ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

秋の風景     

毎年来てくれる植木屋さんが病に倒れ 今年は晩秋に行なう
植木の刈り込みに来られなくなりました。
永年の恒例行事で 私も毎年作業手順や要領を習得しており
ましたので、今年は私がやる事になりました。
11月に入ると順序良く作業順を決めて にわか庭師となって
作業を開始しました。
今回は玄関正面側のチャボヒバの刈り込みをしました。
これだけ刈り込むには丸一日掛りますが、これを2日に分けて
ここは やっと完了しました。 
f0208666_1683455.jpg


菜園の最後の収穫 落花生の取り入れですが、今年の炎天は
作物にも影響し 例年の半分程の収穫となってしまいましたが、
これを塩茹でして冷凍保存しますので、長期間楽しむ事が出来
夏のビールの味を引き立ててくれます。
f0208666_161347.jpg


 ♪カラタチの花が咲いたよ~ まろいまろい金の玉だよ~♪♪

2週間程前 信州の田舎で同窓会があり、家の周囲を歩いてみました。
白秋の歌の通り カラタチは金色の実をたくさん付けていました。
子供の頃には これをボール代わりにして投げて遊びましたよ。
f0208666_16183923.jpg


今年も何回かムラサキシキブの写真を撮りましたが、それよりはるかに
元気が良く 色の良いのを見つけました。
たくさん付いた実で 重さを感じるくらいです。
f0208666_16225267.jpg


この辺りでは毎年 自家用ではありますが、干し柿を作ります。
そこに冬を控えて 先の短いスズメバチが最後の労働として
甘い半干しの柿を食べに(集めに)やってきます。
本来は青虫など昆虫が食料の肉食ですが、それのいない季節
では 果実も食べるようですね。
この蜂を払い落とすと すぐに飛び上がる元気も無いそうです。
迷惑なので干し柿に網を掛けても 網に接した柿を食べに来る
スズメバチも後を絶ちません。 仕方ないですよね・・・・・。
f0208666_1632129.jpg

f0208666_16323327.jpg

[PR]
Commented by とりこ at 2010-11-19 11:59 x
こんにちわ
玉五郎さんは、いろいろなことに熱心ですね
これだけの枝の刈り込み誰でもできることでは無いです。
体力も、技術も、、、

からたちの実って初めて見ました。
ホントだ 歌の通り丸いですね。
怖いスズメバチも、この季節は、人間を襲う元気もないのでしょうか。
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2010-11-19 17:34 x
とりこ様 こんばんわ。
いつもコメントを頂き 有難うございます。
いつも楽しい会話が出来て 本当に嬉しく思います。
今回はお褒めを戴き 益々努力をしなければ・・・と反省しています。
そういえば私の周辺にもカラタチに木は見られませんね。
私の田舎ではごく有りふれた(でも少ない)木で、珍しいもの
ではありません。
スズメバチも厳しい季節に入り 私と同じ ヨレヨレでした。
Commented by 愉快な仙人 at 2010-11-19 21:03 x
玉五郎さん  こんばんは!

植木屋さんの替わり・・・とは、やりますね!
上手い刈り込みじゃないですか!
プロになれますよ!

玉五郎さんも 信州が故郷ですか?!
アサガオの村は、奥方の故郷でしょう?
玉五郎さんは もっと山奥でしたっけ?
Commented by s-tamagoro at 2010-11-20 16:56
仙人様 立派な記憶力 恐れ入ります。
私は市街地 家内は庭に熊が出る山奥という田舎を持っています。
私の方は実家も次世代の子供達となっていますので、それほど
頻繁には行きません。
山奥の実家は今の私の趣味に合いますので、それに自然が多く
息抜きには最高です。
でも ここの住人は今月一杯で東京に移住 来年4月になり暖かく
なりますと 再び山奥に戻ってくるのが恒例です。

ちなみに「朝顔の村」の先は カモシカ・熊・猿達の居住区となります。
Commented by 愉快な仙人 at 2010-11-23 11:22 x
玉五郎さん
このコメント・・・気づかれますかね?

>ここの住人・・・とは?? 奥方の兄弟の方ですか?
半年は嬬恋村生活・半年は埼玉という、一生を2倍に生きておられる方がおられますが・・・そのような生活をされているのですね!
羨ましいですね! v(^^)
Commented by s-tamagoro at 2010-11-24 09:27
仙人様 お早うございます。
早速の身の上調査に入りましたね!
その住人は家内の姉夫婦で、4月から11月までは山村で
雨読耕晴 冬季は厳しい寒さを避けて東京郊外のマンション
にて冬篭りをしています。
悠々自適の生活で わたしも羨ましいと思っています。
山村生活は寂しいので いつも誰かの来る事を待っています。
by s-tamagoro | 2010-11-18 16:41 | Comments(6)