ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

再び酷暑がやって来た。

      いや~ 今日も暑かったですね!
      我家の温度計は屋外で40、8℃  室内では約30℃ 過去に経験の無い
      異常な高温で 屋外の作業やスポーツは危険な為に 何もできません。
      でも 食欲は衰えず それで何もしなかったら体重はどうなると思います?
      大きい声では言えませんが 通常より2kgの増加と言うのが実情です。 (^^)/



f0208666_21142954.jpg

 
      20数年も前から夏になると咲き続けている鹿の子百合も7月18日に開花、
      その間 一度も球根を掘り起こして植え替えをしなかった為か 特に最近は
      元気が無く 花も弱弱しく感じてしまう。
      (でも 植え替えの時期や手順は全く知らない) (+_+)



f0208666_21220748.jpg


      春に咲いた藤の花やクレマチスも この炎天の中で記憶喪失をしたのか
      今も時々狂い咲きをしている。  



f0208666_21272543.jpg
 


      そんな中でもミニトマトは2m程にも育ち 週に2回位は多量に収穫できる。
      子供や孫が毎年楽しみにしている唯一の我家の産物だ。
      8月中旬頃までは 収穫できそうだ。


f0208666_21310283.jpg

       
      ミョウガもそろそろ花芽を出し始め 様子を見ようと覗きに行ったら
      なんと でっかいカエルが一匹 土を掘って冷たい所に座り込んでいた。
      頭からお尻まで15センチくらいの大物。
      見た感じでは 筑波山の四六のガマではない様に見えた。
      住所氏名は判らないが 目玉ははっきりと撮りたかった。 残念!



f0208666_21365256.jpg


      ちゃんと撮影できないまま 藪の中に逃げ込んでしまった。
      


f0208666_21371937.jpg


      庭の桜の木にアブラゼミが幾つも止まっている。
      他にもハナミズキの木にも見られるが桜より少ない。
      アンズの木ではあまり見かけないが やはり桜の木に
      一番多く止まるのは 何か理由があるかも知れない。 


f0208666_21380564.jpg


f0208666_21382323.jpg
                                         以 上



[PR]
# by s-tamagoro | 2018-08-02 22:03 | Comments(8)


      酷暑の続く連休となったが 炎天の中 久し振りに金山貯水池に
      様子を見に行ってみた。
      今年も例年の通りお馴染みの花も咲きだしていた。
      これ キバナコスモスだったっけ?


f0208666_18542035.jpg
 

      ムクゲも清楚な大きな花を咲かせている。


f0208666_18543366.jpg


      水際の雑木の枝に一羽のゴイサギの子 ホシゴイが居た。
      良く見たら すぐ脇の所にもう一羽。 兄弟? 姉妹?


f0208666_18571283.jpg


f0208666_18565623.jpg


      池の脇に大型のトンボが飛んでいたが なかなか止まってくれない。
      根気比べで どこかに止まるのを待つ。
      通りがかりの人が 「コオニヤンマ」らしい と教えてくれた。


f0208666_19013010.jpg
 

f0208666_19014377.jpg

 
      私の好きなハグロトンボ 雄の尻尾は美しくグリーンに輝く。


f0208666_19052212.jpg


      それと対照的に 雌の色どりは心なしか地味で清楚に見える。


f0208666_19054128.jpg


      金山貯水池と言えば なんと言ってもカワセミが主役。
      でも地元民は殆どがカワセミは飽食気味の鳥 絶好の
      シャッターチャンス以外は 冷淡に無視をする。
      私も遠くに見かけたのを数枚撮っただけで殆ど無視。


f0208666_19084075.jpg

f0208666_19085435.jpg

 
      今日はトンボが主目的 隣の池のトンボ場所に移動。
      何時もの水辺に行くと 老眼鏡をかけないと見えない
      小さくて か細いアオモンイトトンボが今年も居たが
      数が極めて少ない と痛感した。


f0208666_19150377.jpg

f0208666_19151880.jpg
 

      黄イトトンボが何時も見られる場所には その姿は全く見られず
      頼りなげに横揺れしながら飛ぶ姿は見られなかった。
      蝶トンボも現れる時期だが これも全く姿はない。
      シオカラトンボも その数は激減している との話だった。


f0208666_19200290.jpg


      これは又 素晴らしい色合いのショウジョウトンボが現れた。
      唐辛子より美しい赤色だな~ と感心する。
      (ショウジョウトンボは羽の紋も赤いと記憶しているが?)


f0208666_19194751.jpg

  
      まだセミの鳴き声は聞かないが 今年も もうセミが脱皮を
      している時期なんだ 騒々しい程の鳴き声も もうすぐだ。


f0208666_19201722.jpg


      37℃を超す酷暑の炎天下 ハクセキレイも暑さに耐えかねて
      木陰に潜り込んで 大きく口を開けて 涼をとる姿が見られた。


f0208666_19203175.jpg
                           以 上


   


[PR]
# by s-tamagoro | 2018-07-17 19:41 | Comments(8)

雀の尻尾 



      異常気象が続く今日この頃 西日本の水害も大変な事だったが
      草木の生育状態にも そんな疑わしい現象が見られる。
      昨年はクレマチスが初冬の頃に 狂い咲きの珍現象が見られたが
      今回も又 5月初めに咲いた花が 再び狂い咲きの花を咲かせた。


f0208666_17401835.jpg

 
      それに加え更に 4月には咲き終えた筈の藤の花も2房ほど
      花を咲かせた。  一体どうなっているんだろう?


f0208666_17492082.jpg
    
      

      暑い日が続き 我家に来る鳥達はめっきり少なくなった。
      毎日姿を見せていたヒヨも四十雀も 今は全く姿を見せない。
      でも キジバトは単独 又はペアで時折水を飲みに来る。


f0208666_17501835.jpg
 


      それからスズメの小さな一群が姿を見せるのみ と言うのが現状だ。
      これは時折 餌を撒いてあげないと来訪は少ない現実派の連中だ。


f0208666_18260292.jpg

f0208666_18263882.jpg


      このスズメは囀っているのでなく あまりの暑さに耐えかねて
      口をいっぱい開けて大きな呼吸をし 暑さに耐えているのだ。
      犬も鳥も同じなんだな~。


f0208666_18271854.jpg
 
  
      そんなスズメ達の一部に尻尾を立てている個体が見られる。
      スズメは普通 尻尾は背筋に対して平行なのが通常だ。
      この尾羽を上向きに立てているのは何故だろう?
      数年前から気にしているのだが その理由は今も判らない。


f0208666_18335653.jpg

f0208666_18344777.jpg

f0208666_18351923.jpg

                                  以上





[PR]
# by s-tamagoro | 2018-07-14 18:43 | Comments(4)

雀の尻尾 



      異常気象が続く今日この頃 西日本の水害も大変な事だったが
      草木の生育状態にも そんな疑わしい現象が見られる。
      昨年はクレマチスが初冬の頃に 狂い咲きの珍現象が見られたが
      今回も又 5月初めに咲いた花が 再び狂い咲きの花を咲かせた。


f0208666_17401835.jpg

 
      それに加え更に 4月には咲き終えた筈の藤の花も2房ほど
      花を咲かせた。  一体どうなっているんだろう?


f0208666_17492082.jpg
    
      

      暑い日が続き 我家に来る鳥達はめっきり少なくなった。
      毎日姿を見せていたヒヨも四十雀も 今は全く姿を見せない。
      でも キジバトは単独 又はペアで時折水を飲みに来る。


f0208666_17501835.jpg
 


      それからスズメの小さな一群が姿を見せるのみ と言うのが現状だ。
      これは時折 餌を撒いてあげないと来訪は少ない現実派の連中だ。


f0208666_18260292.jpg

f0208666_18263882.jpg

      このスズメは囀っているのでなく あまりの暑さに耐えかねて
      口をいっぱい開けて大きな呼吸をし 暑さに耐えているのだ。
      犬も鳥も同じなんだな~。


f0208666_18271854.jpg
   
      そんなスズメ達の一部に尻尾を立てている個体が見られる。
      スズメは普通 尻尾は背筋に対して平行なのが通常だ。
      この尾羽を上向きに立てているのは何故だろう?
      数年前から気にしているのだが その理由は今も判らない。


f0208666_18335653.jpg

f0208666_18344777.jpg

f0208666_18351923.jpg

                                  以上





[PR]
# by s-tamagoro | 2018-07-14 18:43 | Comments(2)

