ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タスマニアのトレッキング ②

今回の予定の一つだったモールクリーク国立公園カルスト台地にある
数百もある鍾乳洞の一つを訪れる予定だったが 付近で大きな山火事
が発生していて この国立公園全体が入山禁止となってしまった。
急遽予定を変更して 海の方の見学に変更する。
早朝より大型バスで西海岸の港町ストローンに向かう。
案内人やガイドさんを含め13~14名程なのでW席一人でゆったりだ。

道路沿いの牧草地は なんと晩秋の景色だ。
聞いてみたら 春に(9月~11月)草も青く繁るが 夏になると乾燥が続き
総て枯れてしまう訳だ。
そんな訳で羊たちは夏だと言うのに枯草を食って生きてゆく訳だ。
f0208666_9285750.jpg


途中の町では町おこしの一環として建物の壁いっぱいに味のある壁画が
描かれて 小さな街並みを楽しく散策できる。
ここでトイレ休憩と地元のスーパーで買い物をする。
f0208666_9323795.jpg


「魔女の宅急便」のアニメに登場するパン屋さん「グーチョキパン店」の
モデルとなったパン屋さんに立ち寄った。
f0208666_9363693.jpg


1860年の創業以来 現在に至っている有名なお店なのだ。
f0208666_1016304.jpg


パンの種類も多いが 今はホタテがバッチリ入ったパイが大人気。
早速買い求めて 店前のベンチで試食。 これは美味い 大当たり!
f0208666_10192898.jpg


食べ残しや落ちこぼれを狙ってスズメが近くまでやってきた。
f0208666_10204644.jpg


イギリスから送られてきた囚人達によって架けられた石橋。
タスマニアではこうした囚人や奴隷によって構造物建設や
開墾と農業牧畜等に厳しい労役が課せられていた。
f0208666_10241480.jpg


日本の華麗なるリンゴと違い 地味で小さいリンゴであるが
昔の時の美味しいリンゴが あちこちに植えられていた。
f0208666_10262985.jpg


タスマン海に出入りする船の為の港の町 ストローンの海岸。
近くの海岸は鉄分を含む花崗岩で構成され 数億年の昔の地層
と言われる。
f0208666_1030417.jpg

f0208666_10301594.jpg


すこし離れた海中の杭にウミウらしき鳥を見付けた。
脇のブイの上にもカモメが群れている。
f0208666_10335636.jpg


ウミウらしい鳥を更にズームアップしてみると なにか違う様だ。
帰宅後 鵜の類を図鑑で調べたが 顔も腹も白い奴なんて見当たらない。
足には水かきもあるみたいだが・・・・。  何だろう??
f0208666_10365875.jpg


さて 海岸の散歩が終り 大型観光船でタスマン海から ここに流入する
大河ゴードン河に入り 少し上流の原生林のトレッキングをする。
f0208666_10411346.jpg


ゴードン河の水は山地や丘陵に沢山生える「ボタングラス」という
植物のタンニンにより 赤茶色に染まっている。
f0208666_10443358.jpg

f0208666_10444950.jpg


再びタスマン海に戻り そこに浮かぶ小島 サーラ島に寄る。
この小島には1822年に建造された監獄の跡がある。
囚人が更に罪を犯したり粗暴や反抗 逃亡等による報復として
想像を絶する厳しいリンチと監禁が行われた場所だ。
f0208666_10504529.jpg

f0208666_1051753.jpg


少し戻るが ホバートの倉庫街に 前記のパン屋さんと同じく 今から200年程前
焼肉専門の店を 最初に開店したのがここだ。
店の名前もボール&チェーン」となっているが これは囚人や奴隷の
足に括り付ける足枷の事だ。
自由を奪われた人達の苦役と重労働により 成長したタスマニアの
経済と佇まいに 複雑な思いが込み上げてきた。
f0208666_1111819.jpg


200年近い歴史を刻むレストランの焼肉炉 夕刻近くなると100人を越す
お客さんで混雑する。
グリル とは焼肉を提供する店 という意味だとはじめて知った。
f0208666_1143430.jpg


毎晩お世話になったビール 「ジェームス・ボーグ」
小瓶だが豪ドルで8ドル程 日本円では700円位なので 少し高い?
味はアサヒ生とは違い ヱビスに近い感じだった。
f0208666_1183151.jpg

[PR]
Commented by とりこ at 2016-02-05 16:44 x
こんにちは
カナダに行かれた時も山火事に遭遇されたのでは~
そんなこと思いだしました  時期的に発生するのでしょうか
予定が狂いますネ
随分歴史のあるパン屋さんなのですね  ホタテのパンが美味しそうです
タスマニアは自然の楽園とか・・そのイメージが強くて
美味しいものとか、ビール、すてきなレストランのイメージはありませんでした
りんごは日本の物がやはり勝ってましたか!
スズメちゃんも日本とどこか違うような感じがしますネ
Commented by s-tamagoro at 2016-02-05 18:57
とりこさん いつもコメント 有難うございます。
山火事はカナダでも多発するので 前回も遭遇して
しまいました。
タスマニアの夏は乾季となるので 今回も5か所で
延焼中との事でした。
この古いパン屋さんは今も昔ながらの薪を使った
パン焼き窯を使用しているのも見えましたよ。
アニメの魔女の宅急便の主人公 キキちゃんには
逢えませんでしたけどね。 (^_^.)
こちらのスズメさんも 見掛けは似ていましたが
鳴き声は英語でしたよ。

