ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

富士山一周 ぶらり旅    

仲間夫妻と共に富士山一周2泊3日の のんびり旅をしてきた。
細かい予定は無く およそのコースと宿泊場所のみ決めてあるが
あとは行きあたりばったりの行動となる。
強いて言えば 世界遺産に昇格した富士山の姿を東西南北から
撮ってみよう という おぼろげながらの予定だ。
月曜日 全国的に雨 火曜日 曇り 水曜日 曇りのち晴れ の予報。

初日 中央自動車道にて河口湖まで ここで激しい雨ふりとなる。
f0208666_16344160.jpg


花の都公園や浅間神社はパスして 忍野八海に寄ってみる。
この雨の中 観光バスが何台も来ており 観光客の9割以上が
東洋系外国人 大いにお金を落としてもらいたいと念願する。
f0208666_1638797.jpg

f0208666_16381891.jpg


山中湖からの富士山も実に綺麗なのだが 富士山は勿論 遠景も見えない。
ここから見える富士山は東側から見る訳で 関東平野から見える姿と
同じ方角だ。
f0208666_16424051.jpg


最悪のお天気なので乙女峠を越えて 宿泊予定の箱根仙石原の
温泉旅館に早めに入って温泉を楽しむ事にする。
翌日は再び乙女峠を戻り 富士山の南側のサファリパークを目指して
裾野市の方に南下する。
サファリパークに到着したが お天気は相変わらず曇り ここでも富士山は
恥ずかしいのか なかなか顔を見せてくれない。
f0208666_1649481.jpg


暇潰しに動物園の中を専用バスで観光をする。
f0208666_16523748.jpg

f0208666_16524824.jpg


ここから更に西の富士宮市方面に向かう。
途中 名跡の白糸の滝を見物 これも結構立派な景色であった。
f0208666_16562635.jpg


今度は白糸の滝から北上し 途中の田貫湖に行って見る。
予想外に大きくて静かな人口湖だ。
f0208666_16593148.jpg


ここは有名なダイヤモンド富士が見られると言う事で その道の
人達には高名な撮影場所との事。 
春と秋に数日間だけ見られるそうだ。 写真はパンフレットから盗撮。
f0208666_1715565.jpg


湖畔に 何やら大型の水鳥の姿を 恐る恐るカメラを向けている人が。
f0208666_177340.jpg


私も急いでそばに駆け寄って撮影する。 首には50Aの標識が。
聞いてみたら全く野生の鳥で シベリアに帰る旅の途中らしい。
昨年カナダで私を襲ってきたカナダガンよりは小型だが やはり
接近しすぎると嘴で攻撃してくる。 これ 痛いよ。
帰宅後 図鑑を見たらシジュウカラガン 繁殖地にキツネが投入され
大幅に減少している危惧種らしい。
f0208666_17133928.jpg

f0208666_17135531.jpg


更に北上して本栖湖を通り過ぎ300号腺にて身延の谷へ向かう。
本日の宿泊は ここも有名な下部温泉。
予想外の大きなホテルで庭に広大な松林があり ここに野鳥が
見られると言う。 特にアオサギのコロニーが見所とか・・・・・。
我々の部屋は6階 丁度松林を眼下に見られる特等席。
朝6時前から1時間程 300mmレンズに付け替えて鳥撮り開始。
f0208666_17231216.jpg

f0208666_17234370.jpg

f0208666_17241180.jpg

f0208666_17243045.jpg


朝食後 再び本栖湖に戻る。 ここは標高1000m程で富士五湖の
うちでは一番高い場所にある。 
この周辺は桜が満開の時期で 2度目のお花見が出来た。
でもここからは富士山は見えない。
f0208666_17282489.jpg


次に北側からの大きな富士山が予定の西湖に行く。 標高900m。
ここでも富士山は厚い雲を纏っていて その山容は見られない。
f0208666_1732935.jpg


少し場所を変える。 湖畔には桜や桃が多く植えられており 素晴らしい花園の
景観だが やはり富士山は全景を現さない。 なんと恥ずかしがり屋なんだろう。
f0208666_17363466.jpg


西湖から小さな峠を越えると すぐに河口湖となる。
ここでも富士山の雄姿は見られる筈だが やはり駄目だった。
最後に川口湖畔にあるロープウェイでカチカチ山に登り 下界を
見渡す予定だったが 修理中なのか廃業したのか運行していなかった。

結局 3日間をかけて富士山麓を一周したのに 一度も富士山全景が見ら
れず 富士山撮影としては失敗ではあったが でも立派な温泉に浸かったり
美酒と旨い物を食べたり のんびりくつろぐ事が出来たので 大成功だった。
f0208666_17421710.jpg

f0208666_17423748.jpg

[PR]
Commented by 蝦蛄代表 at 2015-04-26 10:23 x
玉五郎さん、こんにちは。

富士山麓に2泊3日の旅行ですかぁ!
良いですね(^^)v
生憎の天気だったようですが、雨の中の風景も
なかなか良い感じで写っていますね。

ダイヤモンド富士!ビックリしました。
「写したんだぁ」と思ったらパンフレットだった
んですね(笑) それにしても物凄いカメラマン(^^ゞ

ちゃっかり鳥まで写されて(笑)
あのクロジの顔をしたカワラヒワみたいな鳥は
何でしょうか?
また、その下のエゾビタキみたいな鳥も名前が
分かりません。

美味しいお酒を飲んで、美味しい食事をして
これが1番ですね!
Commented by とりこ at 2015-04-26 14:26 x
曇天のようですが、桜の花の風景良いですね
水車もあってすてきです
富士山はアジア系の旅行客に人気で、いつも大勢いるようですね
去年も五合目では、他の国へ来たかと思う位外国語が飛び交ってました

