ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日で8月も終わり 明日から初秋と言われる9月になる。
不順なお天気と酷暑が続いた8月は家に居る日が多かった。
そんな折 身の周りで見かけた幾つかの出来事です。

先月UPした足長蜂の巣も結構大きくなっていた。8月中旬。
f0208666_17532781.jpg


一月ほど前に撮った写真だが 前回よりも横に増築?されていた。7月中旬。
f0208666_17563382.jpg


8月も後半に入り 殆どの幼虫も蛹を経て成虫になり 終盤の時期となる。
現在は全て繁殖も終わり 先日来一匹も居なくなった。
f0208666_180593.jpg


今年は我が家のアブラゼミも多く発生し ひと時 賑やかに
騒いでいた。
f0208666_1815538.jpg


桜に木に止まっているアブラゼミ達。
f0208666_1831129.jpg


隣のハナミズキの幹に止まっている奴はアブラゼミではないらしい。
色も違うし模様もいくらか変わっている。 ミンミン?
f0208666_1845339.jpg


キジバトは相変わらず毎日水を飲みに来る。
午前中の強い日差しの中 芝生に腹をつけて涼んでいる?のかな。
そしてこの暑い中 羽を広げて寄生虫の虫干しも欠かさない。
f0208666_1881337.jpg


ペアで訪れた時 水を飲んだ後に所定の場所で暫くのラブラブ。
f0208666_1894190.jpg


雄が雌の頭や口の周りを優しくグルーミングしている。
f0208666_18105745.jpg

f0208666_18111545.jpg


今度は逆にメスが雄にしてもらった通りのグルーミングで
お返しをしていた。
f0208666_18123933.jpg


スズメも頻繁に訪れる。今は子育ても終盤の頃だ。
何処からかやってくると まず最初に丸く刈り込んだドウダンの
上に止まって 周囲を見渡して安全確認。
f0208666_18564816.jpg


安全確認が済んだらみんな一緒に芝生に下りて餌探し。
f0208666_1858304.jpg


芝生の中から先日撒いてあげた残飯を探し出す。
やっとご飯粒を見つけ出すと 急いで子雀に食べさせる親心。
f0208666_1914372.jpg
f0208666_1921165.jpg

f0208666_1923750.jpg


食事が済むと庭の周りを飛び回り 少しの間遊んでから再びどこかに。
f0208666_194382.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2016-08-31 19:11 | Comments(8)
法事も済んで一泊 朝のうち再びカメラを持って周囲の探索。
この谷間では夏でも太陽が山の上に出るのは8時頃だ。
谷から湧き上がってくる霧は 山里ならではの風景だ。
f0208666_21221317.jpg


太陽が薄い霧に遮られると眩しさは消え なんか満月でも見る感じになる。
f0208666_21234322.jpg


こんな時は強力なフィルターを使わなくても太陽面を見る事が出来る。
画面を拡大してみたら 太陽の赤道付近に黒点が5個ほど観察できた。
最近は黒点も少ない時期 11年周期で黒点の多い時期がやってくる。
f0208666_21261584.jpg


林に沿って歩いてみた。 赤詰草に一文字セセリ。
f0208666_21273097.jpg


見ると撮りたくなる可愛い花だが 何とも撮り様の無い難しい花だ。
何処にもあるミズヒキの花。
f0208666_2130769.jpg


木のてっぺんにイカルを発見 3羽程の一群。
f0208666_21314627.jpg


様子を見ていると一羽が少し近づいて 姿を見せてくれた。
f0208666_21325882.jpg


その直後 頭上の木の枝にヤマガラが飛んできた。これは単独。
f0208666_21345979.jpg


おやっ キツツキのドラミング! 見たらコゲラが複数で餌探し。
コゲラは殆ど単独だが 複数の写真は初めてだ。(両方♀らしい)
f0208666_21383525.jpg


小さな流れの脇で ミヤマアカネの雄と雌が撮れた。
f0208666_2139442.jpg

f0208666_214061.jpg


これはノシメトンボらしい。
f0208666_21404838.jpg


民家の軒下に大きなスズメバチの綺麗な巣があった。
黄色スズメバチも危険なので 撮影後は急いで退散 が大原則。
f0208666_21434248.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2016-08-26 21:47 | Comments(10)
連休の終盤の頃 信州の親戚で法事があり 混雑を避けて深夜に移動。
法事と言えども望遠カメラは必ず持参。
朝のうちから近所の森を散策すると 電線に見慣れぬ小鳥が止まっていた。
f0208666_17571626.jpg


様子を見ていると幼鳥が餌をねだる時に羽ばたきを繰り返す動作だ。
何の幼鳥だろう?
f0208666_175944.jpg


そのうち親鳥が餌を咥えて飛来し ごく短時間に餌を与えると
再び飛び去ってゆく。やっと撮れたこの姿はツバメの親子だった。
f0208666_1813712.jpg


山椒は小粒でぴり位と辛い。 野生の山椒はやはり頑強で体格が良い。
f0208666_1846310.jpg


カラタチの実も結構大きくなっていた。
秋には ♪まろいまろい金の玉だよ♪ となる。
f0208666_1848433.jpg


鳥の姿は少ないが ヒヨの姿とカケスの姿は頻繁にみられる。
こちらのカケスは極めて用心深く 目の届く範囲には決して止まらない。
近くを通り過ぎる姿しか見られず 全く撮影不可能。
ヒヨは梢に止まって大声で囀っていた。
f0208666_1953254.jpg


