ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今日は金曜日朝のうちから 天気予報通り初雪の日となった。
何時も現れる鳥達も不安なのか 殆ど現れない。
でも 激しい降雪の中 スズメだけは元気に飛び回る。
f0208666_1959547.jpg


雪の景色を撮りたいと思い スズメさんにモデルになってもらう。
f0208666_1959529.jpg


昼も過ぎた頃 雪は止んだ。
どこかで雪宿り(雨宿り?)をしていたポッポちゃんが今日も現れる。
f0208666_202986.jpg


いつもの通り ポッポー ポッポーと呼びかけると急いで近くに
やって来る。
f0208666_2031758.jpg


豆を投げると雪に埋もれてしまい でもそれを探して一粒ずつ
探し出して食べている。
f0208666_20191787.jpg

f0208666_2051346.jpg


豆を探して あちこち歩き回ると可愛い足跡がきれいに残る。
有名な俳句 「初雪や 二の字二の字の下駄の跡」
私も負けずに一句 「初雪や キジバト紅葉を散らしけり」
はい 御粗末!
f0208666_2084351.jpg


ポッポちゃんはお決まりの通り 食後は所定の場所でひと休み。
f0208666_20101067.jpg


芝生の雪も 凍りつかないうちに除雪する。
雀も見慣れない景色に緊張感が高まり 不安の為か絶えず
2羽で行動していた。
f0208666_2013735.jpg

f0208666_20132018.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-01-30 20:13 | Comments(10)
数日前から板橋区中板橋の石神井川沿いの桜並木に
迷い鳥の「カラムクドリ」が現れたと言う事で 大勢の
カメラマンが押し寄せたそうです。
仲間が近くに住んでいるので 早速行って見たところ
上手い具合にGET出来たそうで 早速何枚か送信して
くれましたので 御了解の上UP致します。
  1月27日撮影

カラムクドリは南の方の鳥で 迷い鳥として稀に見られる
と言う事で 5年振りとか10年振りという珍しい事らしいです。
そんな訳で 見られるのは これが一羽だけだそうです。
f0208666_1712475.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-01-28 17:14 | Comments(10)
昨年の秋の頃から バッタリとポッポちゃんは来なくなった。
それが嬉しい事に 2週間ほど前から 再び現れる様になった。
ポッポちゃんも以前みたいに豆を食べに来る訳だが、今は
以前より臆病な面も感じられ 私が大きく動いたり ガラス戸を
大きな音を立てて開けたりすると ひどく怯えた様子を見せる。

でも今は 朝食前の食卓の横のガラス戸の前に座り込んで
私が来るのを待っているのだ。
f0208666_21563996.jpg


少し意地悪をして知らんぷりをしていると 待ちきれないのか
部屋の中を覗き込んでいる。
f0208666_21581846.jpg


仕方ないので食事を始める前にガラス戸を明けて 豆を与える。
私との間隔はおよそ1m位だ。
f0208666_2203773.jpg


一度に与える豆の量は一握り 約20粒位かな。
ポッポー ポッポーと言いながら 一粒ずつ投げ与えている。
数年後に 手乗り鳩?になる事を夢見て(本当に夢みたいな話)。
f0208666_2225590.jpg


その時間は2~3分 終わると「おしまい」と言って戸を閉める。
ポッポちゃんはその後水を飲んでから 1時間程 芝生の上で
のんびりと羽繕いをしたり 居眠りをしたりして過ごす。
これが毎日 ポッポちゃんの日課の様に繰り返している。
f0208666_2272099.jpg


先日 午前中は所用があり 天気は良かったので昼過ぎから
秋ヶ瀬に散策に出掛けた。 (様子を見に・・・・・)
最初にシロハラが見られた。
f0208666_22101374.jpg


池にはハシビロ鴨の雄が1羽だけで 頭を水に突っ込んで
グルグルと廻りながら 食事中だった。
頭部の輝く緑色が美しかったのでカメラを向けたが、遂に
頭を上げたところは撮れなかった。
f0208666_22142034.jpg