久々の秋ヶ瀬に 出陣




       あまりの長期間 ご無沙汰致しました。
      蝦蛄さんから久々の情報と叱咤激励を頂戴し 早速反省を兼ねて
      我がテリトリー 秋ヶ瀬に出掛けてみました。
      雨上がりの森の中は予想外に歩きやすく 長靴の必要も無し また
      藪蚊の襲撃を心配しましたが予想に反し あまり気になりません。
      でも 季節柄湿度も高く 蒸し暑い環境ではありました。

      そんな中 取り敢えずPの森に入ってみた。
      鳥の声も無く姿も全く見られない。仕方なく目に付いた花を撮る。
      これニッコウキスゲかな~? ちょっと貧弱だけど・・・・。


f0208666_19341550.jpg

      森を一回りしたが何にも姿を見せない。
      池の脇に居たハグロトンボ これも今期初めての対面。


f0208666_19345273.jpg

      突然 逆光の方角に何か中型の鳥が来て枝にとまった。
      早速シャッターを押したが 数秒で飛散。たった2枚しか撮れず
      之では鳥種も判らない。
      帰宅してから確認したら 猛禽に近い感じがするが詳細は不明。


f0208666_19370631.jpg

      この後 P森では全く音沙汰無しの状態で 止むを得ずK森に
      場所替えをする。
      裏側の駐車場に車を止め テニスコート脇から左方向に向かい
      レンジャクの広場の方まで様子を見ながら歩く。
      森には鳥も居ないが 舗装道路の上に時折姿が見られた。


f0208666_19442456.jpg


f0208666_19444070.jpg

    
      しばらく前にミドリシジミが見られたと思われる草叢は今でも
      踏み荒らされ大勢のCMさんが訪れた痕跡が鮮明に見られる。
      今でも残っているかな と思い丹念に探してみた。
      結果 一頭だけミドリシジミが見付かり これは大満足。


f0208666_19492536.jpg


f0208666_19490580.jpg


      これはイチモンジチョウらしい。


f0208666_20390551.jpg

      なかなか止まってくれないアオスジアゲハ。
      暫く様子を見ていたら やっと葉っぱに止まってくれた。


f0208666_20393436.jpg



      鳥さんは相変わらず姿を見せない。
      広場の草の上にムクが数羽 私の様子を伺いながら距離をとる。


f0208666_19553725.jpg


f0208666_19560499.jpg

      最後に蝦蛄さんのアドバイスでフクロウ場所に行ってみた。
      日曜日の午前中という事で 驚く程大勢のCMさんが来ている。

      周囲のカメラの向きを参考にフクロウの位置を推測。
      巣箱から出た幼鳥は3羽。 それぞれ分散して止まっている。


      一子
f0208666_19592553.jpg

      二子
f0208666_19594006.jpg
   

      この最後の一羽だけは こちらにお尻を向けて正面を向いてくれない。
      一時間以上この姿勢だったので 顔は撮れなかった。

      三子
f0208666_20000747.jpg
      
      親鳥は更に高い枝にとまって 子供たちの様子をずっと見守っていた。


f0208666_20002353.jpg

      以上 久し振りの出陣結果でした。          玉五郎        
            
      

[PR]
# by s-tamagoro | 2018-07-08 20:21 | Comments(8)

大型客船 台北までの旅


       さて 船旅の続きです。
      沖縄の那覇港を夕方出発し 今度は石垣島に向かう。
      日の出の様子を見ると今日もお天気は快晴 やはり南国の気温は高い。


f0208666_18292314.jpg


      この船は大きすぎて石垣港の桟橋に付ける事が出来ず 沖合4キロ程の
      外洋に停泊 船に備え付けのテンダーボートを5~6艘を下ろして
      それに乗って石垣島に上陸する訳だ。(100人位乗れるかな?)


f0208666_17152964.jpg

  
      ここでやっと「ダイヤモンド・プリンセス」の全景が撮れるチャンス。
      背景の雲も丁度 上手い具合に立ち上がってくれた。


f0208666_17245602.jpg


      テンダーボートを降りるとすぐ 竹富島行きの船に乗り変える。
      近辺の島を行き来する連絡船だが これはいつ見ても 早な~と
      感心する。


f0208666_17304777.jpg


      竹富島には地方色豊かな集落があり 狭い道路を水牛の引く牛車に
      揺られて 馭者は案内説明や地元の民謡などを聞かせてくれる。


f0208666_17334330.jpg


f0208666_17335447.jpg



      道端に多くの朝顔が見られ 「琉球朝顔」と言うそうだ。



f0208666_17340957.jpg

      その脇に見た事もない異様な花(ガク?)も見られた。


f0208666_17342786.jpg

  
      小高い丘の上に小さな展望台があり そこから東シナ海が見渡せる。
      我々が乗ってきた D・プリンセス号が小さく見えていた。


f0208666_17415594.jpg


      竹富島の観光を終えて 再び石垣島に戻り テンダーボートで
      母船に戻る。 日差しは逆光になって ちょっと残念。


f0208666_17452969.jpg
 
      夕刻 少し早めに出航し 台湾の台北の港 キールン港に向かう。
      陸地が殆ど見えない海上で 見慣れない鳥が数羽 船の脇を飛び
      廻っていたが 速くてとても画面に入らない。
      数十キロの海を帰ってゆく力があるんだろうか 心配だった。


f0208666_17454828.jpg



      翌朝 キールン港に入港し ここが最後の観光地となる。
      30分くらいかけて やっと桟橋に横付けされる。

      
f0208666_17460465.jpg
  
      
      私はゴルフを希望していたので 台北の観光はやらなかった。
      ゴルフ場は港から1時間ちょっと程の距離の丘陵地にある。
      朝の高速道路は何処の国でも同じ 相当の混雑が見られる。
      車窓の左側には飛行場とその先の市街地には101階のビル。



f0208666_17472100.jpg

      右側の高台には台湾随一の高級ホテルが。 
      政治家や財界の著名人が多く集まるところと聞いた。


f0208666_17474838.jpg


      この日のゴルフ場はミラマーゴルフクラブでプレーをする。
      日本国内のゴルフ場と微妙に差異は感じられるが この話題は
      興味の有無やプライバシーの絵が多いので掲載中止。


f0208666_17481991.jpg


      一応 今日で観光の全てが終了 後は2日半の航海で神戸に戻るだけ。
      左手に夕日の日没を眺めながら 台湾とお別れになる。


f0208666_17490178.jpg


      スタートしてから一週間後の日曜日の朝 長い旅路を終えて やっと
      神戸港に戻ってきた。
      考えてみると一週間の長い船旅の割に 見学場所とその時間も短く
      船内の娯楽や食事と飲酒が半分以上を占める結果となっている。
      3ヶ月かけて世界一周と言うのもあるらしいが 私には耐える事が
      できないと思う。
     
   
f0208666_17492509.jpg

  
      税関など煩わしい検閲を済ませて やっと陸上の普通の人に戻った。
      早速新幹線で東京に戻る。
      新神戸の駅の利用は初めての事 駅前の景色を一枚。


f0208666_17494401.jpg

  
      新神戸の売店で 神戸牛の弁当を注文したら これがお勧めとの事。
      神戸牛? 田島牛? ま~ どちらでも良いけど味は満足だった。
      3時間ちょっとで 居眠りをしている間に東京駅に帰着。


f0208666_17500788.jpg


      船の豪華さも堪能できたが 前記の通り期間の割に観光場所も少なく
      船内での遊び方も不慣れな我々には ちょっと手持無沙汰の感じだった。

                           以 上

 
  
      













      



[PR]
# by s-tamagoro | 2018-05-25 19:36 | Comments(10)

豪華客船で台湾まで



       先週の日曜日から日曜日までの一週間 以前の仕事仲間の集まりで
      台湾往復の船旅が行われ 夫婦で参加という事になった。
      日曜日の朝 新幹線で神戸まで 三宮から神戸ふ頭まで行く。
 
      我々が乗船する客船は「ダイヤモンド・プリンセス」と言う名前だ。
      イギリス船籍の外国船で乗船下船の時など 空港で受ける検査同様に
      厳しく検査される。
      乗客定員は2700名 乗組員や作業員なども1000名を超える
      大規模なものだ。
      船の全長は300m 11600トン 速度22ノット(時速40km)