道端には昔懐かしい桔梗やユリが咲いていた。
f0208666_1963378.jpg

f0208666_1964744.jpg


カラスアゲハらしい黒く艶のあるアゲハが飛び回っているが
これも止まることなく飛翔を繰り返し 私には手に負えない。
止まっていたのは筋黒とヒメジャノメらしいのが撮れただけ。
f0208666_1991796.jpg

f0208666_1993344.jpg


これはアカネの雌雄だが 夏アカネか秋アカネか判別できない。
f0208666_1911425.jpg

f0208666_19112466.jpg


草むらで見かけない黄金の毛虫を見つけた。
威嚇の姿勢か 赤と黄色の角を立てて私を脅している。
f0208666_19132896.jpg


そういえば過去にこれと類似したのを撮った事があるのを思い出した。
以前からの保存写真を探したら 2009年7月に北海道で撮ったものが
見付かったが これと同種かどうか判らない。
f0208666_19162115.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2016-08-22 19:16 | Comments(6)
8月も中盤を迎え 夏の長期休暇が始まる時期となった。
立秋も過ぎ暦の上では秋に突入したという時期だが そう簡単に
秋風が吹く訳ではない。
今後も約一ヶ月間は炎天に悩まされることは間違いない。
出不精を決め込んでいる玉さんは 有名場所に出掛ける事もなく
連日体育館に出掛ける毎日が続いて居る。
そんな訳でブログのネタも家の周囲の観察程度が唯一の情報源。

先日の朝 庭のゴルフネットにアゲハの交尾中の姿が見られた。
f0208666_20534790.jpg

f0208666_2054080.jpg


今年もメダカが多数孵化して また家族が増えたという感じだ。
孵化した幼魚は別水槽だが 小さいのが100匹以上育っている。
f0208666_20572168.jpg

f0208666_20573519.jpg


水槽の日よけの為に置いてある板にもアブラゼミの抜け殻があった。
f0208666_20584950.jpg


今はセミの最盛期 紅カナメの葉っぱにアブラゼミが居た。
f0208666_2103189.jpg


花梨の木はものすごく固い。 そんな木にも止まっている。
f0208666_2114867.jpg


柿の木にはアブラゼミでないのが居た。これはミンミンゼミらしい。
f0208666_2145036.jpg


ジョロウグモも秋の繁殖時期に備えてだいぶ大きくなった。
f0208666_216921.jpg


オシロイバナは日中は元気がなく 殆どが花を閉じている。
f0208666_2174058.jpg


夕方から朝にかけて綺麗に咲き揃う。(夕方遅くの撮影)
夜行性の昆虫に花粉の媒介を求めているんだろうか?
f0208666_219642.jpg

f0208666_2192364.jpg


我家の菜園の脇を少し開墾して 畳一畳分ほど拡張した。
これでスーパーダイエーからの注文も大丈夫。 嘘です。(^^)/
f0208666_2113017.jpg


今の時期の土日の夕方は各地で花火大会が開かれる。
数日前 花火の音が聞こえたので 二階のベランダに出てみたら
4キロ程離れた朝霞市あたりの花火大会らしい。
遠いし障害物で遮られて とても花火見物という訳にはゆかない。
f0208666_211727100.jpg


ちょっとシャッター速度を上げたら 動きの無い絵になってしまった。
花火の撮影は難しいですね。
f0208666_21185731.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2016-08-10 21:23 | Comments(14)

現況 炎天の毎日

キジバトのポッポちゃん夫妻は毎日数回ほどやってくる。
時折 巣材を咥えていたり フェンスの上で交尾したりして
営巣が近い感じがするが その場所は全く分からない。
f0208666_14425162.jpg


まず最初に水場に下りて ごくごくと水を飲む。
そして周囲の花などを鑑賞してから再びフェンスに戻る。
f0208666_14443047.jpg


ここが一番落ち着く場所なのか ここで羽繕いをしたり愛を
語り合ったりして 時間を過ごしてゆく。
f0208666_14465445.jpg


この炎天下では金属のフェンスは強い日差しを受けて温度も
上がり 火傷をするくらい熱くなるので 早速手頃の木を切って
ポッポちゃんが火傷をしない様 フェンスに取り付けてやった。
f0208666_1450680.jpg


アブラゼミの脱皮が多く見られ 抜け殻もあちこちに見られる。
f0208666_14513687.jpg


脱皮したセミはすぐに近くの高い所に上がって 一時を過ごす。
木に登る奴 壁に這い上がる奴 そして上りやすい網戸に登る奴。
f0208666_14544059.jpg


見ていると アブラゼミは飛び方がとても下手で 木に衝突して落下したり
芝生に墜落したりするのが多い。
そんなのを見つけると シジュウカラやスズメまでが格好の餌
とばかりに襲撃してくる。
前回はシジュウカラがセミを食う場面を撮ったが 今回はスズメ
が 同様にセミを狙って食べる事が判った。
このスズメは食べる所は確認できず これを咥えて木陰に飛散
してしまったので 食べている場面は撮れなかった。
f0208666_1521269.jpg


雨水やメダカの水槽からの排水等をためる箱に 大きなトンボが来て
産卵をしていった。 そのうちヤゴが発生するかな?
f0208666_1544420.jpg


珍しい蜘蛛の巣があった。 四角い縁取りをした中に網を張っている。
日差しを受けて中心部に光の輪が発生 丸くなったりハートになったり。
f0208666_157984.jpg

f0208666_1572618.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2016-08-06 15:10 | Comments(8)