ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カワセミとバンの幼鳥    

先日 椋鳥の異様な爪(指?)とタシギの下痢について、早速
山科鳥類研究所に問い合わせをして見ました。
すぐ返事が来て 羽の前面の部分は 「小翼羽」といい、これは
着地直前にこれを広げて 低速時に浮力を高める為のもので、
これは親指の変化したものと判りました。
タシギ等の下痢は 珍しい事でなく 多数発生すれば問題ですが
単独なら それ程心配は無い とのことでした。

今はカワセミが繁殖期を迎え 求愛活動が活発になる時期です。
オスは雌に求愛する手段として 餌をとって雌にプレゼントする
行動をとります。
そんな瞬間を撮ろうと 当地に多くのカメラマンが集中しています。

カワセミがペアで来ていました。
上が雌 ハート型の蔓の中に居るのが雄です。
f0208666_11321790.jpg


早速 オスは水に飛び込んで 大きな魚を咥えてきました。
こんな大きな魚は格好のプレゼントになりますが、時遅く
メスはどこかに消えてしまい、結局自分で食べてしまいました。
f0208666_11343890.jpg


バンの幼鳥が一羽 泳いでいましたが、周囲には親や兄弟の姿は
見たことがありません。
f0208666_11362794.jpg


オナガ鴨のおじさんがやってきましたので、潜りの練習の成果を
見てもらいました。
f0208666_11383019.jpg


「や~ 良く出来たね! 偉い 偉い。」
優しい眼差しを感じたバンの子は嬉しそうです。
でも これが おじさんでなく 鴨の叔母さんだったら、突きまわされて
ひどい目にあうんですよ。 優しいおじさんで良かった・・・。
f0208666_11421240.jpg


10日から半月程 取材旅行で不在になります。
[PR]
Commented by とりこ at 2011-03-08 08:54 x
バンの幼鳥と、オナガのおじさんの様子が微笑ましいですね
おばさんは意地悪なんですか?
それも面白い~
カワセミの求愛も、やはりプレゼントからとは、
分かりやすい~♪

え、半月もお留守ですか!
国外脱出でしょうか? 
再会をお待ちしてます
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2011-03-08 09:22 x
とりこ様 バンの子は一人で寂しいので つい近くに居る鴨の
群れに近寄りますが、雌達は側に来ると邪魔者!といって
突きだしてしまうのです。
給餌行動(雌に餌のプレゼント)は カワセミだけでなくモズ等も
行なうようですよ。
お留守番 お願い致します。 <(_ _)>
Commented by 愉快な仙人 at 2011-03-08 11:57 x
おはようございます!
山階鳥類研究所に照会とは・・・研究熱心ですね! きちんと回答する山階鳥類研究所も偉いですね!
バンとオナガの会話も微笑ましい光景で、玉五郎さんの優しさが溢れています(^^)

えっ!半月も取材旅行ですか!
イタリア・スペイン方面でしょうか!
“一路平安”の旅を! (^^)/~~~
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2011-03-08 15:45 x
仙人様 研究熱心とは恐れ入ります。
やはり疑問は解決しないと 何となく気になりますからね~。
お陰で研究所の賛助会員になって欲しい 友人にも勧めて
欲しいと頼まれてしまいました。
会費年一万 隔月の会報送付 との事 でも まだ時期尚早。
バンとオナガ鴨 童話みたいでしょう! あははは・・・・。
ケッツアルに会いに行ってきます。留守かもわからないけど。
Commented by 愉快な仙人 at 2011-03-09 00:24 x
ひぇえ~!(@_@)
幻の国鳥ケツァル狙いですか!
長時間の飛行機は、エコノミック症候群が怖いので、機内でも足を動かして、血液を循環させることが必要ですよ! 
空港で、高額の海外旅行保険にも加入した方が安心です。  
十二分に お気をつけて!
.
Commented by 愉快な仙人 at 2011-03-09 10:10 x
玉五郎さん おはようございます!
タイプ・ミスを訂正します。

「エコノミー症候群」、または 「エコノミークラス症候群」です ( 長時間ずっと同じ姿勢で座っていたままの状態になっていることで、足の裏の血液の流れが悪くなり、 静脈血栓という血のかたまりができてしまうことが原因で起こります)。
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2011-03-09 17:11 x
仙人様 ご心配を戴き 有難うございます。
こんな旅も幾度かありますので それなりの対応はしています。
多少過酷な旅でも 今のうちでないと出来なくなってしまいます
から 無理をしても出掛ける訳です。
意欲が無くなったらおしまいですからね。 (^_^)
有難うございました。
by s-tamagoro | 2011-03-07 11:48 | Comments(7)