ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

散歩の収穫      

穏やかな明るい日は やはり散歩日和ですね。
我々には極力多くの運動 散歩をしなくてはなりません。
ただ 漠然と歩きなさいといわれてもつまらないもので、
カメラを持って出かけますと 何か良い題材はないかと
絶えず周囲を観察しますので 飽きる事はありません。
花の少ない時期になりましたので、やはり野鳥が主目的
となり、鳴き声に耳を澄ませ 木立の中を注視します。

四十雀の群れが見えました。
f0208666_16315347.jpg


こっそり近寄りますが 多数の目で警戒をしていますので
すぐに誰かが近寄る陰を見付けて さっと飛び去ります。
気が付かないで逃げ遅れた一羽の四十雀を パチリ!
f0208666_16404827.jpg


四十雀の群れにはメジロやコゲラが混入して 行動を共に
している場合が多いものです。
これは自己防衛の為の共生なんでしょうね。
その中にいたコゲラですが、動きが早く撮りにくい標的です。
f0208666_1639575.jpg


河川には流れを緩やかにする為の堰が要所に作られており
脇に魚道が設けられています。
小サギがこの急流を飛び跳ねながら登ってくる魚を待ちうけ
真剣な眼差しで それを狙っています。
先日はカルガモが同じ所で餌を狙っていました。
f0208666_1646896.jpg


川べりの湿地には倒木もあり 美味そうなキノコも生えています。
今年は突然のキノコの大豊作となり 素人達が間違えて採取して
販売したり食べたりして 中毒騒ぎも多く発生しましたね。
知らないキノコは絶対に食べないようにしましょう。
f0208666_16503018.jpg


日当たりの良い湿地には ミゾソバの群落が 今を盛りと咲き
誇っており、シジミや蜜蜂達が 最後の収穫を得ようと懸命に
飛び回っていました。
f0208666_16525917.jpg

f0208666_16531226.jpg

[PR]
Commented by とりこ at 2010-10-28 07:45 x
収穫たくさんの日でしたね
シジュウカラがたくさんいる木をしっかり捉えられて
やはりプロ技!! 
小さな鳥は忙しく動いて、私にはとても撮れる対象ではありません。
コサギはあの姿で立っているのを見ますが、のんびり立ってるわけでな無かった!
そりゃ そうですよね (-_-;)
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2010-10-28 10:38 x
とりこ様 お早うございます。
ご多忙の所 いつもコメントを頂戴し 有難うございます。
コサギもカルガモも 一見魚の捕獲は確率が悪そうですが、
GETできればご馳走ですからね その魅力を知っている
からだと思いますよ。
泥を掻き回して水生昆虫を食べるよりは良い訳で グルメに
走る個体も進化の先端をゆくモダンな連中なんですよ。
Commented by 愉快な仙人 at 2010-10-28 22:31 x
玉五郎さん  こんばんは!

寒くなると、野鳥が増えましたね!
玉五郎さんのお近くには 良いところがありますね!
最近、私は片道30km~40km、走ることがありますが、玉五郎さんが そのくらい走れば、更に被写体が多い緑地が多いんでしょうね?

でも、仕事・ゴルフなどで 撮影ばかりに 没頭できませんよね! 歩くのは健康に良いですが・・・撮影しながらの歩きは のろく、有酸素運動にならないのが悩みです(^^;)
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2010-10-29 14:55 x
仙人様 そちらの立地条件は良く判りませんが、いつも長距離
を走っての撮影では大変ですね。
私のフィールドは2箇所あり A貯水池5km15分 B秋ヶ瀬公園
10km30分 という立地条件になっております。
フィールドAはカワセミや水鳥と標準的な季節の鳥 フィールドB
は もっと野生的なノスリやトラツグミ・ヒレンジャク・アカゲラ・青ゲラ・ベニマシコなど すこし住人は違うようです。
今は手持ちの中望遠で近距離遠距離をこなしていますが、冬に
なれば大きい望遠を三脚に付けて持ち歩くので 相当な重労働
となります。
今は酸素量は無視して ただ歩き回るのが日課となっています。
健康増進でなく 老化防止が第一だからです。
by s-tamagoro | 2010-10-27 16:59 | Comments(4)