ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

2013年 02月 02日 ( 1 )

ルリビタキ     

ルリビタキを狙って出掛けたのは数年ぶり。
餌付けの関係で あまり興味が乗らない鳥だからだ。
蝦蛄代表様におよそのポイントのご指示を頂き
何枚も撮る事が出来た。
理屈はともかく 美しい鳥だ。
f0208666_16423742.jpg

f0208666_1643451.jpg


ルリビタキの出現を待つ間 エナガが遊びに来てくれた。
これもまた忙しい鳥で 敏速に対応しないと撮れない。
オチョボ口で可愛い鳥だ。
f0208666_1648046.jpg

f0208666_16481322.jpg


そのあと シメもやってきた。
でも 後が続かず 早めに帰宅した。
f0208666_16504365.jpg


この鳥撮りの一週間程前 鹿児島・指宿周辺の観光に行った。
流石に南国 梅の花がいっぱい咲いていた。
f0208666_1653302.jpg


鹿児島周辺では黒酢の醸造をしており その一つを見学。
係員は人が集まると詳細を説明してくれる。
f0208666_1655553.jpg


黒酢にはそれ程興味はなく 私の普段の鳥探しの目線は変わらず
何か居ないかと探してしまう。
すると 居ました! これは鹿児島県民のジョウビタキだ。
f0208666_1703556.jpg


鹿児島ジョビ君は係員に代わり 私にだけ案内してくれた。
「この甕には5年物が入っており もうすぐ出荷します」
f0208666_1752251.jpg


「こちらのおじさんは貯蔵所の除草や清掃をする人です」
その前に立ち止って 丁寧に案内してくれた。
本当に可愛い案内人でしたよ。
f0208666_1783687.jpg


桜島の噴煙 山の向こう側が鹿児島市街になります。
f0208666_1728118.jpg


国内最南端の大湖 池田湖にはネッシーならぬ
「イッシー」が見られたという ねつ造された話があり
これも観光に一役買っている。
f0208666_17132455.jpg


このあたりにも多くの菜の花が咲いており春は最盛期。
池田湖と開聞岳が美しく 観光客を楽しませてくれる。
f0208666_1715883.jpg


最終日は鹿児島から大阪まで九州新幹線の初乗り 約4時間。
大阪から東京まで3時間 乗り換え時間も入れると8時間の旅。
米原周辺だけは裏日本型気候の為 降雪が多く見られた。
飛行機は火が出たり油が漏れたりで 危なくて乗れない。
f0208666_17293997.jpg

[PR]
by s-tamagoro | 2013-02-02 17:42 | Comments(8)