ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

     このところ不順なお天気が続き 花も人間も変になっている様だ。
     6月頃 家内の誕生日か何かで鉢植えを送られ それが終わった初夏の頃
     寄せ植えの鉢を解体して その中のクレマチスを下におろしたのだが、
     最近になって蕾を付けたと思うと なんと花を咲かせ始めた。
     狂い咲きと言うのだろうか 雨に叩かれて花は無残に傷んでいる。
     お天気が良くなって咲き揃ったら 再びブログにUPするつもりだが・・・。
     花の横には私が設置した精密高級雨量計?があり 昨日の午後から現在まで
     100mmの降雨量があった事が判る。

f0208666_16370123.jpg


     この雨の中 なんと!待望の可愛いジョビ子が帰ってきた。
     でも飛来して数秒間 すぐどこかに飛んで行ってしまう。
     それが30分もしないうちに3回やって来たのだが あまりの
     短時間の為 手元のカメラも間に合わない。
     今度はカメラを持ったまま雨降りの 庭を凝視して飛来を待つ。
     するとジョビ子でなく四十雀がやって来た。

f0208666_16415388.jpg

     
     鳥達も一応は防水仕様の衣服を着ているが やはり雨は好まない様だ。
     すぐに軒下の雨を避けられる場所に来て 暫くの間 雨宿り。

f0208666_16510019.jpg
 

f0208666_16513429.jpg


     今度はヒヨのペアが現れた。
     ナンテンの実やハナミズキの赤い実を食べに来たようだが
     やはりひどい雨に遮られ 槇の木の枝の下に潜り込んで雨宿り。
     鳥達は夜になって眠る時は こんな場所で一夜を過ごすのだ。

f0208666_16573085.jpg

f0208666_16582714.jpg

     明日から 折角戻ってきたジョビ子の姿を狙ってみる予定。
     ちなみに数年の間 毎日水を飲みに来ていたキジバトのポッポちゃんは
     この夏以来 全く姿を見せなくなった。
     生きているなら 必ず庭に来る筈だが・・・・ 心配だ。


  
  
     



     


[PR]
by s-tamagoro | 2017-10-29 17:08 | Comments(8)
     先日の23・24・25日と 友人夫妻と4名で 輪島から先はまだ
     行った事が無いので 行ってみよう という事で出掛けてみました。
     悪天候の続く中 今回は幸運にも晴れ間も出る最適な旅日和。
 
     新幹線で金沢まで そこから高速バスで輪島に直行。
     駅前広場の左側にバス停があり 早速乗り込む。

f0208666_10173285.jpg
  
      乗客も私共以外数名だけで 貸し切り状態で 輪島を目指して北行する。
      金沢市街を抜け 此処から先は高速道路並みのバイパスで景色も良い。

f0208666_10193746.jpg


      左側に長い長い千里浜海岸を眺めながらバスは進む。
     (良く見たらとりこさんが海岸でシギの写真を撮っていた (^^)/     

f0208666_10221667.jpg

   
      終点の輪島に到着 丁度昼飯時なので バスの運転手さんに聞いた
      お店に直行。 旅の楽しみは何といっても地元の美味の経験だ。
      
f0208666_10262791.jpg

f0208666_10290529.jpg



f0208666_10295132.jpg


      その後 輪島塗漆器や地元のお酒の各種 そんな場所を見ながら
      少々 時間潰し。

f0208666_10324960.jpg

      此処はお勧めの観光場所「キリコ会館」
      キリコと言えば江戸切子か薩摩切子しか思い浮かばない。
      能登のキリコと言えば 巨大な灯篭の事で 正式な名称は
      切子灯篭→切籠(キリコ)という事で この地域では夏の
      時期には各地でこの祭礼が多く行われるとの事。

f0208666_10364382.jpg

f0208666_10371607.jpg

      キリコ会館までホテルの車が迎えに来てくれた。
      輪島の中心地から北の方に数キロの海岸の高台にホテルはある。
      ここは何と! 五つ星の和風ホテルで 有名らしい。
      名前は 「能登の庄」温泉はネブタ温泉といい Ph10.6 という
      強アルカリ単純泉で つるつる肌 これも素晴らしい泉質だ。
      此処を基点として 2連泊という事になる。

f0208666_10431767.jpg


      温泉名もキリコならぬ ネブタ温泉 東北のネブタ祭りと関係が?
      ネブタ→寝豚 これは単なる地名の表示だった。

f0208666_10524692.jpg


      ホテルの窓から 日本海の景色を眺める。
      正面の水平線に七つ島という小島が並んでいる。
      ここまで25km程。 更に25km先に舳倉島がある。
      此処からは舳倉島は見えないが 今は野鳥の渡りの時期に
      入り バードウォッチングの客が多いそうだが 一度海が
      荒れると 数日 帰れない事もあるそうだ。
      (300mm望遠で 一番右の大きめの島を撮る)

f0208666_10555344.jpg


      かすかに見えた夕日に光る日本海の波 今日は穏やかな表情だ。

f0208666_11022146.jpg



      夕食前に 近くの千枚田でライトアップが行われており美しいので
      見に行きましょう と誘われ ホテルの車で見に行った。
      2万数千個のLEDライトを設置 一定時間ごとに色が変わる仕組み。
      この時は赤だけだった。

f0208666_12164623.jpg

f0208666_12082393.jpg

   
      夕食は 予想通りの新鮮な海産物と珍味が豪勢に出て来る。
      それも さっき見て来た当地の超高級な輪島塗の漆器の食器を
      ふんだんに使い これには本当に驚いてしまった。

f0208666_12173600.jpg

f0208666_12545671.jpg

f0208666_12552866.jpg


      ぶらり旅と言えども我々には悲しい習性が身に付いており
      景色や名勝にも優先して 野鳥を探してしまう。
      此処で多く見られるのがスズメとカラスの2種のみだった。
      イソヒヨドリも数回 顔を見せてくれた。

f0208666_12555212.jpg



f0208666_13001407.jpg


      海岸地帯でも多く見られるトビ 何も居ないのでこれも撮る。
 
f0208666_13004098.jpg

      
      雨降り続きだった不安定な日が続いたが 今日も朝から好天だ。
      観光バスもあるが 4人分の料金を考えると 観光タクシーを
      チャーターした方がはるかに有利。 6時間契約で3万円以下。
      こちらの希望通り案内してくれる。
f0208666_13065466.jpg
      
      取り敢えず土産の都合もあり 少し戻って朝市の通りを散策。

f0208666_13132255.jpg

f0208666_13150097.jpg
 
      昨夜見た千枚田の脇を通るので 昼間の景色も見物する。
      この地では作業も大変なので2~3軒の農家が関わって
      いるだけで あとはボランティア達の維持管理にゆだね
      ているそうだ。

f0208666_13154422.jpg


      海水をくみ上げて砂の上に撒いて濃縮する上げ浜製塩を見学。
      お世話になった観光タクシー 的確に穴場を見せてくれる。
f0208666_13202485.jpg



f0208666_13232468.jpg


 

      海岸の岩場に雨風や潮の浸食で穴が開いた「窓岩」

f0208666_13252918.jpg

     
      珠洲市の大一級の名所 見付け島 通称軍艦島。
      恋の成就を祈願する有名なポイントとして知られる。

f0208666_13274309.jpg

      他にもいろいろ見学してきたが UPする程でも無し 長話も程々。
      3日目は往路と同じコースで無事帰京。 御退屈様でした。 








[PR]
by s-tamagoro | 2017-10-22 12:04 | Comments(12)