池の端の方で雌らしい可愛いアオジが水浴びをしていた。
でも本当にアオジなのか ちょっと自信が無いな~。
f0208666_2218993.jpg


近くにカシラダカとアオジが居た。
毎回現れてくれる連中だが やはり居ればどうしても撮ってしまう
鳥達だ。
ヒヨやカラスと違って 可愛いからね。
f0208666_22205949.jpg

f0208666_22211321.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-01-26 22:28 | Comments(8)
日の出の頃 一番先にやって来るのは四十雀。
そして様子を見ながら最初に水飲み場にやって来る。
寒い朝 何時もの様に飲み水は凍っていて飲めない。
f0208666_12151559.jpg


「さて どうしよう・・・・」
しばしの間 呆然と立ちすくむ.
f0208666_12163111.jpg


次にメジロのカップルがやってきて 見通しのきく木に止まり
安全を確認する。
f0208666_12183724.jpg


異常がないと判るとすぐに山茶花の木に移動 蜜を舐め始める。
f0208666_12211184.jpg


次に来るのがムクの夫婦 樹の下や草むらで餌を探す。
時折与える和食に遭遇すると 早いペースで食い尽くす。
f0208666_1223379.jpg


それに前後してヒヨは必ずやって来る。
山茶花の木に止まっても 今は蜜ではなく山茶花の花弁を食べるのだ。
f0208666_131593.jpg


ヒヨは花弁だけでなく 花の中央にある黄色いオシベも食べる。
エノキ茸を頬張る見たいな様子だ。
下の花はオシベを食い尽くされたものだ。
f0208666_134388.jpg


前にUPした紅白の万両の実 ひと月以上も残っていた赤い実も
最近はヒヨが食べ始めた。
味が悪いのか保存の為なのか判らないが 今は原因不明。
咄嗟の撮影で不鮮明だが 確かに赤い実を食べている。
f0208666_1392084.jpg


今では万両の赤い実は もう食べ尽くしてしまった。
本当に赤と白の実の食べられる時間差は何でしょうね?
f0208666_13125745.jpg


昨日 西の空を見ると 相変わらず金星と水星(右の星)のペアの
景色がはっきりと見られる。
水星は金星よりもはるかに動きが早く 先週の接近していた時より
その間隔が大きく広がっているのが判る。
滅多に見られないこの大自然の演出も もうすぐ見られなくなる。
下は先週の酔っ払いカメラの映像 星の大きな動きを見てください。
f0208666_13223892.jpg

f0208666_1322505.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-01-21 12:24 | Comments(12)
暫く行った事のない北本へ行ってみたいと考えていたが 最近は
仲間の皆さんが北本の良い話を連載され 私も刺激を受けて早速
出掛けてみた。
大雨の翌日だったが その悪影響も無く鳥種はかなり濃い。
欲をかいて固定の大きな望遠を用意して出掛けたが 結果は失敗。
予想外に近くに大物が現れ 大き過ぎて画面に入らず 敏捷な山雀
等には自由が利かず翻弄され 散々な目に遭ってしまった。
今度の北本行きは超望遠よりも望遠ズームを用意してゆくつもりだ。
でも今回は成功半分 失敗半分の結果だった。
写真のドアップはトリミングでなく 画面からはみ出したものです。

