ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先週 仲間と二人で急遽 県民の森に行って見ようか と
相談がまとまり 午後から出掛けた。
夕刻前「武甲の湯」という大型の温泉施設に到着。
宿泊施設もあるので 民宿よりは良いかなと考えて
そこに宿泊。
翌朝8時に山の上の県民の森に到着して探鳥開始。
道端にはヤマボウシの白い花があちこちに咲いていた。
f0208666_11403952.jpg


大きな朴ノ木?に あまり見かけない大きな花が咲いていた。
f0208666_1141387.jpg


通路の脇には平地では見られない「ヤマオダマキ」が
道端のホタルブクロみたいに多く咲いていた。
そう言えばホタルブクロは全く見られなかった。
f0208666_1144758.jpg


鳥の姿は極めて少なく 声はウグイスが多く聞かれ、他に
判別できない鳴き声も幾度か聞こえた。
キツツキのドラミングも数回聞く事が出来たが姿なし。
やっと遠方に何やら鳥の姿が・・・・。
急いで双眼鏡で確認 ややっ キビタキだ!
射程距離以上の遠方 それでもお宝拝見とばかりに連写。
大きく拡大して 結果はボケボケの証拠写真。
f0208666_1151315.jpg

f0208666_11511515.jpg

f0208666_1151279.jpg


直前にオオルリ情報があったので これを期待したが
影も形も見られず 仕方なく次回に来た時の準備として
新しい道とポイントを探索して歩いた。
秋冬になったら素晴らしいポイントとなるだろう場所を
いくつか開拓してから 泣く泣く帰る事にする。
一泊二日でキビタキに遭遇一度だけ!
帰り道は上を見ないで 足元を見ながら歩く。
コミスジ ヒメジャノメ 青糸トンボ達が慰めてくれた。
f0208666_11574910.jpg

f0208666_115813.jpg

f0208666_11581788.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-06-26 12:06 | Comments(7)

現在のキジバトの様子

キジバト夫妻は毎日 水を飲みにやって来る。
f0208666_1728314.jpg


豆を食べる事が判ったので 今は来る度に声を掛け
「ポッポー ポッポー」と繰り返し呼び掛ける。
何とか仲良くなりたいからだ。
f0208666_17285931.jpg


賞味期限の過ぎた節分の豆が残っていたので 捨て
る事無く鳩に与える事が出来る。
実に貴重な残り物であった。
f0208666_17342256.jpg


声を掛けながら徐々に私の近くに豆を落として
鳩を近寄らせる。
これを繰り返していると徐々に安心感が生まれて
今は1m程まで近づいて来るようになった。
f0208666_17374226.jpg

f0208666_17375619.jpg


腹を壊すほど多量には与えない。
習慣付けなので その都度声掛けと共に少量与える。
食べた後は所定の場所に戻り 頬を寄せ合いクチバシを
突き合いながら求愛の行動に移り 交尾が始まる。
f0208666_17471483.jpg

f0208666_17475468.jpg

f0208666_1748843.jpg


一仕事が終り 興奮冷めやらぬのか胸毛も逆立っている。
このところ種の保存の儀式は幾度も見られる。
再び産卵の可能性が出てきたが 今は2羽で遊び回って?
いるので抱卵はしていない。
f0208666_17553779.jpg


一段落すると今度は芝生に降り立って羽を広げて
寝転がり 炎天下で虫干しを始める。
それに芝生は冷たくて気持ちが良いみたいだ。
こんな行動は この場所に安心感を持っている証拠。
f0208666_17582387.jpg


そんな隙を見付けて早速 彼らの新居を覗きに行く。
皿型の巣は確実にできているが卵は無い。
それに環境は前回より悪く 上部に空間が開いており
日差しと猛禽の目に付きやすく ここも使わない可能性
があるし 鳩達はここに行き来していないので心配だ。
f0208666_185799.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2014-06-21 18:13 | Comments(8)

キジバト営巣 その後

テレビの電波もスカイツリーに代わり 機材も進化して
今までのテレビアンテナは使用しなくなった。
今では庭の景観を損なう存在なのでアンテナ用の電柱を
撤去してもらう事になった。
電柱撤去の意外と大掛かりの作業となった。
f0208666_9391238.jpg