ライオンの画像 迫力ありますネ  良いショットです!
今回の旅は、レンズを用意してて鳥さんも撮れて良かったですね
重い荷物も車の旅はこの点が良いです
富士山は晴れてても雲が出たり、なかなか条件が難しくて運としか言いようがない!
温泉に入ったり、美味しいもの頂いたり、おしゃべりしたり楽しい時間を過ごされたと思います
Commented by s-tamagoro at 2015-04-26 15:50
蝦蛄代表さん コメント有難うございます。
日にちが決めてあったので 悪天候であっても
出掛けなくてはなりません。
天気予報から富士山撮影は諦めていました。
ホテルの窓から野鳥が撮れるなんて これは
儲けものでした。
鳥の写真はカワラヒワ2枚 アオサギが一枚
もう一枚のスマートなのはホオジロかと思っ
たけど 帰宅後図鑑と照合したが名前は不明。
お陰様でのんびり旅が出来ました。

Commented by s-tamagoro at 2015-04-26 16:04
とりこさん こんにちわ。
旅に出ても雨降りだったら景色も見物も興味半減。
だったら早めにホテルに入って のんびりと温泉に
でも浸かるのが最良の方法 と意見が一致。
放し飼いの動物園は初めての経験でしたが、前に
幾度かテレビで見ていましたので およその様子は
判っていました。
色々の動物を見ながらも悲しい習性で 絶えず林の
中に鳥が居ないかと気になっていました。
富士山全景は見られなかったけど 楽しかったです。
ちなみにカメラは3台 積んでゆきましたよ。
Commented by 白竜雲(はく りゅう うん) at 2015-04-26 20:12 x
こんばんは!
“玉五郎さん流”で 2泊3日の旅を簡潔に
纏められていますが・・・なかなか味わい
深いモノが ありました!v(^^)
風景も なかなかのモノで 綺麗ですよ♪(^^)
《名前は不明》の鳥は ビンズイですよ。
なぜか 松が好きな鳥ですね!
Commented by syo234 at 2015-04-27 05:15
富士山一周の旅いいないいな、
私も行きたいです。
仕事辞めたら行きたいところです。
桜の季節がいいと思うけど雨が多いのですね、
動物顔の車が面白い~
ライオンさん怖!
イチゴのコンパニオンプランツという「ボリジ」
このハーブをイチゴと一緒に植えると
互いの成長を促進しイチゴの味を良くするという素敵なハーブです。
そして受粉を助ける蜜蜂等の益虫を呼び込む情報を頂きました♪
イチゴのコンパニオンプランツという「ボリジ」
このハーブをイチゴと一緒に植えると
互いの成長を促進しイチゴの味を良くするという素敵なハーブです。
そして受粉を助ける蜜蜂等の益虫を呼び込む情報を頂きました♪
シジュウカラガンて言うんですね、
好きな鳥撮りもできてよかったですね~
Commented by s-tamagoro at 2015-04-27 15:06
白龍雲様 御教授を頂き有難うございます。
不明の鳥も図鑑で調べましたが ヒタキやムシクイの
類かと思って探しましたが 該当は無し 今調べたら
セキレイの仲間に入っており やっと判りました。
当然 初対面で初撮りの大ヒットでした。
流石は博学の白龍雲様 恐れ入りました。 m(__)m
お遊びの旅報告は 皆さんには迷惑になりますので
簡単に報告しました。
Commented by s-tamagoro at 2015-04-27 15:19
笑さん コメント有難うございます。
コンパニオンブランツという共生関係とは
知りませんでした。
そういえば他にもそんな関係で異種のものを
並べて植えるのを聞いた事があります。
それに雄の木と雌の木は近くに植えるとか・・・
この類はイチョウが該当しますね。
富士山の雄姿を観光する場合 あまり近すぎず
少し距離を置いた方が美しいと思います。
今回は近すぎた感じがしました。
我々は鳥馬鹿なので 多少鳥達の顔が見られて
本当に良かったです。
Commented by yukie4659 at 2015-04-27 20:52
玉五郎さん、こんばんは

予定無しのんびり富士山1周旅行のお写真の数々を拝見させて頂きました。桜の満開のころに当たって素敵な旅でしたね。富士山は、2年前の5合目散策で鳥見主体で行ったのが最後で、他は、埼玉から眺めるのみですよ。
風光明媚な忍野八海はいつか行ってみたいなぁと思っている場所です。茅葺の水車小屋と、桜、水のある光景、それに、新緑に彩られた白糸の滝とってもいい雰囲気ですねぇ。
鳥もなかなか見る事のないシジュウカラガンに遭遇ですか!
凄い遭遇ですねぇ。この湖で越冬したのでしょうかねぇ。
夏場の富士山5合目の散策道あたりでは、ビンズイが美しい囀りをしていた事を思いだします。
Commented by s-tamagoro at 2015-04-29 12:46
ゆきさん コメント有難うございます。
いつも慌ただしい世の中ですが たまにはこんな
のんびり旅も良いもんですよ。
表向きは富士山風景ですが やはり悲しい習性で
つい鳥撮り用の望遠を持って行ってしまうんです。
シジュウカラガンは大きな標識を付けていたので
ここで飼っているのかと思いましたが 地元の人に
聞いてみたら 野生で旅の途中ですよ との事。
偶然の大収穫でした。(居たのは一羽だけ)
ビンズイに関しては全く知識が無く 白龍雲様より
御指導を頂いて やっと初撮りだったと判りました。
このホテルの6階のこの部屋は 愛好家が部屋を指定
して泊まりに来る人が多いとの事でした。
眼下にアオサギの巣が10か所程みられ コロニーと
なっているのが良く見えます。
by s-tamagoro | 2015-04-25 17:56 | Comments(10)