      乗船する際 船の全景を撮ろうとしたが 大きすぎて画面に入らない。


f0208666_15503154.jpg

      夕刻も近い時間 いよいよ神戸港を出港となる。
      小雨にけぶる神戸の街並みを見ながら沖縄を目指して出発する。 


f0208666_16061296.jpg

      最上階のデッキには お決まりのプールやジャグジー等が設置され
      周囲にはレストランやバーなどが並んでいる。
      船内には劇場・フィットネス器具・パターゴルフ・エアロビ広場
      展望浴場・カジノ・衣類 貴金属 土産物などの売店等 各種の施設
      が整っているが 私共にはあまり縁のない施設ばかりだ。


f0208666_16094518.jpg


      翌々日の朝 沖縄到着となる。
      梅雨入り宣言が出て一週間程経過しているので天候が心配だったが
      晴れ男を自認する玉五郎 面目躍如の好天続き毎日だった。
      


f0208666_16203402.jpg

      那覇港には夕刻までの停泊 沖縄は昨年5月に2回も来ているし
      過去にも数回来ているので 今回は海洋公園の美ら海水族館のみを
      見学する事にした。


     
f0208666_16251454.jpg


      那覇港から水族館に向かう途中 バスの窓から面白い現象が見られ
      貴重な場面を撮る事が出来た。 これは珍しい蜃気楼の瞬間だ。
      船が海面上空を航行している珍しい場面ですよね。


f0208666_16314502.jpg


f0208666_16362762.jpg

      美ら海水族館に到着。 なかなか大規模な施設だ。
      

f0208666_16394081.jpg

      魚やタコ・ヤドカリ等が着飾ってお出迎えしてくれる。


f0208666_16422727.jpg


f0208666_16424688.jpg


f0208666_16430272.jpg

      水槽の中には見た事もない美しい魚たちが沢山見られた。   
      30年近く前に来た事は有るが 今では桁違いの規模に拡大され
      素晴らしい水族館になっていた。
      釣り大好きの蝦蛄さんも釣った事の無い魚ばかり。


     
f0208666_16454698.jpg


     
f0208666_16465059.jpg

  
     
f0208666_16473054.jpg

 

f0208666_16474976.jpg
       
f0208666_16480856.jpg



f0208666_16483030.jpg
   
      あまり執拗に接写に励んで居たら 人相の悪い奴に睨まれてしまった。
      「何か用かよ!」


f0208666_16490629.jpg

 
      テレビで幾度か見られた巨大水槽を泳ぐジンベイザメ。


f0208666_16564877.jpg
    
      水族館を十分に堪能 ここも昼間だけの停泊なので 夕刻前に
      船に帰着。 まだ日のあるうちに石垣島に向けて再び出航。


f0208666_16583085.jpg

      那覇港に隣接する那覇空港。
      まだ見た事の無い悪名高き戦闘機「オスプレー」を撮りたいと
      空港を狙ったが 姿は無かった。


f0208666_16590025.jpg


      翌日は石垣島と竹富島の観光となる。  続きは次回に・・・・。


[PR]
# by s-tamagoro | 2018-05-23 17:08 | Comments(2)

連休も終盤



      連休と言えども 無職の我々には無関係の日となっている。
      3日は孫に誘われて 上野の科学博物館で行なわれている
      「人体ー神秘への挑戦」という特別展を見学に行ってきた。
      NHKで山中教授とタモリが 大々的にこれを取り上げた番組
      を放映した結果でもあり 大変な人出だった。



f0208666_20331764.jpg


f0208666_20335165.jpg



      会場内は撮影禁止との事で 展示品などの写真は無い。
      人体の営みの不思議さや微妙なメカニズムに驚く。
      興味のある方は6月中頃までやっているので ご覧あれ。

      時間が有ったので常設館の方も一回り見学。
      
   
f0208666_20350123.jpg


      日本では絶滅してしまったトキ ニッポニアーニッポン。
      良く見たらトキの背中の上に私の姿が写ってしまった。
      カメラも着衣も間違いない。 数少ない私の自画像。 (^^)/


f0208666_20351634.jpg


      見学を済ませて科学館の中庭に出ると立派なバラが満開だった。
      暫く撮った事の無いバラの花を何枚か撮る。


f0208666_20552349.jpg


f0208666_20553591.jpg


f0208666_20554837.jpg


      終了後 大変な人出の上野の公園内を散策してみた。
      広場の一部で盆踊り風の一団が数時間にわたって踊り続けて
      いたが どういう人達か田舎者の私には判らない。 (+_+)
      科学館に行く時からやっていたのに まだ踊っている。


f0208666_21013344.jpg



     
      ここは常設のテント市場なんだろうか?
      今日は100社に近い本屋さんが新刊や人気本を並べて
      売っていたが これ全部が本屋さんとは本当に驚きだ。


f0208666_21014293.jpg


      上野公園からスカイツリーが近くに見えた。
      

f0208666_21020084.jpg


      3日は悪天候の予報であったが 雨こそ降らなかったが 極めて
      不安定な天候の一日だった。


f0208666_21021518.jpg

                          以  上  








[PR]
# by s-tamagoro | 2018-05-04 21:19 | Comments(6)

この一週間の様子

      今週は特に出掛ける事も無く 身近な草花や生き物だけが主役。
      今年初めて目撃したツバメ 胸の赤いところが美しい。

f0208666_17094492.jpg


      ハナミズキも結構多く見られるが 高い木の上に咲くので
      意外と花の素顔をはっきりと見る機会は少ないものだ。


f0208666_17100077.jpg


      20年近く前に植えた棕櫚(シュロ)も今は樹高はやっと2m程。
      今年初めて黄色い異様な姿の花が咲いた。
      この花は何か実を付けるのか 花だけで落ちるのか全く判らない。


f0208666_17101462.jpg


   
      アマナも図鑑の写真とは微妙に差異が見られるが 詳細は判らず。
      今後 この花の詮索は止めた。
       
      
f0208666_17103115.jpg


      藤も盛りは過ぎ 昨日しおれた花を全て元から切り取って廃棄。
      これは庭中に落ちて広がり 大変厄介だからだ。 これ大作業。


f0208666_17104904.jpg


      花の盛りのうちはクマン蜂が頻繁にやって来て蜜を舐めてゆく。
      そんな姿を 暇に任せて長時間追い掛ける。
      動きが早くシャッターチャンスは極めて短時間で難しい。


f0208666_17105956.jpg


f0208666_17111742.jpg


f0208666_17114583.jpg


      朝のうち 庭で尻尾の短いトカゲを見かけた。
      何かに襲われて尻尾を失い 今は復元の途中の姿らしい。


f0208666_17120385.jpg

             以  上











[PR]
# by s-tamagoro | 2018-04-24 17:39 | Comments(10)
      

      ちょっと時間が過ぎてしまったので 投稿を止めようと思いましたが
      ネタ不足の折 一応ご紹介いたします。

      私は孫が高校に入学が決まると お祝を兼ねて広島の原爆祈念公園と
      資料館に必ず連れてゆく事にしています。
      今年 最後の男の孫が某高校に入学出来ましたので 家内と共に3人で
      何回目かの一泊二日の広島行き という事になりました。

