ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ちょっと古い近況     

台風前の一コマ スズメの親子が芝生の上で遊んでいる。
時々親は子供の為に青虫を捕ってきて食べさせていた。
スズメは稲穂を荒らすと言うが 実は害虫を捕る方が多く
今は益鳥として認められているのだ。
f0208666_9225368.jpg


これは無傷のアゲハ蝶 今年もこれが最後の姿かな・・・。
f0208666_9234797.jpg


有害な放蝶のひとつ アカボシゴマダラ。
毎年増えている感じがする。
f0208666_9251381.jpg


台風前の雨の中 ヒヨが桜の枝に止まって大声でお喋り中。
f0208666_9264350.jpg


台風明けの夕空 深紅の夕焼け。
f0208666_9273093.jpg


実はカメラのいたずら 普段使わない撮影モードに変えて
誇張し変色したのが上の写真。
実際はこんな色の夕景色だった。 (^_^;)
f0208666_930672.jpg


祖母が10数年前に丹精込めて育てた大輪の菊。
その一輪を地べたに植えたものが今は小さな花が沢山付き
大輪の一輪より小花が沢山分散して賑やかになった。
f0208666_934112.jpg


鳥の水飲み場の後ろ側の塀際にオジギ草か合歓の木らしい
のを見付けた。 草丈25センチ位。
葉っぱの後ろに見た事のない赤い実が一列に並んでいる。
f0208666_9365988.jpg


夜の8時頃 懐中電灯を持って見に行ったら 葉っぱは
ちゃんと閉じていた。
これは合歓の木か それともオジギ草でしょうか?
f0208666_939322.jpg

[PR]
Commented by ●白雲 (はくうん) at 2014-10-23 11:48 x
こんにちは!
まだまだ更新は無いだろう・・・と思いながら、開いて見ると・・・
おっ! 更新されてますね♪(^^)♪
アゲハ蝶・・・は、キアゲハですねv(^^)
夕焼けが 綺麗だと思ったら、 色彩の強調でしたか!
オジギソウは触ると葉を閉じますが・・・ネムノキは触っても葉を閉じません。 夜は葉を閉じます。
何なんでしょうね?^^?
Commented by とりこ at 2014-10-23 15:09 x
赤い実が一列の並んでる・・
畑や道端などに生えるという、「コミカンソウ」と思いますが、確認してみてください
小さな赤い実は、なるほどと思いますよ!!

アカボシゴマダラは、以前もUPされましたね
玉五郎さん近所には生息してるようですね
私は、近くではまだ見たことありません
Commented by とりこ at 2014-10-23 15:17 x
玉五郎さんのおばあさまが十数年前に植えた菊の花
大輪で見事ですね  ハッチも飛んでる!!
植えた方がお母様なら納得ですが、ずいぶんご長寿だったんですね~~ なんて余計なことを考えてしまいました

白雲さんのコメント「まだまだ更新はないだろう・・」なんて言わせないでくださいね
もう2週間ぶりの更新です!!
それから、キジバトさんはその後どうされてますか?
Commented by s-tamagoro at 2014-10-23 17:57
白雲様 コメント有難うございます。
いつもご多忙の様子 コメントも躊躇する時もありますが、
毎日拝読していますよ。
実はオジギ草は暫く前に見付けて触って見ましたら、
確かに葉を閉じました。(草丈10㎝程の時)
その後は忘れていましたが赤い実が付いていたので
思い出した訳です。
今は触っても葉を閉じませんが 夜になると閉じて
いたので更に判らなくなってしまったのです。
合歓の木だったら花が咲くまで 私は生きているか
どうか判りませんね。もう少し様子を見ます。
Commented by s-tamagoro at 2014-10-23 18:57
とりこ様 さすが!
早速図鑑を調べたら コミカンソウで間違いありません。
恐れ入りました。
夜には葉を閉じる事も書いてありました。
一年草となっていましたので 来年は見られないかも
知れませんね。有難うございました。
菊の一本仕立ては家内の母(義母)が晩年に育てた
もので10数年前に頂いたものです。
私には育てられないので下に植え直した訳です。
今はそれが増えて庭のあちこちに咲いています。
義母は10年程前に89歳で他界しました。
2週間ぶりという怠慢のご指摘 申し訳ございません。
キジバトさんはここ一週間ほど顔を見せません。
まだ生態が判らないので 辛抱強く観察します。
Commented by 蝦蛄代表 at 2014-10-24 22:55 x
玉五郎さん、こんにちは~♪

へぇ~、スズメは今や益鳥なんですか!
知りませんでした(^^;;まして、虫を食べるって
言うのも初めて知った次第です(^^;;

蝶も綺麗ですねー。それと、夕日もなかなかです!
カメラのモードダイアルって色々ありますけど
なかなか使わないですよね(^^;;

