ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

蠅 の ホバリング

秋も深まり 気温も低下 朝晩は寒いくらいです。
咲き遅れのアシタバの花には カメムシ・蜂・アブ・蠅
などが、残り少なくなった蜜を求めて集まります。
これは正直なところ 蜂なのかアブなのか判りません。
f0208666_15312591.jpg


朝のうちは寒いせいか虫たちも動きは緩慢で、この頃
なら飛翔中の姿も比較的 撮りやすいものです。
花の場所変えする度に 蠅も一瞬ホバリングをします
ので、それを狙って 飛んでいる蠅の姿を狙いました。
f0208666_15332291.jpg


標的の相手は小さいのでオートフォーカスは効きません。
専らレンズを回して 絶えず距離合わせ をしなくてはならず、
姿を追いかけるだけでも大変ですが、更にシャッターも連写は
一切使わず 一枚ずつタイミングを図っての撮影です。
これも撮影の為のトレーニングとして 時々実行しております。
f0208666_15351496.jpg

Commented by 愉快な仙人 at 2009-11-03 23:00 x
玉五郎さん

一番上の写真は、『オオハナアブ』だと思います。
私も、ヒラタアブがホバリングするので 時々撮って遊びますが・・・うまくピントが合わないですね^^;
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2009-11-04 14:07 x
仙人様 こんにちわ。
そうですか オオハナアブですか。 有難うございます。
彼らも羽根を持っており 意思表示をしないで勝手に
飛び回るので 根気良くシャッターチャンスを拾い集める
しかありませんね。
でもなんとか飛翔体が撮れれば嬉しいものです。
by s-tamagoro | 2009-11-02 15:44 | Comments(2)