      初日は晴れ 翌日は雨という予報でしたので順序を変え 最初の日は
      安芸の宮島観光を先に 翌日の雨の中は祈念公園と資料館としました。



      早朝から新幹線で広島まで そこから山陽本線で宮島口まで。


f0208666_20233991.jpg

      2~30分で宮島行きフェリー乗り場の駅に到着。
      JRを含め2社のフェリーが頻繁に往復しており それでも多くの
      観光客が見られ 半数を超える外国人観光客には驚いた。
      世界遺産に登録された為だろうか。


f0208666_20255827.jpg


f0208666_20324073.jpg



      10分か15分で宮島の船着き場に到着。
      安芸の宮島のシンボル 海中に建つ大鳥居。


f0208666_20332804.jpg


      ここでも奈良と同じく 鹿が放生されている。
      餌をやったり体に触ったり写真を撮ったりしているのは
      殆どが外国のお客さん。 鹿も疲れてしばし休息。


f0208666_20361053.jpg
    
      世界遺産の建築物の概要。 皆さんご承知なので解説無し。


f0208666_20401131.jpg


f0208666_20402904.jpg

     
      偶然 ここで結婚式を挙げている新婚さんの姿が見られた。
      多数の外国人観光客には最高のシャッターチャンス。
      私も群衆に紛れて一枚撮らせて頂いた。
      こんな最高の場所で式を挙たら 一生幸せに暮らせるだろうな。


f0208666_20423109.jpg


      見学順路の終わり近く 見事な太鼓橋


f0208666_20485453.jpg


      世界遺産の建築や施設の見学が終わると 宮島の中央に聳える
      海抜535mの弥山(ミセン)頂上を目指し ゴンドラに乗る。


f0208666_20503746.jpg
     
      ゴンドラ終点から頂上までは更に山道を1時間弱程登らなくては
      ならないが 流石に今回は足が言う事を聞かずギブアップ。
      孫が代表で一人で踏破 頂上の写真一枚は前回の物を使用。 m(__)m


f0208666_20510500.jpg


f0208666_20512612.jpg


f0208666_20515122.jpg


      弥山の山からの絶景を楽しんで 再び下に降りると 潮は干潮の時間
      となっていて 大鳥居も陸続きになっており 観光客は干潟を歩いて
      大鳥居まで これもラッキーな出来事だよね。


f0208666_21013841.jpg

      翌日は本命の平和祈念公園と原子爆弾の投下による膨大な
      恐ろしい被害の写真や遺品 詳細な説明が見られる資料館。
      こんな悲惨な戦争は決してやってはいけないんだ と孫達に
      充分理解してもらうのが目的なのだ。
      爆心地直下の商工会議所の廃墟 今ではシンボルタワー?に。


f0208666_21063171.jpg

f0208666_21064870.jpg


      ここの対岸に平和祈念公園がある。
      8月になると毎年ここで平和を祈念して 大勢の人が参列する。


f0208666_21073838.jpg


      
      ここに書いてある碑文は
      「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませんから」
      と 明記されています。
      今は日本の自衛隊の武器や装備も エスカレートしていると
      聞きます。   心配な事ですよね。
  

f0208666_21075534.jpg


      原爆資料館(正確には広島平和記念資料館)にも大勢の人が
      見学しており ここでも諸外国の人々が 過半数を占める程で
      本当に驚きました。
      そして熱心に資料を見たり読んだりして 見学していました。


f0208666_21081313.jpg


f0208666_21083690.jpg

  
      私は幾度かここに来ましたが この災難を体験した語り部の話を
      初めて聞きました。
      悲惨な経験を方言交じりで語る話には 涙無くして聞かれない
      そんな経験談には驚きました。
      語り部の男性(右下に見える人)のお話でした。


f0208666_21085293.jpg


      広島に行ったら 宮島では「あなご飯」 そして本物の「お好み焼き」


f0208666_21091628.jpg

                 以  上












[PR]
# by s-tamagoro | 2018-04-19 21:59 | Comments(8)

4月中旬 近況




       ひと月ほど前 病気には無関係と自負している私も ちょっとした風邪の
      症状が見られ 直ぐ治ると放置した結果 軽い肺炎にまで進んでしまった。
      以後2週間程で やっと無罪放免となったが 老人の肺炎は大変危険だと
      認識せざるを得ない辛い経験となったが 今はやっと「スポーツ毎日」の
      日常が戻って来て 楽しく過ごしています。ご無沙汰しまして済みません。

      このところ風の日も多く 更に都心方向から上る早朝の太陽も鋭さを欠き
      なんか太陽なのか お月様なのかも判らない様な 日の出の風景だった。


f0208666_13300087.jpg


      体調不良でも庭に出たり近所を歩く時はカメラを手放さない。
      ちょっと賞味期限を過ぎた写真もあるが やはり春は美しい。
      山茶花が終わって 引き続き椿が咲き始めた。   


f0208666_13341198.jpg

    
      花カイドウは30年程前に植えて 毎年楽しんだ大切な木だったが
      どうした訳か昨年枯死してしまい やむなく今年植え替えた。
      まだ小振りの木だが 花も以前と変わらず美しい。


f0208666_13390644.jpg


      西洋タンポポに キタキチョウが止まっていた。


f0208666_13423304.jpg


      ツグミさんも もうすぐ旅に出てしまう時期だが 姿を見せた。
 
 
f0208666_13441344.jpg
 
      庭の花畑を一回り閲覧すると「手入れ状況は良好」と宣告。
      巡回任務を終わると 次の検査場所に飛んで行った。

  
f0208666_13463457.jpg

      今年もアマナが咲き誇る季節。 花が咲いても夕刻とか雨天の時は
      花を閉じてしまう。
      これは午前8時のアマナの様子。
      
 
f0208666_13500884.jpg
     
      これは同じ日の正午の姿。 毎日これを繰り返し 10日程すると
      花は枯れて消えてゆくのだ。
      桜草公園の案内板に アマナは絶滅危惧種?とか書いてあった様な
      気がするが このアマナの事だろうか?
      我家では増えすぎて困っているのだが・・・・・。
 
     
f0208666_13524176.jpg


f0208666_13574964.jpg


      今はハナミズキの最盛期 我家ではこの色が一本あるだけだが
      近くの街路樹は多彩の色で美しい。



f0208666_14004249.jpg

                      以 上


[PR]
# by s-tamagoro | 2018-04-14 14:09 | Comments(9)

温暖 快晴無風




       暖かい日が続き 春も真っただ中という感じだが 山茶花も梅も終わり
      唯一咲いているのはクロッカスだけ。
      先日開花した花の近くに 今度は4輪の花が咲いた。 唯一の春景色。


f0208666_13554584.jpg



       昨日の土曜日 早朝 相棒から秋ヶ瀬に行ってみよう と電話があり
      素晴らしいお天気だったので 早速出掛ける事になった。
      先日撮り損なった赤いベニマシコを狙ってSに行ってみた。
      早速姿を見せたのが小さな猛禽のモズ。


f0208666_14011777.jpg


 
      排水路の側溝に わずかに残った水を飲みに来たらしいアオジ。


f0208666_14024798.jpg


      マシコ場所には既に10人程のCMさんが待機。
      時々やぶの中から出ては来るが 良い場所に止まってくれず
      成熟した綺麗な雄も現れず 結局若雄がちょっと見られただけ。


f0208666_14080045.jpg


      見込み薄 と判断して 水辺の様子を見に川の方へ。
      干潮時と見え 川の水はかなり少なく干潟状態。
      泥の上にアオサギとオオバンたちが歩き回っていた。


f0208666_14111227.jpg


  
f0208666_14145324.jpg
    

f0208666_14152166.jpg


      場所を変えて 先日一羽だけのレンジャクがいた場所に行ってみる。
      今日は複数のレンジャクが見られ CMさんも多い。


f0208666_14162527.jpg

 
      食べた物の使用済みは その都度排出するのが大原則。

    
f0208666_14190864.jpg


     高い場所に居る奴は どうしても白い腹ばかり綺麗に撮れない。
     目の高さの枝に止まってくれるのを ひたすら待つしかない。


f0208666_14240176.jpg


f0208666_14241837.jpg


      数羽の集まりでは中々ペアの姿は撮れない。
      やっと仲良しの並んだ姿が撮れた。
      私の観察では 今日は8羽の姿が見られた。


f0208666_14243857.jpg


   
      帰りがけにツグミさんを撮って 今日はおしまい。


f0208666_14285138.jpg



                             以上



[PR]
# by s-tamagoro | 2018-03-04 14:29 | Comments(8)

温暖な日が続きます。


       もう2月の末 暖かい日が続くようになり 庭の水飲み場も氷が張らず
      春の気配が強く感じられる。
      今日 庭の隅に2輪のクロッカスが初めて咲いていた。(2月28日)
      過去の平均開花日を見てみると 我家では3月7日となっていた。


f0208666_14365945.jpg

      梅の花は満開だが そこに蜜を舐めに来たのはヒヨ。
      「梅ヒヨ」では あまり冴えない景色 ウグイスでなくても良いから
      もう少しまともな奴が来てくれたらうれしいのだが・・・仕方ない。


f0208666_14382079.jpg



      ヒヨは結構 みかんの皮がお好きな様で 庭に投げておけば何時も
      それを食べに来る。
      当然実の方は与えず 我々が食べるのだ。


f0208666_14422693.jpg


f0208666_14453834.jpg


      のどかな陽気に誘われて 近くの金山貯水池まで散歩に出かけた。
      柳瀬川を遡って歩いて行くと 昨年のコスモス畑にモズが居た。
      雌雄は判らないが ちょっと痩せている?みたいに見える。


f0208666_14463405.jpg
 

      梅林に差し掛かると ちょっと遠方にアオジらしいのが見えた。


f0208666_14502997.jpg


      もう一羽 姿を見せたのは なんと 我家の住人のジョビ子だった。
      こんな遠方まで遊びに来るのかな~?