夜になると葉を閉じる草花もあるんですね。
これまたビックリです。要は、何にも知らない
だけなんですけど(^^;;お恥ずかしい。。。
Commented by s-tamagoro at 2014-10-25 16:35
蝦蛄代表様 体調は如何ですか?
スズメは大分前から害虫を捕る益鳥として
昭和の頃から格上げされていますよ。
確かに彼等は田んぼの稲を食い荒らしますが、
虫と稲穂の割合が認められたんですね。
植物も面白いですが あまりに種類が多くて、
私なんかには判別も記憶も出来ません。
野鳥なんかも 特に雌鳥は区別が出来ません。
固い事を言わず 大体で行きましょう。
Commented by ゆき at 2014-10-27 15:24 x
特に子育て中の雀は、雛に虫を頻繁に捕ってきて与えますよね。丈夫な羽や、骨格形成には動物タンパク質が必要だから、と教わった事があります。
本日、P森に立ち寄りましたら藪蚊の多さに閉口。
晴れてちょっと気温があると、まだまだいるんですよ~。
藪蚊にたかられると居続ける気力をそがれ、逃げるように森を抜け出してきました。

Commented by s-tamagoro at 2014-10-27 18:09
ゆき様 こんばんわ。
えっ まだやぶ蚊が居るんですか?
それはまた困った事ですね。
私なんか柔肌なので 蚊やダニは弱いんですよ。
この前も蚊が目に入ってしまいひどい目に遭いました。
P森ではアカゲラが出てますか?
一年以上も逢っていないので 是非遭遇したいです。
Commented by syo234 at 2014-10-27 18:49
お!更新されてる~
はくうんさんと同じことを言ってしまいました。
「コミカンソウ」、小さな小さなミカンが並んでくっついてる様子が
面白いですね、名前もぴったりですね~
うちの庭にあって強い草ですね。
菊が絶えずに長く生きていますね~感心しています。
スイセンぐらいかな?ずーと続いて庭にあるのは。

Commented by ゆき at 2014-10-27 23:51 x
藪蚊・・P森は沼が点在するせいで多いです。明日は一気に気温が下がるとかで、これで激減してくれるといいのですが。
もっとも周遊道路だけを歩く分は大丈夫ですよ。小路に分け入るとたかってきます。アカゲラ、カケスはP森でもK森でも声を聞きます。私はまだ1度もきちんとは撮れていませんが、達人方々はK森ではアオゲラもアカゲラもトラツグミもナイスショットをgetされておられ、羨ましい限りです。
Commented by s-tamagoro at 2014-10-28 20:40
笑様 こんばんわ。
とりこ様からのご指摘で コミカンソウと判りました。
最初はオジギソウか合歓の木かな?と思っていました。
どうも草花は難しくて苦手です。
菊の花も別段手入れはしませんが 生命力が強いのか
毎年咲いてくれます。
アシタバも手入れなしで 20年以上も庭で生育して
おり、毎年素晴らしい食材として貢献してくれます。
Commented by s-tamagoro at 2014-10-28 20:48
ゆき様 状況の詳細を頂き感謝です。
寒くなるのは嫌だけど やぶ蚊が居なくなれば
嬉しいですね。
アカゲラ アオゲラが出ているんですね!
早速出掛けたいところですが 今週は駄目。
来月中旬あたりからの出陣となりますが、
それまで待っていてくれるかな~? イライラ・・・。
Commented by ゆき at 2014-10-28 23:48 x
玉五郎様、鳥見歴の浅い私がいうのもなんですけど
アカゲラ、アオゲラ、カケス、トラツグミは冬鳥でしょう?
まだまだ、いてくれますので慌てなくても大丈夫かと。
もうちょっと寒くなって、2年前の冬の様に、キクイタダキもやってきて、うんと賑やかになるといいですねぇ。
Commented by s-tamagoro at 2014-10-29 21:16
ゆき様 こんばんわ。
アカゲラ・アオゲラ・トラツグミ等は留鳥と覚えて
いましたが 念の為3冊の図鑑を見てみました。
どれも留鳥となっており トラツグミのところには
「冬になると山から里に下りてくる」とありました。
結局 留鳥とは多少の移動はあっても 一年中見られる
鳥と言う事ですね。
でも アカゲラなど見られない時期がありますよね。
モズも留鳥ですが秋になると何処からか突然現れて
高鳴きをしていますから やはり山から里への移動を
しているんでしょうね。
この類は「漂鳥」言われていますが 図鑑ではこの
区分はありませんでした。
キクイタダキは あまりに忙しく飛び回るので 全身
が撮れた事がありません。 (+_+)
Commented by ゆき at 2014-10-30 21:04 x
玉五郎様、調べてくださいまして有難うございます。
アカゲラ、アオゲラ、トラツグミは、留鳥でしたか!!
一年中、日本国内のどこかでは、みられる鳥という事ですね。ひとつ勉強になりました。
本日は、川島町の鳥羽井沼釣堀近くの土手にノゴマが来ていると聞き、撮りに行ってきました。先週は抜けてしまって、無駄足を踏みましたが、今日は、しっかり撮りました。釣堀の鉄柱にチョウゲンボウが餌を捕っては、戻ってくると繰り返し、久しぶりにチョウゲンボウを近くで撮る機会がありました。
Commented by s-tamagoro at 2014-10-30 22:02
ゆき様 色々な収穫があって良かったですね。
羨ましいです。
私には今 芸術の秋・読書の秋・食欲の秋などは
全く関係なく 専らスポーツの秋に専念しています。
でも はやく鳥撮りの秋になって欲しいと思います。
そんな訳でブログは現在はネタ切れ中です。 (+_+)
by s-tamagoro | 2014-10-23 09:47 | Comments(17)