ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

再び 大洪水が襲う     

このところ関東地方に しかも我が家の周辺にも
恐ろしいほどのゲリラ豪雨が襲来しました。
その為 ホームグラウンドの柳瀬川等が大増水で
岸辺の芦原も水際のヤナギもなぎ倒される状況で
野鳥達にも大迷惑だった事でしょう。
昨日も心配なので貯水池に行ってきましたが、再度の
洪水で カルガモとツバメくらいしか見当たりません。
隣接する柳瀬川は多少の濁りはあるものの、水量は
平静に戻り トンボの類は多く見られましたが、鳥達の
姿は見えません。
でもカワセミも腹を空かせている頃だと思い、周囲を
捜し歩いた所 岸辺のヤナギに一羽のカワセミが
止まっているのを発見 遠方でしたが証拠写真を
何枚か撮り 更に近付きながら数枚撮ったところで
目が合ってしまい カワセミはすぐに逃走してしまった。
本当に暫くぶりの再会でした。
f0208666_1565564.jpg


鳥は諦めて 近くを飛び回る「蝶トンボ」に変更。
美しいトンボなので 5~6人のカメラマンが これを
目的に集まって撮影をしていました。
なかなか止まらないので 仕方なく飛翔中の連中に
カメラを向ける。 所詮は距離はおろか姿もファインダーに入らない。
f0208666_1510575.jpg

f0208666_15181764.jpg


仕方がないので 草臥れたのが着地するまで 目で追いかける。
暫くの時間のあと やっと静止中のが何枚か撮れました。
例年と比べ 今年は蝶トンボの数は大変多いと見ております。
f0208666_1515021.jpg

f0208666_15151595.jpg

[PR]
Commented by noriko_muratani at 2010-07-08 21:44
こんばんわ!
ゲリラ豪雨には困りましたね。何とか静かな雨が降ってくれないものかと思います。
飛んでいるトンボをよく撮影なさいましたね。
去年仙人さんがコシアキトンボのホバリングを撮影なさっていたので私も!と挑戦しましたが全く動きにはついて行けなくてあきらめたんですよ。
今日は草刈り作業を4時間ぐらいしました。ヤンマ(黄色い模様のヤンマ)が草刈り機の回転する歯に挑戦するかのようにまとわりついてきて驚きました。草刈り作業中にはアゲハチョウ、ヒョウモンチョウ、が目につきましたが撮影どころでなく・・・でもこうしていろんな虫やってくるところでの作業は楽しいものです♪ 
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2010-07-08 22:31 x
noriko様 こんばんわ。
今は花園を含め 畑も庭も雑草に追い立てられているのが
現状ですね。
我が家の菜園も10畳間程のものですが、なれない野菜
作りも思う様には行きませんが、やはり私の最大の目標は
野菜よりも健康を栽培しているんだ・・・と自負しています。
写真で拝見しましたが、土地も余裕があるようですので、
はやく立派な花園が完成されます様 期待しております。
今日は雨水の溜まった鉢の中で溺れていた グリーンの
金属的発光の玉虫を一匹捕まえました。 きれいですよ。
Commented by 愉快な仙人 at 2010-07-09 00:25 x
玉五郎さん こんばんは!

カワセミ、チョウトンボ・・・良いですね~!
この3/4ヶ月、“いつもの池”でカワセミの姿を見ておらず・・・寂しい限りです!

玉五郎さんのBlogにも、ついに 広告が入りましたね。 五月蠅いですが、タダですから、文句も言えません(^^;)
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2010-07-10 21:26 x
仙人様 こんばんわ。
この河川の土手に巣穴があることは 判っておりますので
ここを縄張りにしているカワセミは、いつもこの周辺で採餌
している姿は見られます。
至近距離で詳細がUP出来る程のポイントはありませんが。
広告もいくら只でも うっとうしいものですね。
昨日は新潟市で会合 今日は新発田市でゴルフ 先ほど
帰宅したばかりです。
たまには仕事をしなくっちゃ・・・・・。
Commented by とりこ at 2010-07-14 22:04 x
久しぶりのカワセミを、遠距離からでも見事キャッチですね。さすが~!
チョウトンボの飛翔と翅の色、、すてきです
ゲリラ豪雨は困りますね
未だに天候不順で、自然は厳しい条件下ですね
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2010-07-15 09:44 x
とりこ様 お早うございます。
不順な天候の中 体調を崩された由 お見舞い申し上げます。
当方も老体ながら それなりの健康管理をしてはおりますが、
部品の老朽化やオイル切れの危険を感じながら、なんとか
生き長らえております。
先の長い皆様には それなりの健康管理をされまして、更に
ご健康にて人生を謳歌して頂きたいものと考えます。
久し振りのカワセミちゃんとの再会 嬉しかったです。
蝶トンボも こんなに多く発生している事は 当地では大変
珍しい事と感じております。
by s-tamagoro | 2010-07-08 15:19 | Comments(6)