ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

癌で逝ったメル友     

今日は写真なしの長文です。 暇があったら読んでみてください。

 今から10数年前に メーリングリストという 今で言うブログみたいな
システムがあり、メールを発信すると会員全員に届いて 意見の交換が
出来るグループに加入 幾人ものメル友が出来ました。
シニアのメーリングリストでしたので 当然ながら年配者が多く、年に
一度二度のオフ会も開催され、楽しい思いが出来ました。

その会員の一人が癌に侵されており、毎日身体の状態や治療の内容
投薬の種類など 克明に日記風に掲載しておりました。
この当事者はAさんと表示します。
ある日 Aさんは自分の将来を見通したのか、さそり座の近くに美しい星
が見られたので 死後はその星に行って家族を見守りたい と言いました。
夏になると南天に大きなさそり座が見え その後に射手座が続きます。
でも  さそり座周辺は低い位置にあるので、見られる時期は短いのです。

私は心配して 将来家族を見守るにしては、見られる期間は短い位置で
あることをお知らせしました。
Aさんは その後どこか良い場所(星)があったら教えて欲しいと言われ、
私も困りましたが、私の一番好きな星を教えました。
それは白鳥座の嘴に当たる「アルビレオ」という星で、望遠鏡でなくては
見られない二重星でオレンジと青の星が並ぶ 非常に美しい星です。
私が中学生の頃 初めて天体望遠鏡でこれを見て以来、天文学に興味
をもって現在に至っております。

Aさんは早速 天文台の場所を探し(場所不明) そこの所員さんに実情を
話し、候補の星を紹介して欲しいと頼んだそうです。
所員さんも親切に対応してくれ 望遠鏡で幾つか星を見せてくれたそうで、
最初は やはり 白鳥座のアルビレオだったそうです。
かなり遠方の地の天文台だった様で、Aさんは そこに駆けつけて相談し
て来た事はかなりの熱意と緊迫した状態だったのかも知れません。

日本国内では 一年中見られる星といえば 北極星周辺しかありません。
南天の低い位置では ごく短い期間しか見られないと 私が余計な意見を
申した結果 Aさんに混乱を与えてしまったのかも知れません。
でも 天文台の所員さんには親切に対応して戴いたようで、美しい星達を
見せて頂いた結果 将来行くべき星を心に決めたらしい送信がありました。

数ヵ月後 暫くメールが途絶え 突然 長女と名乗る女性から「父が死去した、
長い事お世話になりました」と報告がありました。
Aさんは どの星にいったんだろう? 素晴らしい星に行って 今は家族を見
守っているだろうか・・・ 
夏が近づき 南の空に雄大な さそり座が現われると、いつもAさんを思い
癌と戦いながら 未来の別天地を捜し求め 家族を思う愛と熱意に敬意と
尊敬の念を 今も 強く感じております。
                                    終
[PR]
Commented by 愉快な仙人 at 2011-06-18 12:05 x
玉五郎さん  こんにちは!
哀しくも美しい実話を、ありがとうございました!残された御家族も、空を見上げては、「お父さん!」と呼びかけ、語らっていることでしょうね。
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2011-06-18 14:37 x
仙人様 ご感想 有難うございます。
Aさんは どの星に行ったのかは 誰にも判りませんが、ご自分で
選定した星にたどり着いて 今は静かにご家族を見守っている
ことでしょうね。
私もそんな場合 どの星に行きたいかは現在考えていませんが
あいにく埼玉の当地からの空は スモッグと町の照明により
星の選定をする環境ではありません。
どこか旅に出た時にでも考えて見ましょう。
Commented by とりこ at 2011-06-19 10:51 x
玉五郎さんが星空を眺める時、
このお友達に思いを馳せているのかなあ…と、、
悲しくもあり、すてきな事でもありますが。。
星になって家族を見守るなんて、なかなかロマンチックな事に真摯に向き合ったお友達に拍手
今頃、空から見ているでしょうね
Commented by あかね at 2011-06-19 19:53 x
玉五郎さん
私の親友も昨年肺がんで旅立ちました
お墓参りにいってきましたが墓碑の横に彼女からの
手紙が刻んでありました
”私は星になっています・・・と”
玉五郎さんのお友達のように自分の行くべき星を
決めていたのかは分かりませんが?
何となく彼女からのメッセージを感じたらお墓参りに行く事にしています
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2011-06-19 22:23 x
とりこ様 こんばんわ。
星を見れば思い出す と言う訳ではありませんが、夏の星空に
さそり座が見えれば やはりあの出来事を思い出しますね。
でも私の家からは 近所の家と森に隠れて、さそり座や射手座
はみえません。 どの星に行ったんでしょうね。
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2011-06-19 22:36 x
あかね様 コメント 有難うございます。
現世を終えて 来世に移り住む場所を夢見る事は、なんか宗教
の分野みたいで 私には違和感を感じます。
理屈は抜きにして 来世は何処から下界を見下ろすか、私も
そんな空想や夢希望を考える歳になりました。
暗い不適切なブログになってしまい 申し訳ございません。
Commented by at 2011-06-20 05:59 x
この夏には父の3回忌がきます、
母も父もいなくなって寂しいです。
若いころは死というものはとても怖いものでした、
仏壇の部屋も陰気で怖かったし~
でも今では死んだ人の顔も見れるようになった、
私は死んだら、父と母に会えるかな?って思うようになった。
今日も一日、元気で頑張りましょう~♪
Commented by 埼玉の玉五郎 at 2011-06-20 15:45 x
笑様 ご感想を戴き 有難うございます。
明朗快活が持ち前の玉五郎ですが、今回は湿っぽい話題を
書いてしまい 申し訳ございません。
私も8月には一世紀の3/4を通過する事になっておりますが、
子育ても業務の引渡しも済んでおりますので、終焉の時まで
人生を楽しむ事が出来 本当に幸せだと考えております。
一日一日を大切に 健康第一 頑張りましょう!
by s-tamagoro | 2011-06-17 21:05 | Comments(8)