ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今年も早咲きのトップクラス「 ヒマラヤユキノシタ」が咲きました。
平均開花日は私の所では2月末日となっていますので、今年は
例年通りと言う事になります。
f0208666_2301363.jpg


ポッポちゃんも このところ独り身のようでしたが、一週間ほど前から
彼氏を連れてやってきています。(左上がポッポちゃん)
鳩には特殊な授乳器官があり 鳩乳と言うミルク状の栄養物を出す
事が出来 季節を問わず繁殖が可能と聞いた事があります。
今年こそは小鳩を連れてきてくれると期待しています。
f0208666_2383427.jpg


数年前に頂いたランの花 今年は見事に咲いてくれました。
ランの花を咲かせる秘訣をお教えしましょう。
「それは日陰に一年間放置しておく事です」   (^_^;)
f0208666_2323532.jpg


さて 私は一週間ほど前から激しい咳の出る悪性の風邪に感染してしまい
更に数日後には中耳炎も併発 風邪で寝込んだ経験の無い私ですが
さすがに今回は2~3日は布団の中。
今までは風邪なんて・・・・と軽視していましたが 特に老齢期が近い人は
命取りになる事を痛感しました。
手洗いとうがいの励行をもって 皆さんもご注意ください。
(マスクをせずに書きましたので マスクを付けてお読みください)
[PR]
by s-tamagoro | 2015-02-28 22:58 | Comments(12)
暫く振りで鳥撮りに出陣 風も無く快適な日和が約束される。
現地に着くと早速 ジョビ子が出迎えてくれた。
「おはよう! 今日も宜しくね・・・」
f0208666_11453937.jpg


ジョビ子は「今日はこちらから勉強してください」と道案内してくれた。 (嘘です)
f0208666_1149145.jpg


あずまやの下の所で久し振りのガビチョウを見付けた。
f0208666_11502062.jpg

f0208666_11503382.jpg


通路の下の暗い湿地にシロハラが居た。
ここは湿った落ち葉をひっくり返すと色々な虫等の食べ物が多く
彼等の食事場所だ。
f0208666_11533194.jpg


アオジも居たが この場所ではとても写真にはならない。
でも 姿が見られれば嬉しいものだ。
f0208666_1154365.jpg


大きな雄のキジも食事に来ていた。
場所が悪いので更に近付くと 藪の中を大股で素早く歩き去った。
f0208666_11572264.jpg


カラスが数羽で大声で何やら叫んでいた。
見ると 例のノスリとカラスの小競り合いの真っ最中だった。
f0208666_1203338.jpg


話が付かなければ実力行使に持ってゆくしかない。
カラスは執拗に攻撃を加え ノスリは体を翻して攻撃を避けている。
f0208666_1252792.jpg


ノスリは堪らず 4~50m程離れた木に避難するが カラスも執拗に
追掛けてくる。
でも一対一になるとさすがにカラスも精悍な鋭い視線に不安なのか
戦意を喪失して どこかに帰って行った。
f0208666_1285094.jpg


ノスリの鋭い眼差しと強面に カラスも恐怖を感じたのだろう。
f0208666_1211353.jpg


やっと平和を取り戻したノスリは暫くの間 ここで休息していた。
ノスリの腹には縦縞があり 野を飛ぶ時 腹を擦るので「野擦り」の名が
付いたと言う。 本当はそんなに低くは飛ばないのだが・・・・。
f0208666_12154279.jpg


10分以上も休んだノスリは やっとどこかに飛んで行った。
お陰様で丁度良い距離で条件も良く 沢山の精悍な姿の写真が撮れた。
f0208666_12174262.jpg


葭原にカシラダカがいた。 いつもとちょっと場所が違う様だ。
f0208666_1220051.jpg


まだ固い桜の花芽を付けた小枝にコゲラが止まり 花芽を食べていた。
こんな小枝にも止まれるんだな~ と感心する。
f0208666_12221453.jpg


通路脇の草地にホオジロが降りていた。
いつもは木の枝に止まる事が多いが 下に降りているのは珍しい。
f0208666_13114471.jpg


向こうの森から何かが飛んできた。
あまり近くない木に着地(着樹?)した。 その位置と姿勢ですぐに
キツツキと判った。 前回同様 アオゲラだ。
f0208666_13151889.jpg


頭頂部の赤いベレー帽は見えない。 向きが悪いのか高すぎるのか
こちらの思うようには止まってくれない。
背後からの姿を撮ったが 今度は顔は見せてくれない。 この直後どこかに飛散 残念。
f0208666_13191321.jpg