f0208666_14523205.jpg


      カワセミの本場の貯水池に到着 様子を見るとCMさんは3~4人のみ
      少しの間 様子を見ていたが 全く気配なし。
      オナガ鴨が2~3羽 泳いでいるだけ。


f0208666_14550484.jpg



      カワセミのいつものお立ち台には 場違いなムクが居座っていた。


f0208666_14584415.jpg


      ここに来ればカワセミしか見られない時が多いと言われる名所。
      来訪してカワセミが見られなかったのは ほぼ一割程度だ。
      諦めて池を一回りして帰ろうとした時 脇の林に大型の鳥が一羽。
      毎年みられるゴイサギの子 星五位(ホシゴイ)だった。


f0208666_15001081.jpg


      何枚か撮って もう少し近寄ったら 早速逃げ出していった。


f0208666_15081042.jpg

                         おわり














[PR]
# by s-tamagoro | 2018-02-27 15:09 | Comments(6)

久々の秋ヶ瀬 出陣


       体調不良が(筋肉痛)続いて 元気のない毎日。
      昨日は予報では雪かも?と言われたが 又とない温暖快晴のお天気。
      足の運動を兼ねて 久し振りに秋ヶ瀬に行ってみた。

      早速出迎えてくれたのは常連のコゲラちゃんだった。


f0208666_12145000.jpg


 
      続いて出て来たのが おちょぼ口のエナガちゃん。
      可愛いけどすばしっこくて なかなか追いきれない厄介者。


f0208666_12180026.jpg

   
      ちょっと遠かったけど 草むらに居たカシラダカが飛び上がって
      木の枝に止まってくれた。


f0208666_12190469.jpg


  
      次に出て来たのは はっきりしないがウソみたいだ。


f0208666_12210048.jpg

 
      池にはアオサギが 餌を狙って水の中に佇んでいる。
      記念写真でも撮るつもりでカメラを向けると すぐ後ろを
      コガモの一団が「はい 御免よ」と言って通り過ぎて行った。


f0208666_12244099.jpg


      一番北側の大きな池の脇の立ち木にダイサギが止まっており
      そこに別のアオサギがダイサギを追い払ってお立ち台に着地。
      ダイサギよりアオサギの方が権力者みたいだった。


f0208666_13171336.jpg


      追い出されたダイサギは 不満そうな顔をしながら 近くの
      お立ち台に移動した。

      
f0208666_12321907.jpg

      森の中に入ると薄暗い藪の中に 久し振りのシロハラが一羽。


f0208666_12342863.jpg


f0208666_12373966.jpg


      通りかかったCMさんが レンジャクが一羽だけ来てますよ と
      教えてくれたが たった一羽ではしょうがないな と思いつつ
      でも今年の初物と思い 広場に行ってみた。
      確かに孤独な一羽はすぐに見付かったが 移動が速く 最適な
      場所に止まってくれない。
      偵察員の任務が大変なんだろうな・・・と思った。


f0208666_12383833.jpg


f0208666_12385917.jpg


      一羽だけでは長居は無用と 次のベニマシコの目的地に移動。
      現地に着くと 居ました! 桜の木の上に真っ赤な奴が。
      三脚を広げ カメラを向けた瞬間 5~6羽のマシコたちは
      一斉に南の方に飛び去ってしまった。大失敗!
      仕方なく 帰って来るのを期待して近所の川沿いを歩く。

      名前は判らないがシギが一羽。
      それと最近 我家に来なくなった白髪頭のジョビ♂も居た。


f0208666_12445477.jpg
  

f0208666_12451388.jpg



      暖かいせいか小さな羽虫が 沢山水辺に群れているのを
       飛び上がって捕まえている鳥が居た。
      ウグイスだろうか? ムシクイの仲間?



f0208666_12453489.jpg
     

      マシコたちが飛び去ってから1時間半 仕方ないので今日は諦め
      次の機会にと考えて帰る事にする。
      帰り道 野焼きの地域を通ると ここにも常連達が幾つか見られた。



f0208666_13003942.jpg



f0208666_13010062.jpg



     
f0208666_13011418.jpg

                        
                         以上







      

            




[PR]
# by s-tamagoro | 2018-02-21 12:21 | Comments(10)

皆既月食は快晴だった

      大雪の降る直前 何時もの様にジョビ子は水を飲みに来た。
      ところが翌日の大雪以来 全く顔を見せなくなった。
      水場が雪と氷に埋もれた為か あるいは大雪に恐怖を感じたのか
      その原因は良く判らない。


f0208666_10205470.jpg



      木の実や草の実を食べつくしたのか 最近は草の葉っぱや花びらを
      好んで食べている姿をよく見かける。
      芝生に散らばった山茶花の花びらを好んで食べている。


f0208666_10214205.jpg


f0208666_10250126.jpg


      天気予報に違わず 午後から激しく降り始め 例年にない大雪になった。
      雪景色の中 姿を見せたのはヒヨだけだった。


f0208666_10253059.jpg



      この度の大雪は長靴の丈程もあり 30cm程の積雪量だった。
      雨量に換算すると1割弱として25mm程度と思われる。
      花の咲き始めたパンジーの部分だけ優先的に掘り起こして
      日光が当たるようにしたのだが これに目を付けたヒヨが
      早速 やっと咲いている花を盗みに来た。
      不思議な事に食べるのは黄色い花弁だけ 赤や紫は食べないのだ。


f0208666_10280440.jpg
 
f0208666_10370505.jpg


      昨夜は久々の皆既月食が見られるとの事だが 3年程前にも
      赤銅色の月を順序良く撮影で来たので 今回はあまり興味は
      感じなかったが やはり数少ない天体ショウなので 仕方なく
      カメラに三脚を付けて 寒い庭に設置して様子を見る。
      風呂上がりだったので程々にして短時間の皆既月食を楽しんだ。


f0208666_10443296.jpg
 


f0208666_10445047.jpg
  


f0208666_10450867.jpg



f0208666_10453824.jpg
                           以 上




[PR]
# by s-tamagoro | 2018-02-01 10:46 | Comments(12)

ヒヨとツグミの攻防戦

      この写真は1週間程前の物だが 早咲きの梅の花は もう盛りを
      迎えている。


f0208666_11194557.jpg


      メジロは連日ペアでやって来て 今は盛りを過ぎた山茶花の花の
      蜜を舐めにやって来る。
      最初に水場に立ち寄ってから 残り少ない山茶花の花に移動する。


f0208666_11214504.jpg


f0208666_11230961.jpg


      ムクドリも これもペアで頻繁にやって来るが 変わった動作や
      面白い姿は少なく あまり写真の材料にならない鳥だ。


f0208666_11245840.jpg



      ジョビ子も毎日 幾度もやって来るがペアを形成する気配もない。
      この近くに居付いているらしいが 何処からやって来るか不明だ。

      
f0208666_11341326.jpg


f0208666_11365859.jpg

 
      最近 与太者のヒヨは5~10羽程の群れを作ってやって来る。
      今まではペアで縄張りを主張していたのだが 最近の集団形成は
      何だろう?
      そんなヒヨの群れの中に一羽のツグミが突然割り込んできた。

      
f0208666_11372162.jpg
  
      
      挨拶も無く いきなり割り込んできたツグミに ヒヨは呆然。


f0208666_11405891.jpg


   
      3~4羽のヒヨが水場に居たが 臆することなく縄張りを主張。

      
f0208666_11434043.jpg
 

      大きな態度のツグミに耐えかねて 両者のにらみ合いとなる。


f0208666_11462247.jpg

  
      攻撃を仕掛けようと詰め寄るヒヨに ツグミは猛然と反撃体制。

      
f0208666_11480964.jpg

 
      あわや乱闘になるかという瞬間だったが 恐れをなしたヒヨたちは
      一斉に逃げ去ってしまった。 勝ち誇ったツグミの雄姿。
      今まで見て来たツグミは これほど闘争的ではなくヒヨが優勢だった。
      こんな激しいツグミは初めての経験であった。


f0208666_11494945.jpg
                              以 上



[PR]
# by s-tamagoro | 2018-01-19 11:32 | Comments(10)

