ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

落ち着かない天気の連続 やっと快晴の日差しに誘われて
恒例の秋ヶ瀬散策に出掛けた。
情報によるとオオルリやキビタキ・サンショクィ等が見られる
という環境らしい。
K森に行って見ると2~30人のCMがカメラを真上に向けて
行ったり来たりの様子。
高い梢の葉陰にオオルリの姿が見えたが 白い腹だけしか
見る事が出来ない。
f0208666_10194188.jpg
 
f0208666_10195278.jpg


下に降りてくる様子もないし全身像は不可能と諦めて場所替え。
その後は目的も無くあちこち歩き回る。
物真似をするというガビチョウが見えたが 今日は何も言わなかった。
f0208666_1023987.jpg


道端には私の好きなベニシジミも居た。
f0208666_10241026.jpg


常連のホオジロ。 日本では昔 篭に入れて鳴き声を楽しんだと言う鳥で
中国のガビチョウと同じ職業だったのだ。 過去には同業者だったんだね。
f0208666_10271660.jpg


真っ黒けなのが飛んで来た。 見るとカワラヒワらしい。
f0208666_10282688.jpg


羽を広げると美しい黄色が見られるが 是非見てみたいものだ と
声を掛けると 早速羽を広げて衣装の美しい袖を見せてくれた。
f0208666_10321825.jpg


P森では どうした訳かアカハラが数羽で木の上を飛び回っていた。
葉っぱと日差しの関係で 条件はかなり悪い。
f0208666_10352318.jpg


やっと一瞬 明るい場所に出てくれたが 咄嗟の撮影の為 後ろの
樹にピントが行ってしまい 見事なピンボケ写真。
f0208666_10384359.jpg


藪の中に止まっているスマートな奴を見付けた。
あまり見慣れない足の黄色い鳥だが タヒバリかな?
f0208666_10404484.jpg


鳥も少ないし 素人には撮りにくい環境。
諦めて帰る事にする。 と その時 茶色い何かが目の前に現れた。
急いでカメラを向ける。 な~んだ ツグミじゃん・・・・。   終了 帰宅。
f0208666_10455520.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2016-04-26 10:56 | Comments(10)
先日 ちょっと 鳥の水浴びの話が出たので 過去の在庫写真から
関連写真を抜き出してみた。

我が家の鳥の水飲み場は石臼を利用して 欠かさない様に
水を補給しているので 多くの鳥が水を飲みに来る。
そんな大切な水飲み場で ヒヨが水浴びをして汚して行くので
水浴びが出来ない様に水生植物の鉢を水中に入れて水浴びが
出来ないようにした。
そうしたらヒヨは大群で水場に集まって集団抗議を始めた。
「水場を解放しろ!」 「植木鉢を出せ!」
f0208666_13554748.jpg


ヒヨは本当に知能も高く 水遊びの好きな鳥だ。
浅い沼の上に3m程の高さに張り出した木の枝に止まって
そこから羽も広げず 真っ直ぐ下に飛び降りて遊んでいた。
しかも幾度も繰り返し飛び降りて 楽しそうに遊んでいたのだ。
この嬉しそうな姿と顔を見てやってください。
f0208666_1405245.jpg


春になるとメダカの繁殖用にホテイソウを育てるのが例年の事。
これは邪魔にならないので 水場の石臼を利用するのが通常だ。
浅くなった水場は時折シジュウカラの水浴びが見られる。
f0208666_1444646.jpg


四十雀の羽は防水性が弱く 一度水浴びをするとこの様に
濡れ鼠みたいな惨めな姿になってしまう。
天敵に見つかっても これでは咄嗟に逃げ出す事も出来ない。
あまり水浴びをしない理由は こんな所にあるのかも・・・・。
f0208666_1484811.jpg


これは余談だが 中米のコスタリカで撮ったアメリカヘビウの姿だが、
鵜の仲間は普通の水鳥と違い 防水機能が不十分な鳥で
一度潜った後は 風通しの良い所で羽を広げて乾かさねばならない。
鵜の類は こんな理由で羽を広げて休んでいるのだ。
f0208666_1414235.jpg


四十雀は前記の通り水浴びには適さない羽の持ち主 このペアも
水浴びをしたいが 安全かどうか 深さはどうか 2羽とも尻尾を
水に入れて思案中。 それとも暑さの為に尻尾だけの水遊びか。
f0208666_143194.jpg


オナガも水浴びの好きな鳥だ。
群で沐浴をしている姿を良く見るが ちょっと異常を感じると一斉に
逃げ去ってしまう用心深い鳥だ。
f0208666_14205911.jpg