第一回のキジバト営巣の失敗で大いに落胆 その後も
悪天候続きでひと月近く鳥撮りには出掛けなかった。
家に居る時はいつも庭に来る鳥達を観察しているが、
今はキジバトとムク・スズメ位しか見られない。
今朝もキジバトが水を飲みに来た。
f0208666_1031751.jpg


水を飲んだ後 暫くして戻ってきたが なんと又も巣の
材料の小枝を咥えている。
f0208666_9441261.jpg


幾度も繰り返し巣材の運搬を繰り返している。
すぐに新居建築場所はすぐ判った。
旧巣から6m程の位置にある小さな雑木の中で ここは
我が家に隣接する空き地の中。
〇印は前の巣 矢印の先端が新築中の巣。
f0208666_9492379.jpg


♪ ぽっぽっぽ 鳩ポッポ 豆が欲しいかそらやるぞ♪
鳩は豆を食べるだろうか? 神社の境内に居る鳩も
豆を食べているのを見た事が無い。
節分の時の豆が残っていたので芝生に撒いてみた。
やはり美味しそうに食べている姿を確認した。
f0208666_9554935.jpg

f0208666_956145.jpg


毎日午前中 相変わらず巣材を運んでいるが、前回の
失敗を考え 今は遠くから観察しているだけ。
f0208666_9584641.jpg

f0208666_959031.jpg


ブラジルでのサッカーが始まる。 日本対コートジボアール。
これからゆっくり観戦。
[PR]
by s-tamagoro | 2014-06-15 10:04 | Comments(10)

大事件発生!   

昨日の日曜日 友人に誘われてゴルフに行って来ました。
早朝 出掛ける際にすだれ越しに抱卵中のキジバトの
状態を確認。
あと数日で孵化する予定なので 連日のこっそり確認は
欠かせないが この時点までは異常はなかった。
夕刻前に帰宅してキジバトの巣を見たら何か異常だ。
皿型の巣に座り込んでいる筈のキジバトも2個の卵も
何も見当たらない。 大変だ!どうしたんだろう?
f0208666_16363872.jpg


早速脚立を立てて 内部を詳細に覗いてみた。
皿型の巣も荒れており 他には何の痕跡もない。
何かが巣を襲ったのか? 猫?野鳥?蛇?
無精卵で見込みが無く放棄 自分で食べた?
f0208666_16371793.jpg


この写真は一週間前の25日に一瞬の留守を狙って
撮影したもの。 ここまでは順調だったのだが・・・。
f0208666_1647632.jpg


今度は何かの手掛かりを得ようと 巣の周辺や下の部分を
徹底的に調査捜索をした結果 白くて柔らかい僅かな卵の
殻の破片と一枚の鳥の羽が見付かった。
f0208666_16502221.jpg


卵の殻はほぼ間違いないが この羽は誰のものだろうか?
早速 鳥の羽図鑑を調べてみた。
キジバトのページを見ると キジバトの羽の先端は赤か白の
部分が必ずあるが この羽は先端まで同色で合致しない。
300種が掲載されている羽を全数克明に調べたが該当なし。
f0208666_1657686.jpg


今日 キジバトが巣の近くのアンテナに止まって鳴いていた。
今回の当事者のうちの一羽であることは間違いない。
この鳩に詳しく事の成り行きを問いただしてみるつもりだ。

と言う事で 皆様のご期待を裏切る結果となり、心より
お詫びを申し上げます。
私自身の大きな期待と 庭にも出られない窮屈な環境の解放、
残念だったりホッとしたりの複雑な心境です。
f0208666_1753232.jpg


悲しい結末ですが 皆様には何か心当たりがございましたら、
小さな事でも結構ですから 教えてください。
私は子供の頃 抱卵中のニワトリに近寄り過ぎると親鳥は
卵を食べてしまうので側に行くなと言われた事があります。
[PR]
by s-tamagoro | 2014-06-02 17:24 | Comments(11)