湿地の上に伸びる枯れた葦にハクセキレイが止まった。
セグロかな?と思ったが 目の下が白いのでこれはセグロじゃない。
f0208666_18174212.jpg


白髪頭のジョウビタキ 雄。
f0208666_18182587.jpg


木の枝に逆さになって餌探し中のコゲラちゃん。
f0208666_18194410.jpg


日陰の湿地に溜まった枯葉を掻き分けひっくり返して虫を探すシロハラ。
f0208666_1820571.jpg


これも逆光の藪の中にアカウソを見付けたが 近すぎてどうにもならない。
光線も環境も最悪だったので 証拠写真程度。
f0208666_1824253.jpg


メダカのT字路付近の案内板に自己顕示欲旺盛のジョビコが 「これ 私です!」
f0208666_18262916.jpg


このあたりはジョウビタキが多く見られる。
f0208666_182796.jpg


お馴染みのカシラダカ 小枝がちょっと邪魔になるが仕方が無い。
f0208666_18274493.jpg


南口に近い⑦の場所は過去にルリビタキで良い思いをした場所だ。
夢よ もう一度 と思うが待っても来ないのがこの世の常。
そんな時 なんと!予想外のアオゲラがやってきた。
f0208666_18305839.jpg


構図やピントを合わせる間もなく 短時間で逃げられてしまった。
アオゲラさんには もっと余裕をもってきてもらいたいものだ。
f0208666_18325739.jpg


通路脇の藪に何やら飛んで来た。
見ると至近距離のシメ。 後ろに下がる事も出来ず半身だけの撮影。
f0208666_18354822.jpg


どうにもならず もたもたしていると 気が付いたシメは こちらを睨んで
「お兄さん 何か用?」 と凄まれた。  怖っ!
f0208666_18391343.jpg


⑥の通路脇の草むらの藪陰にキジの雌が座り込んでいた。
f0208666_19262729.jpg


ここも条件が悪く 暫く様子を見ていると 今度は雄のキジが現れた。
2羽が合流すると間もなく 連れ添って前方の藪に消えて行った。
f0208666_19282610.jpg


帰り道 通路の上でアオジが何やら丸い実を食べていた。
f0208666_19295895.jpg


アオジは何時も見かける常連さんだが 何とも美しい鳥だな~ と思う。
f0208666_1931682.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-01-17 18:39 | Comments(11)
暮れの頃にブログに書いたが 庭にヒヨが運んで来たらしい万両の木が
芽生えて 今では毎年 紅白の実を付ける様になっている。
最近は南天の実もハナミズキの実も無くなり 最後に万両の実が残るだけ
となった。
ところが 右側の白い実はすぐに食べられ 左側の赤い実は残っている。
新発見! 白い実は美味で赤い実は味が悪い事を発見した。
f0208666_1164237.jpg


メジロは毎朝早くからペアで休む事無く訪れる。
今日は午前中から雨が降り始めたが 山茶花の木は雨除けであり
おやつの場所でもある。
f0208666_11964.jpg


ヒヨも同じく毎日やって来る。
最近は花の蜜でなく 花びらを何枚も食べている。
鳥も結構野菜が好きなんだ。
f0208666_1111965.jpg


久し振りに 庭にご飯を撒いて給食の時間とする。
すぐにキジバトのポッポちゃんとムクが集合する。
ポッポちゃんはその後半年ほど姿を見せなかったが 最近再び
現れて 「ポッポ~ ポッポ~」の呼び声を忘れず近寄ってくる。
f0208666_11132829.jpg


ムクは必ずペアで行動している。
あぶれた雄が時折ちょっかいを出すが 夫婦の絆は固い。
両者仲良く 朝の和食を堪能している。
f0208666_11162783.jpg


スズメ達より体型が良いので 暫くすると完食。
この組み合わせは争う事も無く 仲良く食事をするがヒヨは駄目。
f0208666_1118189.jpg


桜の木に何やら雀ほどの鳥がやってきた。
双眼鏡で覗くと なんと! カワラヒワみたいだ。 有難い!
早速カメラを持って窓際に行って何枚か撮る。 背景は悪いが仕方ない。
一度も来た事の無いカワラヒワ 群れからはぐれた迷い鳥か。
f0208666_1124178.jpg
 

f0208666_11242082.jpg


先日はスポーツクラブの新年会 夕方 千鳥足?で帰宅途中に
西の空に滅多に見られない金星と水星の接近した姿が見られた。
左の明るいのが金星 右の星が貴重な水星の姿だ。
ポケットカメラも酔っぱらっているせいか 画面も歪んでしまった。
(電柱にカメラを固定したのだが・・・・・)   (^_^;)
f0208666_11303673.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-01-15 11:38 | Comments(9)
今日の天気は良いが 冷たい北西の季節風が吹きすさぶ。
こんな時は森の中を探索するしかない。
森の中に入ると太い木に巻き付いた どこにもあるつる草に
異様な果実がなっているのを見付けた。
つる草にこんな実が生る筈がない 何とも異様な感じだ。
f0208666_13638.jpg


