ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2010年 09月 22日 ( 1 )

先日の酷暑一段落の日 久し振りに2番目のホームグラウンド
に出掛けてみました。
広大な河川敷なので 一回りするのも大変です。
林の中で樹木を探索するも 野鳥らしきものは見当たらない。
全く反応のない林間を歩いていると、なんと大勢のカメラマンが
大砲を構えて樹上を見上げている。
2~3人に 「何が来てます?」   揃って 「何でしょうね~」
人だかりを見つけて来たばかりの様子 私と同じでした。

先着の人達の会話を聞いていると サンコウチョウの番いが
来ていると言う。
私は中望遠のみなので 撮影は無理。
確かに樹間を飛び回っている 尾の長いのが見えたのですが
体長の何倍もある尾羽ではない。 雌かな?
撮影できる可能性はゼロなので そこから離れる。
f0208666_1540788.jpg


今日は蝶やトンボが目的なので 下の方を観察する。
ミスジチョウ(コミスジ?)が逆さまになって草に止まっている。
f0208666_15425396.jpg


薄暗い草の中に蛇の目模様がみえた。 ヒメジャノメ?
f0208666_1544968.jpg


四十雀の声が聞こえたので 見ると近くの木に止まった。
ちょうど葉っぱが無くて 姿が見えたので撮ってみました。
本当に野鳥を撮るのは久し振りで、あまりカメラを向けない
四十雀でも嬉しいものです。
f0208666_15475274.jpg


蜘蛛たちも秋口になると だいぶ体格もよくなり、巣の隅には
小さな雄を同居させているのも多くなりました。 ナガコガネグモ
f0208666_15501251.jpg


この辺りにはきれいな流れは無く 沼も炎天のせいか赤い藻が
繁殖して 魚も苦しそうです。
でもシオカラトンボだけは そんな中に産卵していましたよ。
他に見付けたトンボは これ1匹のみ ノシメトンボかな?
f0208666_155473.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2010-09-22 15:56 | Comments(4)