Commented by 蝦蛄代表 at 2016-02-05 21:19 x
玉五郎さん、こんばんは~。

やっぱ、海外の風景、街の情景は良いですねぇ。
異国情緒って言うのでしょうか。
それと壁いっぱいにある壁画は凄いです!
感動モノですねぇ。日本だったら?って
想像しちゃいました(笑)

あと「魔女の宅急便」のパン屋さん!
あの映画の光景が浮かんできましたよぉー。
えっ?ビールはエビスに近いのですか?
じゃ、美味いんですね(笑) でも、ちと高いなぁ(^^;;
Commented by s-tamagoro at 2016-02-06 14:58
蝦蛄さん コメントありがとございます。
海外だと何処に行っても異国情緒を感じます。
それだけ日本家屋や街並みは それなりの個性
が有るんでしょうね。
町中の建物の壁には至る所にほのぼのとした
綺麗な壁画が描かれ これは町おこしの一環と
聞きました。
他にも庭の植木を人や動物 自動車等の形に
仕上げ 楽しい植木の町と言う町もありました。
何処の国でも過疎の町や村が多いと感じました。
現地のビールも 特別に「美味い!」と言って
テーブルを叩く程でもありませんが 抵抗なく
美味しく飲みましたよ。
Commented by yukie4659 at 2016-02-06 21:44
玉五郎さん、こんばんは

魔女の宅急便の中にパン屋さんが登場するって、全く知りませんでした。しかも、モデルになったのが、タスマニアに存在するパン屋さんなのですか!宮崎駿作は、最初の頃のしか見ていないので、恥ずかしながら初耳な話です。
ホタテが入ったパイ!ミートパイは聞きますが、貝を具にしたパイも、初耳です。考えたら贅沢なパンですねぇ。

未開の荒れ地を開拓するのに、囚人を使うのは、どこも同じ発想なのでしょうねぇ。今、蝦夷地開拓に明治初期の頃の政治犯を使った小説を読んでいて、そう感じました。

スズメ・・日本の普通の雀には頬っぺたの黒子がありますけど、それが無いですよねぇ。ウミウのような鳥、お腹が白いですねぇ。でも体系等は鵜なのかなぁ~。
興味深い事が多く、次は、どういうお写真かな?とワクワクです。
Commented by s-tamagoro at 2016-02-07 10:52
ゆきさん おはようございます。
魔女の宅急便は魔女の娘のキキちゃんが 成人する段階で
一時期人間の町に出掛けて修行をすると言う事で、最初に
お世話になったのがこのパン屋さんなんです。
ドラマでは海岸近い丘の上にありましたが モデルと言わ
れるこの店は広い平原の小さな村の一角にあります。
貝柱の沢山入ったパイは実に満足のものでしたよ。

日本も敗戦時 日本兵や軍属が極寒のシベリアに連行され
食料も装備の不足の中 重労働で多数の餓死者凍死者を出し
私の長兄もその一人になりました。
Commented by 白竜雲(はくりゅううん) at 2016-02-07 18:40 x
こんばんは!
ホタテが入ったパイ・・・美味しそうですね!♪(^^)
ビールも 飲んでみたい味のようです!
いやぁ~ 珍しいものばかりで・・・行ってみたい気持ちになりました!
楽しかったでしょう!ヽ(^^)ノ
Commented by ウィンターコスモス at 2016-02-07 19:29 x
こんばんは
自然は美しいし、街の生活も平和で穏やかで豊かで
楽しそうですね。
どこでも負の遺産はあるものですけど、
やっぱり胸がいたみますね〜

杭にとまっている水鳥?
可愛いですね〜
何なんでしょうね?


Commented by 玉五郎 at 2016-02-07 19:52 x
白龍雲様 御多忙中のコメント 有難うございます。
ホタテのパイは地元でもかなり有名との事 なんとか
買う事が出来 美味しく試食できました。
この様にビールやワインを飲み 珍しい地元の味覚を
楽しむのが旅の醍醐味なんですね。
いつも未知の見聞が多いので やはり苦しくても煩わ
しくても 出掛けなくてはいけませんね。
Commented by 玉五郎 at 2016-02-07 20:00 x
ウインターコスモスさん こんばんわ。
そうですね 日本に限らず世界中に過去の汚点が
多くあるものです。
悲惨な過去を知る度に 胸が痛むのは当然ですね。
そんな暗い過去を経て現在の文明と平和がある事
は申し訳ない事とも感じてしまいます。

生き物も花や植物も知らない物ばかり。
それらの同定なんて 私には全く手が出せません。
by s-tamagoro | 2016-02-05 11:08 | Comments(10)