近寄ってみると これは人工のものでビニールで出来ているらしい。
そういえばここはテレビの劇画のSFや怪獣物の撮影が多く撮られる
場所で その環境設定の飾り付けらしい。
それを撤収忘れした物か いたずらに取り付けた物らしい。
それを写真に撮る馬鹿も居ると 見透かされた感じだ。
f0208666_13112350.jpg


暗い木陰に臆病者のメジロが 無重力状態を楽しんでいる。
f0208666_1312355.jpg


今回も律儀なカシラダカが出迎えてくれた。
f0208666_13132271.jpg


何かが飛んできて近くの枝に止まった。 なんとも汚い色合いの鳥だ。
さて、ここでクイズです。 この鳥は何でしょう??
f0208666_1315044.jpg


10mを超える大きな枯れ木にコゲラが止まって激しくドラミング。
f0208666_13155862.jpg


削り屑を飛ばしながら 夢中で穴を掘っている。
f0208666_13172128.jpg

f0208666_13173470.jpg


その後 1時間程歩き回って 再び同所に戻ってくると コゲラの穴は
かなり深くなり 巣穴として完成間際と感じられる。
それにしても働き者のコゲラである と感心した。
f0208666_13202752.jpg


アオサギが木の枝に止まって 何か考え事をしていた。
倍率が大きすぎて半身しか入らない。
f0208666_13233069.jpg


急いで二倍テレコンを外して 何とか全身が見えた。
f0208666_13244480.jpg


藪の上にアオジが止まった。
アオジのお腹は こんなに綺麗な黄色だったっけ・・・・?
f0208666_13262073.jpg


さて、先程のクイズの汚い鳥 風が収まり羽が整ったら 「ヒヨ」でした。 (^_^;)
f0208666_13284355.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-01-10 13:32 | Comments(10)
お正月は大晦日と元日が主体で 休息とおせち料理と酒が主体の
有難い日である。
我が家では2日にも親族が幾人か現れたので 更に正月の日が続く。
当然ながらダイエット志向の私には「もういいよ」という感じだ。
3日になってやっと解放となり 溜まり過ぎたカロリーを消化する為
秋ヶ瀬に初出陣するチャンスがやってきた。

現地に着くと やはりカメラマンは少ない。
すこし寒く風が強かったので森の中を重点的に歩く。
最初に落ち葉の下から餌を探すカシラダカに出会った。
f0208666_13415344.jpg