これも皆さん 良く遭遇する場面だが アオジも水浴び好きの部類だ。
雪解け水の冷たい水溜りで のんびり行水をしている。
気持ちが良いのか それとも苦痛を覚悟で寄生虫駆除をしているのか
私には判らない。
f0208666_1425255.jpg


こんな姿は 秋ヶ瀬の通路脇でも良く見られる風景だ。
f0208666_14262748.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2016-04-13 14:36 | Comments(10)
庭の景色も 今は一年中で一番美しい時期です。
f0208666_22215186.jpg

f0208666_2222134.jpg


雨上がりのカイドウの花。
今日は強い風が吹き 花びらが散り始めました。
f0208666_22231774.jpg

f0208666_22232743.jpg


花梨(マルメロ)の蕾。 8日に開花しました。
f0208666_2224232.jpg


エリカの花は11月頃から咲きはじめ 4月末の頃まで
半年近く 長い間 楽しませてくれる長寿の花です。
f0208666_2226218.jpg


ヒマラヤユキノシタ 昨年の肥料が効いたのか 驚く程大きく
沢山の花を咲かせてくれた。
繁殖力が強いので 毎年半分程 根を掘り出して廃棄している。
f0208666_22285427.jpg


パンジーのミニチュア。 背景の花と比べてください。
昨年の種が落ちて発芽した様だ。
パソコンのマウスの高さくらいの小さい草丈だ。
f0208666_22323162.jpg


ドウダンも花が咲き始めた。
白いスズランみたいな形の小さい花だ。
ヒヨはこの花が好きらしく 時々食べに来る。
f0208666_22341712.jpg


ドウダンの花を食べた後 ハナミズキの枝に止まってひと休み。
カイドウが満開になると ハナミズキが咲き始める。
f0208666_22354451.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2016-04-09 22:38 | Comments(8)
鉢植えのクリスマスローズは下に降ろすと元気が良くなり
どんどん増えてゆく。
でも咲く花は全部下を向き うなだれて咲くので 何となく
陰鬱に見えるのは 私だけの偏見だろうか・・・・。
f0208666_11103186.jpg

f0208666_11104440.jpg


ウグイスカグラは以前から庭の隅で 春先の頃に開花する。
その昔 近所の人にきいたら「グミだよ」と教えてもらった。
確かに夏の頃に小さな赤い実を付けるが グミ?と言う感じ。
ウインターコスモスさんからのブログで ウグイスカグラと言う
名前であることが判明。
その後 北本の管理関係者に再度 名前の由来も聞いた。
この木の周りをウグイスが踊る様に飛びまわるからだ と。
f0208666_11185388.jpg


毎年 実を付けて楽しい味を提供してくれるイチジクが カミキリムシの
侵入により 廃木となってしまった。
地上1m程の部分から上を切り落としてみたら 見事に中心部に
虫のトンネル化貫通しており イチジクは勿論 枝葉も育たない。
彦生えが出るか 枝が発生するか 一縷の望みを抱いている。
故に 今年はイチジクの味も 害虫との闘争も望めない。
f0208666_11245830.jpg


先日の木曜日 天気が崩れる事を予測して 快晴の状況の中
出掛けるのは今と 近くの柳瀬川方面に花見に出かけた。
ソメイヨシノはまだ咲き始めの木もあったが 見頃としては最高。
f0208666_112862.jpg


最近は河津桜を含め 色の濃いものが多く植えらる様になった。
名前はよく判らないが「陽光」という種類かも知れない。
f0208666_11302942.jpg


柳瀬川に架かる武蔵野線の鉄橋に 府中行きの電車が行く。
f0208666_11314097.jpg


ここの広い公園には各種の草花や花壇 ルリビタキ場所 ニリン草群生
テニスコートや野球場 それに池では何を釣るやらの釣り人も・・・。
花壇の隅にボケの花が咲いていた。
色は美しいが整った顔立ちのモデルさんを探すのは至難の業。
f0208666_11363545.jpg


コブシの花は木全体に白い塊となって見ているが 一つの花として
見る事は少ない様だ。 コブシってこんな花だったんだ~。
f0208666_1139679.jpg


ソメイヨシノの太い幹から小枝が伸びて花を幾つか咲かせている。
こんな生け花風の姿は可愛くて好きだ。
f0208666_11411041.jpg


これからの花見もソメイヨシノ一色でなく 色々の種類の桜を見ながらの
楽しみに変わる事だろう。 
f0208666_11443036.jpg


所沢の台地の斜面に咲くソメイヨシノ。
f0208666_1145236.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2016-04-03 11:53 | Comments(15)