ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

熱帯林 最後の一日

いよいよ熱帯雲霧林の探検で 今回最後の日がやってきた。
ここは セロ・デラ・ムエルテという 標高2500m程の高地の
密林で 幻の名鳥 「ケツアル」に遭遇できる確率が一番高い
と言われる場所だそうだ。(結果は ハズレ)
f0208666_1183798.jpg


最初に現われたのが この美しい鳥。 キヌバネ鳥の一種らしいが
正式な名前は判らない。 腹部の赤が美しい。
f0208666_11104362.jpg


色合いは ちょっと地味だが これも美しい鳥だ。
f0208666_11114686.jpg


やや大型のきれいな鳥が居た。 尻尾の斑模様が印象的。
f0208666_11131989.jpg


高い枯れ木のうえに キツツキの姿が見えた。
名前は 「ドングリキツツキ」と云い 木に穴を開けてドングリの実を
一つずつ埋め込んで保存する珍しい鳥で この生態は日本の
BS放送で見たことがある お馴染みのキツツキだ。
当然 これを見るのは初めての事 とても嬉しかった。
f0208666_11203123.jpg


これは雀より一回り大きく その精悍な目付き 角刈り頭は
恐ろしくもあり また 可愛さもあって 私の大好きな鳥となった。 
f0208666_1124877.jpg


細い枝に 腹部の黄色い 綺麗な鳥が止まった。
ここでは それぞれが色彩豊かで 見るのは本当に楽しい。
f0208666_11263358.jpg


これは珍しい映像 巣穴から顔を出す色鮮やかなオウム。
全身像を狙って 暫く待っていたが、一瞬の油断の結果
逃げられてしまった。 残念!!
f0208666_1130168.jpg


これも幻の珍鳥 三色黄胸オオハシが見えたが かなりの遠方。
証拠写真程度だが 近距離で是非撮ってみたかった。
f0208666_11331293.jpg


暫く歩いた後 再びオオハシの姿が近くに現われた。
慎重に狙うのだが 小枝や葉っぱが邪魔になって苦戦する。
何とか撮れたが やはり葉っぱが掛ってしまった。
これは さっきのと違い 一色少なく 「二色黄胸オオハシ」との事。
f0208666_11594574.jpg


一時間ほど前 アカシアの木と毒蟻の共生の説明があり、それを
聞きながら アカシアの棘や葉っぱに触っていたら、知らぬ間に
毒蟻に刺されてしまった。
30分程の間 焼けるような痛さを感じ その後は 痒い痒い!
3日後に帰宅した時は まだご覧のとおりの腫れと痒み。
これも思わぬコスタリカのお土産となってしまった。(一週間で完治)
f0208666_11475648.jpg



これで 環境保護・エコロジー・軍隊は持たない・原発不使用等 
素晴らしい国 中米コスタリカの旅は終了しました。
永らく愚作のブログで ご迷惑をお掛けして 済みませんでした。
[PR]
Commented by とりこ at 2011-04-14 14:32 x
最後のページは珍しい鳥のオンパレード
見ているだけで楽しいです
玉五郎さんお気に入りの、精悍な目つきの角刈り頭は良いですね
顔つきは日本人と外国人の差と同じような
メリハリがあって、はっきりくっきりで可愛いです。

手の腫れは治ったようで良かったですね
自然探索は楽しいけど、未知の場所はいろいろ要注意ですネ

とても行けない知らない国の様子…
楽しませていただきました。
ありがとうございました。
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2011-04-14 15:22 x
とりこ様 早速のご感想 有難うございます。
これで概要のみ お知らせする事ができました。
長期間の取材でしたので収拾が付かず、大変苦労しましたが
主だった所は報告できました。
これも貴重な経験 お付き合いを頂き有難うございました。
これで又 近所の散策が出来るようになります。
Commented by 愉快な仙人 at 2011-04-15 00:15 x
玉五郎さん こんばんは!
私も とりこさまと同じです。
珍しい野鳥やチョウなどを紹介して頂き、ありがとう御座いました!
中米コスタリカの自然を、居ながらにして勉強できました。

トンボもツバメも飛び始めましたので、ご近所の自然紹介も、引き続きよろしくお願いします!
v(^^)v
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2011-04-15 12:19 x
長いこと押し売りをしまして済みませんでした。
やっと中途半端ながら 最終日までご紹介できました。
コスタリカの鳥は驚くほど多種に及び、流石は人の侵略のない
密林地帯は別世界だな と痛感しました。
ボルネオも多種の動植物があると聞いておりますが、ここは
さすがに勇気が要りますね。 治安も問題があるし・・・・。
蝶もトンボも忘れてしまいましたので 又教えてください。
有難うございました。
Commented by at 2011-04-15 20:32 x
えええーー!もうおしまいですか?
蝶も鳥も知らないのばかりで
とっても面白かったです~
形も色も不思議な鳥ばかりでドヒャーーて感じでした。
日本にはどこでもいるすずめやカラスはどうでしたか?
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2011-04-15 22:05 x
笑様 こんばんわ。
お褒めを戴き有難うございます。
カラスは居ませんでしたが、スズメはいましたよ。
でも どこかが少し違い 日本人とアメリカ人の違いみたいな
感じでしたよ。
鳴き声もスペイン語で鳴いていました。 (^_^)
by s-tamagoro | 2011-04-14 12:08 | Comments(6)