そのあと ここに30分程留まって ヤマガラとエナガの姿を追掛ける。
こんな訓練も重ねてはいるが やはり敏捷な奴らには敵わない。
f0208666_13222860.jpg

f0208666_1322427.jpg


今日はこれでおしまい 本日の締めは「シメ」 また来てね!
f0208666_13244286.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-02-21 12:22 | Comments(8)
雪の後は低気温とは言いながらも 好天が続く。
休日は何処も人出が多くなるので その前にちょっと出掛ける。
最初に見えたのが シメ。
f0208666_1113951.jpg


黄色いマヒワが数羽 比較的低い場所に見られた。
f0208666_11153052.jpg


モズが居た。 これはメスみたいだ。
f0208666_11173090.jpg


続いて見えたのが 雄のモズ 前者とは無関係らしい。
f0208666_11193225.jpg


何と 又も現れたのは雄のモズ 100mほど歩いて3回 モズとは・・・。
縄張り意識が強いと聞くが その範囲は広くないのか。
f0208666_11205076.jpg


何かが飛んできて近くの木に着地 お~ アカゲラの雌だ!
背景以外の条件は良いが モデルさんの位置と振付が問題だ。
アカゲラは虫の居そうな木を探している時は ごく短時間で移動して
しまうが それらしい木を見付けると穴掘り作業を始め こんな時は
長時間 ゆっくり観察と撮影が出来るのだ。
f0208666_11245256.jpg

f0208666_11253100.jpg


1分もしないうちにアカゲラは虫は居ないと判断 何れかに飛散。
再び周囲を見回しながら歩く。 暗い湿地にカシラダカが数羽で餌探し。
名前の通りの立派な冠羽に見とれてしまった。
f0208666_11325230.jpg

f0208666_113346.jpg


シロハラも居たが やはり薄暗い所で落ち葉を掻き分けて虫探し。
それに私を意識して絶えず逃げ腰の態勢で 後ろ姿ばかり。
f0208666_1135135.jpg


草むらにカワラヒワが餌を探してゆっくりと歩き回っていた。
我々には気が付かない餌(草の実)が結構あるものだと判った。
f0208666_1138691.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-02-11 11:45 | Comments(6)
庭の山茶花も もはや終末期を迎えている。
サザエさんちのお父さん 波平さんの髪の毛を飾る最後の一輪が
名残惜しそうに咲いていた。
f0208666_17221344.jpg


ムクドリのペアが毎朝 揃って遊びに(餌探し)やってくる。
f0208666_17242855.jpg


ヒヨは色具合の違うのや 大きさが違うのが色々と多く見られる。
でも分類したり詳細を観察するつもりはないので あまり撮らない。
これは白髪の老人タイプのヒヨ。
f0208666_17272669.jpg


今までの鳥撮りは 殆ど一日仕事だったが 最近は仲間の真似をして
短時間のお出掛けも多くなった。  まず モズさんのお出迎え。
f0208666_1731392.jpg


森に入ってすぐに アカゲラが現れた。 とりあえずシャッターを押す。
f0208666_17323484.jpg


止まる場所が悪く 日当たりが最悪。 写真にならない。
f0208666_17335386.jpg


その後現れたカワラヒワも 半逆光で色具合も不鮮明。
f0208666_17362138.jpg


カシラダカが餌探し中 やはり枝に止まってくれないと絵にならない。
f0208666_17382530.jpg


再びアカゲラが近くにやってきた。 今度は日当たりもま~ま~だ。
f0208666_17402040.jpg


時折 強い北風が吹き付けるが 得意の3点支持体制で安定を保つ。
f0208666_17422033.jpg


野ばらの藪にメジロが数羽 少なくなったバラの実を探している。
f0208666_1743506.jpg


やはり弱い鳥は明るい所は危険なのか 暗い藪で活動している。
f0208666_1745163.jpg


シロハラも草むらで落ち葉を掻き分けて 餌探しに忙しい。
f0208666_17462795.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-02-08 17:46 | Comments(12)
昨夜は節分の豆まきの日 窓を開けると東の空に まん丸お月様が。
(800mm望遠 トリミングなしで この大きさになりました)
f0208666_21111665.jpg


午前中は所用があり 昼から情報を頂いたルリ場所へ出掛けてみた。
ここは近所だが 以前に嫌な思いをした事が有るので数年間のご無沙汰。
理由はある グループが典型的な餌付けをしてルリを寄せていたからだ。
でも その気配はないとの事だったので 様子を見に行った訳だ。
現地に着くと なんと! 一人のカメラマン?が寄せ餌のミールワーム(蛆虫)
を仕込中だった。
f0208666_21171936.jpg


