ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十三夜の後の満月

2~3日前に まだ丸くなりきらない80%位の十三夜の月
を眺めましたが、昨日の夕方 寒風の後の清浄なる空気
のなか、素晴らしい月の出を見ました。
f0208666_1533557.jpg

さっそくカメラを持ち出し、真冬の澄んだ空気と同条件と
張り切って月のUPの写真を撮りました。
あまりに明るく シャッタースピードも1/2000秒以下では
白い丸にしか映りません。 (F-8位ならOK)
1/3200~1/5000くらいで丁度の露出となりました。 F-4.0
f0208666_1535632.jpg


ついでに南側上空にある木星に焦点を合わせ、有名な
木星とガリレオ衛星4個を撮りましたが、当然ながら4個の
位置はその都度変わっています。
連続で撮って位置を計算すれば衛星の動きが判りますが
私にはそんな知恵も才能もありません。  (+_+)
f0208666_1541585.jpg

Commented by 愉快な仙人 at 2009-11-05 23:09 x
玉五郎さん  こんばんは!

いつもながら、天体を撮るのも お上手ですね!
天体望遠鏡にカメラを取り付けて、本格的に確惑星や星座を撮られると 良いかも知れませんよ!
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2009-11-06 14:08 x
お褒めを頂き 有難うございます。
望遠レンズで星空を撮っても 露出時間が10秒20秒も
すると、星は動いて線になってしまいます。
倍率が高いほど動きは大きくなり、暗い天体(星雲や彗星)
は長時間露出が必要ですので、天空の動きに合わせて
星を追いかける自動追尾装置がないと駄目なんです。
今回のガリレオ衛星は私にとって最高の映像になりました。
ちなみの露出は1秒前後でした。(星が丸く写った)
by s-tamagoro | 2009-11-04 15:06 | Comments(2)