新春の富士山

      お正月と言えば なんと言っても富士山の景色。
      西風が吹く状況ではあったが 近くの柳瀬川の河川敷に出掛けた。
      予想違わず 綺麗な富士山の姿が目の前に広がっていた。

f0208666_12354077.jpg


      ちょっとズームアップしてもう一枚。


f0208666_12363220.jpg


      この河川敷を遡れば カワセミで有名な金山調整池に至る場所だ。
      途中で枝に止まっているツグミを見付けた。


f0208666_12370055.jpg


      金山調整池に着くとすぐにお馴染みのカワセミのお嬢さんに遭遇。
      逆光の場所だったので深追いせず 儀礼的に一枚だけ撮影。


f0208666_12392017.jpg


      
      この後 何やら鳥影が見られたが なんと ここで電池切れ!
      出る前に確認したのだがまだ残量がある筈 と甘い判断で 予備の
      電池を持たずに出かけてしまったのだ。
      聞くところによると 鳥撮り遠征に出掛けるのに カメラを忘れて
      出掛けた人も居る と聞いたので 残念ではあったが安心した。 (^^)

      さて、今年もフキノトウが芽を出していた。
      通常の平均開花日は1月15日だが 今年は元旦の日に見つけた。
      ずいぶん早く芽を出したものだ。


f0208666_12420304.jpg



      問題の狂い咲きのクレマチス 毎朝氷点下の厳しい寒さに耐えて
      葉っぱは大ダメージを受けているが それでも花を咲かせている。
      4輪の花と最後の蕾が一つ これですべてが終了する訳だ。
      それにしても恐ろしい程の執念を感じる花であった。


f0208666_13473313.jpg


      お正月が過ぎても この寒い中 常連のジョビ子は連日やって来る。
      どうした訳かジョビ君は現れないけど・・・・。
      今日現れたジョビ子は4~5m程 芝の上を歩く姿をはっきり確認。
      スズメとほとんど同じピョンピョン歩きで 驚く程早かった。
      連日見ていても 滅多に見られないこんな姿は初めて確認した。
   
      
f0208666_12575212.jpg


      メジロも山茶花の開花中は これも毎日やって来る。
      山茶花が終わって椿の花が終わるまでは これも常連のうち。

      
f0208666_13290731.jpg



      四十雀もメジロと同じく 必ずペアでやって来る。
      四十雀がやって来ると その後 続いてスズメ達がやって来る
      事が多い。

      
f0208666_13313928.jpg


      一年を通じて現れるのは 悪役のヒヨだけだ。
      これこそ連日の事なので カメラを向ける事は少ない。
      それでも前回の三種揃い踏みみたいな 決定的チャンスを
      見付けて撮りたいと思い 何時もカメラを抱えているのが
      実情です。

      
f0208666_13351345.jpg
                          以上


[PR]
# by s-tamagoro | 2018-01-06 12:52 | Comments(8)

      暮れも押し迫り もうすぐ年も変わる事になります。 
      この時期は家の内外の清掃や手入れに追われる多忙の季節。
      時折 休息と称して のんびりと過ごす時間もある。
      そんな時は庭に来る鳥達の行動をゆっくりと観察し撮影が
      出来るのだ。
      
      四十雀は水を飲んだ後 洗顔と嘴の清掃を行う。


f0208666_11525173.jpg

      
      このところ 連日現れるジョビ子 丸っこくて可愛い奴だ。


f0208666_11573418.jpg



f0208666_11581445.jpg

 
      ムクドリも頻繁のやって来る事が多くなった。
      ここに来るムクドリは必ずペアでやって来る。


f0208666_11590693.jpg

      
      歩行が得意な鳥なので 速足で庭中を歩き回って餌を探す。
      でも 水飲み場に立ち寄る事は少ない。


f0208666_12010649.jpg



      大きい割に穏やかな鳥なので スズメや四十雀は気にせず
      餌探しを続けている。


f0208666_12032310.jpg


      こうして見ると 種類を超えた小鳥同志の仲も良いものだ。
      争う事も意地悪する事も無く こんな風景は実に楽しい。

 
f0208666_12072454.jpg


      今度はスズメとジョビ子。

  
f0208666_12135414.jpg



      こんな異種で仲良しグループの姿を撮っていたら なんと吃驚!
      一生かかっても撮る事の出来ない決定的シャッターチャンスだ。
      こんな動きの速い 更にデリケートな異種が同じ向きで撮れたのだ。
      この瞬間はほんの一瞬 1秒ほどの配置であった。
      鳥撮りを初めて10年 その中で最高の一枚となった。 嬉しい!


f0208666_12152289.jpg



      こんな楽しい風景も この与太者のヒヨだ出しゃばって現れると
      一瞬のうちに全員が飛び去ってしまう。 そして 暫くの平静。


f0208666_12290135.jpg
 
      今年も一年間 お世話になりました。 来年もよろしくね。  玉五郎


[PR]
# by s-tamagoro | 2017-12-27 12:05 | Comments(8)

今年も あと一週間

      今年も はや一週間を残すのみの時期となった。
      巷ではクリスマスとかでそれなりの賑わいを見せているが
      我家は仏教なので 特に祝ったり飾り物をする事は無い。
      そんな時期 我が家の庭に水仙が咲き始めた。
      温暖な房州や伊豆方面では冬でも沢山咲いているらしいが
      私の所では開花平均日は1月26日となっているが 今年は
      極端に早く咲き始めたのだ。 正確には12月20日。


f0208666_15144577.jpg


      アジサイやドウダンは枯れ葉が落ちた時から新芽が用意されている。
      梅の花芽も膨らんできて 彼らも休む暇もないな~ と同情する。


f0208666_15172616.jpg


      このところ毎朝氷が張り 霜も降りて周囲は真っ白なのに
      問題の狂い咲きのクレマチスは それにも負けず今でも
      花を咲かせている。
      でも開花しても2~3日で霜に負けてしおれてしまうけど。

      
f0208666_15175860.jpg



      そんな寒い朝でも ジョビ子は 連日水を飲みにやって来る。


f0208666_15230614.jpg


      遠慮がちに芝生に降りて スズメみたいにピョンピョン歩きで
      短距離を歩き 水飲み場の脇の小さな石灯篭にたどり着く。


f0208666_15274647.jpg


      やっと水飲み場に到着するが なんと 今朝も氷が張っていて
      水を飲む事ができない。 さて、どうしたものかな・・・。


f0208666_15325517.jpg

      
f0208666_15301083.jpg

      
      仕方がないから また昼頃に来ようかな~ と決めて退散。


f0208666_15331908.jpg



      メジロさんも山茶花目当てで これも連日やって来る。
      取り敢えず樹の裏側に入って 安全確認と花の具合を確かめる。


f0208666_15353045.jpg


      メジロは非常に臆病者で 蜜を一口吸っては周囲を警戒する。
 
     
f0208666_15383214.jpg


f0208666_15403476.jpg
 

      スズメは花の蜜は関係が無く 山茶花には目もくれない。
      こうして観察していると 蜜を舐めに来るのはメジロと
      ヒヨの2種類だけ。 でもヒヨは蜜も舐めるし花弁も
      むしり取って良く食べている。


f0208666_15480305.jpg

                             以上



[PR]
# by s-tamagoro | 2017-12-24 15:21 | Comments(6)
      多忙が故に出陣出来ず との言い訳。
      今日 日曜日 冷たい北風が吹いていたが やっと秋ヶ瀬に出掛けてみた。
      Kに直行し 歩き始めてすぐ 2人程のCMさんが三脚を立てて何やら待機中。
      雰囲気ですぐ ルリビだな・・・と判断。 
      「出ていますか?」「先程から2回程出ましたよ」「雄ですか?」「そうです」
      早速仲間に入れてもらってスタンバイ。
      10分もしないうちに 2回も顔を出してくれた。 ラッキー!!
      今日は早朝から縁起が良いわい・・・  大収穫間違いなし の予想。
      30分程 そこでお付き合いをしてから 久し振りのテリトリーを散策。


f0208666_19194275.jpg


f0208666_19200435.jpg


      Kを一回りするも 何時もの通り 何にも出てこない。
      これは大収穫どころか 空振りの様相で焦りを感じる。
      止むを得ず ここを諦めて 急遽 Pに場所を変更する。
      BBQ広場の脇のモグラ叩きの場所に行ってみる。
      ここはアオジとカシラダカばかりの場所だが ツグミが
      突然 至近距離の場所に現れた。


f0208666_19215464.jpg



      運悪く 逆光の場所に来てしまったが そこにアオジが現れた。


f0208666_19353458.jpg

     
      同じ場所で今度はカシラダカが顔を出した。
      極めて悪条件ながら これもGET。 
      空振り怖さに 羽の生えたものは何でも撮る事にした。
      逆光でも遠距離でも枝被りでも 何でもカメラを向ける。
      拙い写真でも 証拠写真だと言い訳をして済ます覚悟だ。

 
f0208666_19373462.jpg


      ここはアオジとカシラダカだけなので 場所を変える。
      途中で高い木の枝に数羽のカワラヒワを発見。
      その中でラブラブの? ペアの姿も見られた。 友達かな?