更にペットボトルに水を汲んできて そこに小さな水場も作っていた。
f0208666_2119427.jpg


これで仕掛けは完了 あとは餌に引かれたルリの出演を待つのみ。
f0208666_21204123.jpg


離れた場所から 暫く様子を見ていると 一羽のルリが現れた。
切り株に植えこんだ針金に刺された多数のミールワームが見えるだろうか。(矢印)
f0208666_21213539.jpg


それを抜き出して食べるルリ。 遠方からの撮影なので超ズームアップで
ボケはお許しを頂きたい。
これで以前と変わらぬ異常な状況を確認 急遽この場を退散する。
f0208666_21251226.jpg


そのまま近くの金山貯水池に移動。 
池の脇の水路でカワセミさんがお出迎え。
f0208666_21295294.jpg


近くの木にはコゲラが逆さになって餌探し。
f0208666_21305314.jpg


実の生る木にはメジロが群れている。
f0208666_21314039.jpg


柳瀬川の岸辺にもカワセミが居た。 もしかしたら先程の個体と同じかな?
f0208666_21324068.jpg


梅にウグイス 今日は「梅にスズメ」 御粗末。
f0208666_2134157.jpg


四十雀も正面から見ると 単調で物足りない姿になる。
f0208666_21353240.jpg


日当たりの良い土手にはいつもお馴染みのアオジが見られる。
f0208666_21363093.jpg


ここを同じく餌場としているスズメとニアミス 全くトラブルは無し。
f0208666_21372151.jpg


こちらのペアはつがいなのか兄妹なのか判らない。手前が雄。
f0208666_21394833.jpg


栄養の行き届いた体格の良い 肥満タイプのモズ。
f0208666_21414717.jpg


暫く振りでオナガを見付ける。
f0208666_21424345.jpg


様子を見ていると近くに来たオナガ 柑橘類みたいな物を食べていた。
f0208666_21441581.jpg


帰り道の途中 立派なジョウビタキの雄が見られた。
f0208666_21444760.jpg


柳瀬川の川縁に これも久し振りのコガモがいた。
風切羽が脱落して 不安そうな顔をしていた。
f0208666_21465256.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-02-04 21:32 | Comments(14)
雪降りの記事と前後してしまったが 雪の直前のある日の事。

朝のうちツグミが早々とやってきた。 目的の場所は水飲み場。
f0208666_15573598.jpg


水飲み場に飛び上がると先ず水を飲む。
この水飲み場は 時々水浴びをする奴が居て 水を汚す。
衛生的でないので 網を載せて 水浴びできない様にしている。
ツグミも水浴びをしたいのだろうが そうはいかない。
でも 顔を水中に入れて 凄い剣幕で2ー3回左右に振って
水中で顔を洗う。 それを4~5回繰り返すのだ。
f0208666_165410.jpg


数年前に一度だけ来た事のあるホウジロが久し振りにやってきて
椿の木に止まっていた。 珍しい事だ
f0208666_167354.jpg


天気も良いので目的は無いけど 秋ヶ瀬に行って見る事にした。
最初に出迎えてくれたのはアオジとカシラダカだった。
f0208666_16101020.jpg

f0208666_16102285.jpg


高い木の枝にカワラヒワが見られたが 写真になる程の条件ではない。
f0208666_16121843.jpg


ちょっとスマートなシメを見付けて撮ったが 結果はピンボケ。
f0208666_16131581.jpg


これはと言うのは何にも居ないので 暇潰しにトラフズクに逢いに行く。
今回も竹林の奥に入り込んで やはり写真にはならない。
f0208666_1615298.jpg


竹林の手前は幅の広い放水路 ここには水鳥が多く見られる。
これも珍しいホシハジロが一羽だけ マガモやカルガモに混じって
餌探しをしていた。 結構深く潜っていたよ。
f0208666_1617790.jpg


ベニマシコの様子を見に行ったが 全く現れない。
ジョビ子(若いジョビ男?)が一羽 何か虫を捕えて食べていた。
f0208666_16193394.jpg


もう一か所のマシコの場所に居ってみたが ここも不調。
雌が一羽いたが 距離があり過ぎて 写真にならない。
f0208666_16205612.jpg

f0208666_16211229.jpg


今日はこれと言った収穫も無く 最後に目に入ったスズメを撮って終了。
結果的には足腰の運動になっただけ と言う嬉しくない結果でした。
f0208666_16232847.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-02-01 16:31 | Comments(12)