これでは絵にならないので 枝に止まるまでしばし待機。
f0208666_13424696.jpg


体は向こう向きだが頭だけはこちらを向いて美男子を見詰めていた。
f0208666_13443220.jpg


次に現れたのは常連のモズ 高倍率のレンズ設定にも慣れてきた。
f0208666_13463966.jpg

f0208666_13465019.jpg


草むらでは背の高い枯れ草で コゲラが虫を探していた。
f0208666_1348021.jpg

f0208666_13481317.jpg


今度はアオジが草むらの暗い日陰にいた。
パソコンで見てみると なんと!目が無い。
f0208666_13491572.jpg


その直後 10数メートル先の梢に白い腹を見せた大きな猛禽!
これは新年早々の大収穫。 もしかしてオオタカ?
画面一杯に入る位置で絶好の場所と向き 早速ボタン半押しで距離合わせ。
その瞬間ファインダーは真っ黒 なんと なんと 電池切れだ!
急遽スペアの電池を取り出し 交換作業を始めるが寒さと緊張で
手が震えて電池の交換が出きない。 手袋を放り投げて交換を終える。
大急ぎでスイッチを入れてカメラを向けた時には 既に猛禽の姿は無し!
「・・・・・・・」 涙が出る程悔しい。 しばし呆然と立ちすくむ。
こんな好条件の猛禽は何年に一度位しか見られない貴重なチャンス。
完全に戦意喪失 もう居る筈の無い猛禽をうつろな目で高い梢を
眺めまわす。
私の不注意とは言え この大きな落胆は察してください。
(下の写真は 前回撮った 2010年2月の写真)
f0208666_14124976.jpg


その後 空白となったな頭で暫くの時間は上ばかり見ながらさ迷い歩く。
地べたにはトラツグミやソウシチョウなどが居たかも判らないが、
今は幻ばかり探して 上しか見られない。
いつもは最高の収穫の筈のアカゲラが見えたが 今は全く魅力は
感じる事も無く 習慣的に何枚か撮ってだけ。
意欲も失せて 今日は泣く泣く退散する事にした。
予想に反した惨めな初出陣となってしまった。
f0208666_14195455.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-01-06 14:43 | Comments(12)
大晦日の日没は私にとって大切な日だ。
それは この一年 無事に過ごす事が出来た感謝の時だからだ。
だから私は新年のお参りをした事が無い。
何某かの硬貨を投げて 一年分の幸運を要求する依頼心が
嫌い という訳だ。
そんな大晦日の日没は綺麗だった。
f0208666_16161573.jpg


年末の時期は大掃除などの大仕事がある。
普段 綺麗にしておけば 暮れの慌ただしい時に大掃除など
しなくても良いのに・・・と思うが それは私の言い分。
それなのに幾つかの大仕事を命じられ 逃げ出す訳に行かない。
仕方なく命令には従う。 それ以外は暇な時間が出来るが、
さすがにカメラを担いで飛び出す訳にはゆかない。
そんな訳で 居間の堀炬燵に座り込んで 庭に来る鳥達を相手に
カメラを向けているしかない。
f0208666_16245745.jpg


撮影は総てガラス戸超しとなり フォーカスもかなり不安定になり
鮮明さは大幅に欠けてしまうが仕方ない。
今回はツグミが最初に現れた。
f0208666_16283856.jpg


安全を確認すると大急ぎで水飲み場に直行。
f0208666_16285774.jpg


ヒヨは毎日現れて所定の場所に座り込む。
f0208666_16311649.jpg


近くにあるハナミズキの実を食べ尽くし 今は万両や南天の実を
食べている。 南天の実も殆ど食い尽くされた。
f0208666_1633253.jpg


キジバトも足繁く通ってくるが 今はペアを組まず単独で現れる。
この個体は「ポッポー ポッポー・・・・」と呼んでも 警戒して
逃げてしまう。
足元まで寄ってきた雌のポッポちゃんは どうした訳か姿は見えない。
f0208666_1638646.jpg


山茶花の花にはメジロが毎日 蜜を舐めにやって来る。
ヒヨも蜜を舐めに来るので そんな時はいち早く逃走する。
いつもはペアで来ている。
f0208666_16433278.jpg

f0208666_16434533.jpg

f0208666_16443555.jpg


四十雀もペアの時と数羽の群れで来る時がある。
時によってコゲラも同伴してくることもある。
f0208666_1648128.jpg


今回は なんとアオジが混じってやってきた。 これは初めての事だ。
ガラス越しでピンボケだが 証拠写真としておきます。
f0208666_16485044.jpg


ムク鳥も今の時期はペアで毎日やって来る。
どの鳥達も一番最初に水飲み場に直行するのが常だ。
朝のうちに氷を壊して 飲み水を確保してあげるのが日課だ。
f0208666_16561865.jpg


我が家の庭では水仙が 12月中旬から咲いていましたよ。
f0208666_16563027.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-01-02 17:01 | Comments(8)