     
f0208666_19470755.jpg


f0208666_19501883.jpg



      シメも今期 初めて撮る常連だ。
      頑丈な嘴は縄文人を連想させる 逞しい感じがする。


f0208666_20225551.jpg



f0208666_20255104.jpg



      普段はキジバトにはカメラを向けないが 貧果を解消の為 何でも撮る.
      でも 毎年連日我が家に来ていたポッポちゃんも 姿を見せなくなって
      はや 1年 結構 私になついていたのに 寂しい。


f0208666_20262552.jpg



      帰りがけにS公園入口周辺を ちょっと覗いてみた。
      川の向こう側に 再びツグミが見られた。
      

f0208666_20375371.jpg


     
      アオジとジョウビタキを探したが 撮影に至らず。
      ベニマシコも居たが 距離もあり 拡大して証拠写真として
      UPします。
 

f0208666_20424241.jpg



      昼も過ぎて もう2時になる。
      諦めて帰ろうとした時 モズが現れて 「また どうぞ!」と
      義理堅く 挨拶をしてくれた。 
      「また 来ますよ」  (^^)/


f0208666_20454024.jpg
                             以上


[PR]
# by s-tamagoro | 2017-12-17 19:34 | Comments(8)

師走も中盤の時期

      12月も中盤となり 気分的にも慌ただしい時期となった。
      伸びすぎた庭木の剪定をすると この剣幕で面倒なゴミが発生する。
      昔は皆 燃やして処理をしていたが 今は禁じられている訳だ。
      片手で持つのは重すぎる程の束にして 可燃ごみの収集日に少しずつ
      持って行ってもらう訳だ。
      まだ同量ほどの切り屑が出るので この時期は本当に大変だ。


f0208666_18090694.jpg


      四十雀とヒヨは連日やって来るが キジバトのポッポちゃんは
      最近見られなくなった。 3~4年の間 連日姿を見せていたが
      もしかしたら・・・と 不吉な感じもするが どうしたのかな?
      四十雀は群れでなく ペアでやって来ることが殆どだ。


f0208666_18155766.jpg


f0208666_18203561.jpg
      
      ヒヨも休みなくやって来て ナンテンの実をついばんでゆく。
      これは1週間程前のヒヨのつまみ食いの様子であるが この時は
      ナンテンの実は沢山付いていたが・・・・。


f0208666_18222918.jpg
    
      ヒヨにこっそりと盗み食いをされて ナンテンの実は少なくなった。
   
   
f0208666_19085162.jpg

      
f0208666_19104774.jpg


      4~5年前に 山茶花の木の天辺に 伸びた枝を使い 球形の
      造形を 面白半分やってみたが・・・・。
      
 
f0208666_19111877.jpg


      山茶花の蜜は美味しいらしく これを狙ってメジロとヒヨが
      連日訪れて来ている。
      ヒヨは不味いナンテンの口直しをしに来ている訳だ。


f0208666_19230093.jpg


      特異な形を楽しんだ訳だが ここを刈り込んだり成形したりする
      この作業は2mの脚立の最上段に立ってやらねばならない。
      私も寄る年波 極めて危険な作業を続ける訳には行かないので、
      今回を最後に 花が終わったらこれを切り落とす予定だ。
     
 
f0208666_19182508.jpg

      
      今を盛りに咲き誇っている山茶花の時期でもあり 初氷も
      見られる寒さと霜にも負けず 狂い咲きのクレマチスは
      今も見事に咲いている。
      葉っぱの一部が ちょっと赤くなっているけど・・・。
      でもクリスマスの直前には花も終わると思うが どうかな?


f0208666_19261687.jpg
                             以上


[PR]
# by s-tamagoro | 2017-12-12 18:25 | Comments(4)
       ゴルフの話ですので 興味の無い方はパスしてくださいね。

      毎年 この時期に行われる某大手メーカーさん主催のゴルフ会が行われる。
      始めてから37回程になる様だが 私は10数年前から参加している。
      最初に行われるのはフェニックスCC 世界から集まる有名男子プロも多く
      タイガーウッズ等も過去に優勝している。
      今年は2週間前に米国のケプカ選手が 昨年に続き連続優勝したコースだ。
    
      夕方 日没の頃に羽田を出発 6時半ごろ宮崎空港に到着。
      宮崎空港も今は 「宮崎ブーゲンビリア空港」と流行の名称に変わっている。


f0208666_21305563.jpg
    
      その日の宿泊と夕食はシーガイア シェラトンホテルになっている。
      40数階の高層ホテルの32階の部屋になっており 朝になってから
      外を見ると目の下は緑のゴルフコースが広がっている。


f0208666_22162349.jpg


      朝食を済ますとすぐ フェニックスカントリーのスタート場所に向かう。


   
f0208666_22235064.jpg


      お天気は快晴で無風 絶好のゴルフ日和だ。
      こちらではまだ芝も青く 素晴らしい情景ではあるが実は超難コース。

      
f0208666_22242356.jpg
   
f0208666_22270989.jpg


      この松林は海岸から吹き寄せる砂を防ぐ防砂林で 黒松が隙間なく
      密生しているので この中に打ち込むと抜け出すのは至難の業だ。


f0208666_22294844.jpg


      クラブハウスの中は歴代の優勝者40数名の写真が掲示されている。


f0208666_22304532.jpg

f0208666_22322851.jpg

      
      食堂では当地特産の宮崎牛・鶏肉・焼酎等が楽しめる。
      タイガーウッズ選手は ここの牛丼が大好物で必ず注文するとの事。
      私は今回も同様に宮崎牛の牛丼を頂いた。 美味しいよ!

f0208666_22355860.jpg


      この後 後半戦を終えて 第一日目は終了。
      翌朝早くホテルを出て車で宮崎カントリーに向かう。
      所要時間は30~40分位でコースに到着。気温は10℃程。


f0208666_22404086.jpg

     
      ここは先週 女子プロの最終試合の行われた ここも名コースだ。
      歴代の優勝者の写真や参加選手の寄せ書きなどが展示されている。


f0208666_22483488.jpg


f0208666_22491453.jpg



       このコースも 南国風情の景色が美しい。


f0208666_22493723.jpg


       ここでは今 遅咲きなのか少し背の低いコスモスが花盛りだった。

    
f0208666_22512045.jpg



      ここもフェニックスと同様に防砂林の松の木が密生している。


f0208666_22530118.jpg


      ここが最終ホールで なかなか難しい18番ホールだ。
      このホールを如何に切り抜けるか その結果で順位が変わるのだ。
      悲喜こもごもの名物最終ホール。     

  

f0208666_22542919.jpg

      
      主催者側の社員が プレーヤーの最終ホールを見守っていた。

  
f0208666_22590476.jpg

      
      ここの名物料理はチャンポンが大人気。 これも最高に美味しい。
      そして焼酎は木挽きという地元の物で これもお勧めの品だ。


f0208666_23005363.jpg

      先週行われた女子プロの競技の足跡をたどりながら1ラウンド終了。
      夕刻前に車で10分程の近距離の空港に移動。
      空港内の様子も 過去の有名人知事以来 賑やかになった感じだ。


f0208666_23053534.jpg


      JALの羽田行きは 5時頃の予定で 搭乗口で時間を待つ。
      暇なので 背筋を真っすぐに伸ばした姿勢の良い飛行機の姿を
      撮りながら暇潰し。


f0208666_23121381.jpg
 

      どうした訳か搭乗する飛行機が大幅に遅れ 暗くなり始める。
      丁度 満月前のお月様が飛行機の上に見えたのでこれも一枚撮る。
      その後は無事に羽田に そして自宅に帰ったのは9時頃だった。

f0208666_23163696.jpg
                                 以上





      
      


