。
f0208666_20294324.jpg


アンズも小彼岸桜より一日遅れで開花したが、この花は
寿命が大変短く 1週間もしないで散ってしまった。
f0208666_2031839.jpg


グミの花も咲き始めた。
地味で目立たない花だが 味わいのある花だ。
f0208666_20323089.jpg


ヒマラヤ雪の下は 結構豪華に咲いている。
油断すると強い生命力で 広がり過ぎてしまう。
f0208666_20344312.jpg


ヒヤシンスが 庭のあちこちで咲き始めた。
f0208666_20353988.jpg

f0208666_20355136.jpg


鳥達は と言うと毎朝やって来る常連は幾つか居る。
朝一番にやって来るのがキジバトだ。
いつも親子連れだが 今日は一羽のみ。
f0208666_20382787.jpg


暫くしてやって来るのが単独のツグミさん。
水を飲んだ後 庭の土をほじくり返して餌探しをする。
f0208666_20401140.jpg


今日は珍しくジョビ子が現れた。
水は飲まず 暫く様子を見ていたが すぐにどこかに飛散。
f0208666_2042023.jpg


最後に来たのがヒヨの夫婦。
どちらが雄か 又雌か判りますか? 
私は右側の茶色っぽいのが雌で左が雄 と見ましたが、
皆さんどう判断されますか。ちなみにスズメは全く判らない。
f0208666_2046792.jpg


本当に水浴びの好きなヒヨ 心行くまで水浴びを楽しんだ後
どこかに飛んでゆきました。
f0208666_20482028.jpg

f0208666_20483667.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-04-08 20:56 | Comments(10)