ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昨日あたり 一雨来るかと思ったが予報が外れて雨雲は素通り。
畑や芝生は雨が欲しい環境なのに 残念だった。
その代り今朝は無風の素晴らしいお天気になった。
今週もヘボ用が重なり 今日しか出掛ける事は出来ない。
突然の思い付きで 久し振りに秩父の県民の森に出掛けてみた。

現地に到着するとツツドリやカッコウ等 托卵のグループの声が
近くで聞こえ 今日は何か大物が撮れるかな と僅かな期待。
しかし その後は鳥の姿は勿論 鳴き声も聞こえてこない。
暫く歩くと道路の上を何かが歩いていた。 ホオジロらしい。
f0208666_17495897.jpg


ホオジロもすぐに逃げてしまい その後は何も出て来ない。
止むを得ず 動くものは何でも撮ろうと方針決定。
葉っぱの上に止まった青いイトトンボを撮る。 当然名前は判らない。
f0208666_17502059.jpg


暫く道路を下る。 何時もの所 クロツグミの見られる場所に近づくと
突然 道路の上から一羽の鳥が上の木に飛び上がった。
予定通りのクロツグミだ。 条件も悪く 証拠写真程度だ。
f0208666_17504233.jpg


スタート地点は展示館等がある場所だが ここの標高は860m。
鳥の居ない道路を黙々と下って行き 下の折り返し地点はキャンプ場。
この地点が丁度700m 2km程の距離を160m下った訳だ。
キビタキやオオルリを撮りたいのだが シジュウカラもヒヨも居ない。
止む無くUターンして同じ道を戻る。
先程のクロツグミも同情してか 再び姿を見せてくれた。
f0208666_17511035.jpg


野鳥の森にも分け入って見たが 鳥の声は全く無し。
本道に戻った時 何か動くものが目に入った。 ややっ アカゲラだ!
f0208666_17512396.jpg

f0208666_17513931.jpg


何の収穫も無く すごすごと駐車場に向かう。
ヤマボウシの花が咲いていた。 夏が過ぎる頃赤い実を付けるが、
この実は甘くて 食べられるんですよ。
f0208666_17515699.jpg


葉っぱの上に見慣れない蛾が止まっていた。
今調べたら オオカギバらしいが 私は専門家ではないので 草花も虫や
トンボも正確な名前を覚えるつもりはない。 こんなのは大体で良いのだ。
f0208666_17521972.jpg


という訳で 今回の県民行きは大外れで 暫くは出掛ける事は無いだろう。
カメラマンには2~3人しか遭遇せず。 不調が偲ばれる。
おまけに帰る途中に埼玉が震源地の大地震が発生した様だが 私は車で
山を下った辺りを走行中だったけど 地震には全く気が付かなかった。
[PR]
by s-tamagoro | 2015-05-25 18:01 | Comments(10)
先日 台風の直前の頃 北本自然公園に行って見た。
最近は北本の情報は全く入ってこないので もしかしたら
不調の為に 誰も行かないのでは との感じもする。
午前中だけ 北本の様子を見て来ようと思い立った訳だ。

現地は晴天無風の最高のお天気。
到着早々入口の葦原から ヨシキリの騒々しい鳴き声が
あちこちから聞こえた。
葦の茂みで鳴いていた鳥も 時折木の枝に飛び上がって
代わる代わる高所から大声で自己主張をしている。
この時が撮影のチャンスだ。
f0208666_13501982.jpg

f0208666_13503898.jpg


取りあえず1番から7番まで 様子を見ながら歩くも鳥の姿は無し。
Uターンして梅林の方に向かう。
何時も見かける常連の鳥達は誰一人出て来ない。
そんな中 枝に止まっているウグイスを見付けた。
f0208666_1355555.jpg


さっきまで鳴いていたのに 気配を感じてか静かにしている。
ここで徳川家康の心境 「鳴くまで待とう・・・・・」
あっ 鳴いた!!
f0208666_13572680.jpg


何にも居ない北本 カメラマンも数時間の間に数名逢ったのみ。
今は最悪の時期 と決めて帰る事にする。
葦原にはヨシキリが沢山居て これならいくらでも撮れる。
今回は大口で鳴く鳥 2種のみの収穫で帰路に着く。
f0208666_1423178.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-05-15 14:08 | Comments(14)

九州の旅    

富士山一周の旅の前の週 九州にて同級会が行われたので参加。
来週は富士山を一回りして東西南北の姿を いや その前に上空から
富士山をGETしておこうと密かな予定をする。
九州行きは多くが東海道を南下 右側に富士山が見える筈。
窓際の席でそのチャンスを逃さない様待機する。

気が付くと機は甲府(右下)を過ぎて南アルプスに差し掛かっている。
ここだと富士山は既に逆の左後方に過ぎ去っている。 大失敗!
f0208666_1020149.jpg


懐かしい南アルプスの風景が眼下に見られる。
右上に少し離れて甲斐駒ケ岳 その右下部分が仙丈ケ岳 中央部分が
富士山に次ぐ高さの白根三山が聳えている。
f0208666_10232360.jpg


眼下左奥には中央アルプスの木曽駒ヶ岳 空木岳の山並みが見える。
その下に広がる広い谷が天竜川の流域で伊那谷と称する所。
赤い矢印は20年程前に?私が生まれた場所なんですよ。
私の生地を上空から眺めたのは初めての事 嬉しかったです。
f0208666_10291518.jpg


福岡空港まで30分 着陸態勢に入りシートベルト確認のアナウンス。
それと同時に室内照明が急変 機内は場末のキャバレーに大変身。
数多く航空機は使ったが こんなセレモニーは初めての事だった。
f0208666_10331925.jpg


福岡から唐津へ 途中新鮮で美味しいイカの刺身が有名の呼子で食事。
f0208666_10345848.jpg

f0208666_10351060.jpg


5月は節句の季節 川筋には多くのコイノボリが飾られて子供の成長を願う。
f0208666_10365376.jpg


これも有名な柳川のウナギのせいろ蒸し 量が多くて食べきれない。
f0208666_10381684.jpg

f0208666_10382664.jpg


お馴染みの九州の焼酎 「いいちこ」の工場見学。
安物の作り酒屋としか思っていなかったが 予想外に大規模で高級品も
多く作っているのが実情だった。
f0208666_10421732.jpg

f0208666_10423077.jpg

f0208666_10425112.jpg


2日目の宿泊は阿蘇に近い古くからの名湯「黒川温泉」 山間の静かな
古い宿で泉質も素晴らしい温泉だ。
f0208666_10461785.jpg

f0208666_10463424.jpg

f0208666_10464724.jpg

f0208666_1047291.jpg


阿蘇外輪山から中央部の活動中で激しく噴煙を上げる中岳の姿を見る。
f0208666_10484854.jpg


ここでの名物のひとつ 「味噌田楽」がこれ。
胡麻味噌や柚子味噌等を付けて 熱々を頬張る美味さは格別だ。
これですべての予定が終了 熊本空港に向かう。
f0208666_10524015.jpg

f0208666_10531975.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2015-05-12 11:03 | Comments(9)