[PR]
# by s-tamagoro | 2017-12-04 22:15 | Comments(4)
      11月も数日を残す時期となり 例年になく寒い日が続いて居る。
      今年はその寒さのせいか ドウダンツツジが美しく色付いている。

f0208666_19122388.jpg


      四十雀のペアも朝早くから 連日やって来て来る。
      餌はあるのか無いのか知らないが 水が目当てなんだろうか。

f0208666_19154531.jpg


      スズメもご飯粒の記憶が残っている間は これも毎日やって来る。


f0208666_19183247.jpg
  
      庭木の最終手入れもほぼ終わりになるが 今日 なんと!生垣の
      紅カナメの陰に30cm程のスズメバチの巣が見付かった。
      普段出入りしている庭の部分から3~5m程の至近距離。
      そういえばスズメバチは2.3回は見かけたが まさか身の回りに
      巣を作っているとは知らなかった。


f0208666_19193087.jpg


      下側から見ると確かに子育てをしたことは明白 でも巣の方は
      まだ未完成の状態で 今期の終末を迎えたらしい。


f0208666_19375016.jpg


      遅めの昼食をしている時 見慣れない鳥が柿の木の枝にやって来た。


f0208666_19524121.jpg


      急いでカメラを向けるが 咄嗟にどなた様か判らない。
      屁理屈を考えず とにかく何枚か撮る。
      写真を確認すると どうやらビンズイらしい。
      秋ヶ瀬でも北本でも撮った事が無い。 これは珍客だ!

f0208666_19565202.jpg


      その直後 今度はジョビ子が帰ってきた。
      一昨日 芝生の脇に並べて植えたパンジーの様子を監視に来たのだ。

 
f0208666_19590353.jpg


      この色は 私好みで美しいわね~。  合格!

f0208666_20014624.jpg

      太陽が西に傾き 夕刻も近い4時過ぎ 又も先程の珍客が現れた。
      でも逆光の上 背景は薄雲の状況で真っ黒なシルエットのみ。
      幾度も修正を重ねて やっと姿が現れた。 やっぱりビンズイだ。

f0208666_20130551.jpg


      そこにスズメもやって来たが 争う事も無く互いに干渉はしない
      という間柄の様だった。

f0208666_20145829.jpg

                             以上




[PR]
# by s-tamagoro | 2017-11-26 19:44 | Comments(8)

干し柿  第二弾

      先日 所用があって柳瀬川の近くを通った折 ちょっとサボって30分程
      川沿いの公園脇を歩いてみた。 カメラはちゃんと持っていますよ。
      最初に現れたのはシジュウカラ。 我家に来る奴とは別人 いや別鳥。


f0208666_19565379.jpg


      しばらく歩くと 今度はホオジロの姿が見られた。
      でも その後は何にも現れず。 時間も無いので鳥撮りは諦め。


f0208666_19591216.jpg

 
      駐車場の手前でセキレイを見付けた。 
      手ぶらよりは良いか・・・・ サボり鳥撮りはこれで終了。


f0208666_20034922.jpg


      ここ2~3ヶ月 スズメさんには食事のサービスをしていない。
      偶にはご機嫌伺いをしなくては と残飯を撒いてあげる。


f0208666_20051589.jpg


f0208666_20074306.jpg


      ヒヨはそれを見ても降りてこない。
      今は残飯より良いものを食っているらしい。
      残飯も大きな塊なら 貪り食う奴だけど。


f0208666_20081842.jpg


      前回お知らせした狂い咲きのクレマチスは この寒さにも負けず
      今も豪華に咲き誇っている。
      ところが 更に狂い咲きがもうひとつ。
      シクラメンは冬の花だが 我家のシクラメンは夏の頃から満開の
      状態で 今も衰える事なく咲き続けている。 これも初めての事。


f0208666_20125883.jpg


      さて、しばらく前に別の農家から送ってきた柿は 心配した通り
      ぶら下げる小枝は付いて居ない。 さて どうしよう?
      ザルで干した柿は すっかり美味しく仕上がり冷蔵庫に入って
      いるが やはり通気性が悪く カビの兆候があったので、今回は
      串刺しにして干す事にした。
      DYTで3mmのアルミの丸棒を買ってきて それを刺し通すのだ。
      3mmでは5個を刺すと重さでアルミ棒が耐えられる限界。
      4mmだと ちょっと太すぎるかな と言うのが実情。
      本来は 竹の串を使うらしいが 竹は手に入らないので アルミの
      棒を購入したのは 苦肉の策だった訳だ。
      このまま干して あと3週間で仕上がる予定。
      最初の分は この頃 丁度終わりになるので この時間差は大成功。


f0208666_20365485.jpg


f0208666_20370808.jpg

      ここにぶら下がっている柿は 5kgの量です。





[PR]
# by s-tamagoro | 2017-11-21 20:30 | Comments(6)

久し振りに 珍客到来

      それなりに多忙な日が続き 今日は午後からやっと休息の時間がとれた。
      天気も良いのでジョビ子の出現も期待。 
      カメラを脇に置き 庭の監視が半分 テレビが半分の態勢で のんびり。

      予想違わず シジュウカラの小群がフェンスを潜ってやってきた。


f0208666_19435224.jpg


      勝手知ったる我がテリトリー 一通り縄張りを閲覧巡回する。


f0208666_19464233.jpg


      中には早速水場で水浴びを始める奴もいる。
      飲み水なので入らない様に金網を置いてあるが全く無視。
      温泉気分でのんびり入浴? 「良い湯だな ハハーん ♪♪ 」


f0208666_19491508.jpg
  
 
      湯上りの後は近くの樹の枝に止まって羽繕いとお化粧が始まる。


f0208666_19540370.jpg


      入浴も化粧も済んで 肌も衣装も気分も さっぱり。
      お立ち台に登って それなりのデモンストレーション。


f0208666_20165406.jpg



      今回のシジュウカラの小群は5~6羽だったが なんと! 2羽の
      コゲラを連れて来ていたのだ。
      我家に来たのはおよそ10年の間に たった2回目の出来事だ。
      やっぱりシジュウカラの群れは宝箱 嬉しい事だ。


f0208666_20292227.jpg



      
      我家で一番大きな木 ハナミズキの幹に止まって虫探しを始める。
      徐々に樹皮を突きながら 上の方に上がってゆく。


f0208666_20315568.jpg


f0208666_20324252.jpg


      飛来してからおよそ15分か20分の長時間 沢山の虫が居るのか
      驚くほど長時間 あちこち突きまわっている。


f0208666_20333394.jpg


      今度は針葉樹のカイズカイブキの幹の止まって餌探し。or 害虫駆除。
      我家の庭木には そんなに虫が居るのか と思うとちょっと心配だ。


f0208666_20340490.jpg




f0208666_20382551.jpg
  
  
      長時間にわたり 勤労奉仕をしてくれた2羽のコゲラちゃん。
      並ぶことも接近する事も無かったので ペアなのか友達なのか判らない。

      突然 2羽のヒヨがやって来て 「ここはワシの縄張りじゃ!」と威嚇を開始。
      ヒヨの癖にワシかよ・・・と捨て台詞を残してコゲラと半数のシジュウカラが
      どこかに飛散してしまった。
      


f0208666_20453620.jpg


f0208666_20520708.jpg



      ヒヨが飛び去ると 今度はスズメの群れがやって来た。
      これらも 勝手知ったる我がテリトリー との事で 思い思いに飛び回る。
      でも 団体意識というか共に行動の意識は一番徹底している。
      

f0208666_20540712.jpg


f0208666_21450116.jpg


      シジュウカラもスズメも このミニ石灯篭の上が好きな様だ。

      
f0208666_21213756.jpg

      
      シジュウカラとスズメはニアミスの場合でも争う事が無い。
      どちらも親戚の奴だ と意識しているらしい。 四十雀 雀。


f0208666_21230869.jpg


      この枝も 彼らの大好きな止まり木 スズメも四十雀も変わり番子に
      お立ち台として利用しているのだ。


f0208666_21262111.jpg



f0208666_21270011.jpg

      以上 ビックリの近況でした。


[PR]
# by s-tamagoro | 2017-11-15 20:17 | Comments(10)