ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


      暮れも押し迫り もうすぐ年も変わる事になります。 
      この時期は家の内外の清掃や手入れに追われる多忙の季節。
      時折 休息と称して のんびりと過ごす時間もある。
      そんな時は庭に来る鳥達の行動をゆっくりと観察し撮影が
      出来るのだ。
      
      四十雀は水を飲んだ後 洗顔と嘴の清掃を行う。


f0208666_11525173.jpg

      
      このところ 連日現れるジョビ子 丸っこくて可愛い奴だ。


f0208666_11573418.jpg



f0208666_11581445.jpg

 
      ムクドリも頻繁のやって来る事が多くなった。
      ここに来るムクドリは必ずペアでやって来る。


f0208666_11590693.jpg

      
      歩行が得意な鳥なので 速足で庭中を歩き回って餌を探す。
      でも 水飲み場に立ち寄る事は少ない。


f0208666_12010649.jpg



      大きい割に穏やかな鳥なので スズメや四十雀は気にせず
      餌探しを続けている。


f0208666_12032310.jpg


      こうして見ると 種類を超えた小鳥同志の仲も良いものだ。
      争う事も意地悪する事も無く こんな風景は実に楽しい。

 
f0208666_12072454.jpg


      今度はスズメとジョビ子。

  
f0208666_12135414.jpg



      こんな異種で仲良しグループの姿を撮っていたら なんと吃驚!
      一生かかっても撮る事の出来ない決定的シャッターチャンスだ。
      こんな動きの速い 更にデリケートな異種が同じ向きで撮れたのだ。
      この瞬間はほんの一瞬 1秒ほどの配置であった。
      鳥撮りを初めて10年 その中で最高の一枚となった。 嬉しい!


f0208666_12152289.jpg



      こんな楽しい風景も この与太者のヒヨだ出しゃばって現れると
      一瞬のうちに全員が飛び去ってしまう。 そして 暫くの平静。


f0208666_12290135.jpg
 
      今年も一年間 お世話になりました。 来年もよろしくね。  玉五郎


[PR]
by s-tamagoro | 2017-12-27 12:05 | Comments(8)

今年も あと一週間

      今年も はや一週間を残すのみの時期となった。
      巷ではクリスマスとかでそれなりの賑わいを見せているが
      我家は仏教なので 特に祝ったり飾り物をする事は無い。
      そんな時期 我が家の庭に水仙が咲き始めた。
      温暖な房州や伊豆方面では冬でも沢山咲いているらしいが
      私の所では開花平均日は1月26日となっているが 今年は
      極端に早く咲き始めたのだ。 正確には12月20日。


f0208666_15144577.jpg


      アジサイやドウダンは枯れ葉が落ちた時から新芽が用意されている。
      梅の花芽も膨らんできて 彼らも休む暇もないな~ と同情する。


f0208666_15172616.jpg


      このところ毎朝氷が張り 霜も降りて周囲は真っ白なのに
      問題の狂い咲きのクレマチスは それにも負けず今でも
      花を咲かせている。
      でも開花しても2~3日で霜に負けてしおれてしまうけど。

      
f0208666_15175860.jpg



      そんな寒い朝でも ジョビ子は 連日水を飲みにやって来る。


f0208666_15230614.jpg


      遠慮がちに芝生に降りて スズメみたいにピョンピョン歩きで
      短距離を歩き 水飲み場の脇の小さな石灯篭にたどり着く。


f0208666_15274647.jpg


      やっと水飲み場に到着するが なんと 今朝も氷が張っていて
      水を飲む事ができない。 さて、どうしたものかな・・・。


f0208666_15325517.jpg

      
f0208666_15301083.jpg

      
      仕方がないから また昼頃に来ようかな~ と決めて退散。


f0208666_15331908.jpg



      メジロさんも山茶花目当てで これも連日やって来る。
      取り敢えず樹の裏側に入って 安全確認と花の具合を確かめる。


f0208666_15353045.jpg


      メジロは非常に臆病者で 蜜を一口吸っては周囲を警戒する。
 
     
f0208666_15383214.jpg


f0208666_15403476.jpg
 

      スズメは花の蜜は関係が無く 山茶花には目もくれない。
      こうして観察していると 蜜を舐めに来るのはメジロと
      ヒヨの2種類だけ。 でもヒヨは蜜も舐めるし花弁も
      むしり取って良く食べている。


f0208666_15480305.jpg

                             以上



[PR]
by s-tamagoro | 2017-12-24 15:21 | Comments(6)
      多忙が故に出陣出来ず との言い訳。
      今日 日曜日 冷たい北風が吹いていたが やっと秋ヶ瀬に出掛けてみた。
      Kに直行し 歩き始めてすぐ 2人程のCMさんが三脚を立てて何やら待機中。
      雰囲気ですぐ ルリビだな・・・と判断。 
      「出ていますか?」「先程から2回程出ましたよ」「雄ですか?」「そうです」
      早速仲間に入れてもらってスタンバイ。
      10分もしないうちに 2回も顔を出してくれた。 ラッキー!!
      今日は早朝から縁起が良いわい・・・  大収穫間違いなし の予想。
      30分程 そこでお付き合いをしてから 久し振りのテリトリーを散策。


f0208666_19194275.jpg


f0208666_19200435.jpg


      Kを一回りするも 何時もの通り 何にも出てこない。
      これは大収穫どころか 空振りの様相で焦りを感じる。
      止むを得ず ここを諦めて 急遽 Pに場所を変更する。
      BBQ広場の脇のモグラ叩きの場所に行ってみる。
      ここはアオジとカシラダカばかりの場所だが ツグミが
      突然 至近距離の場所に現れた。


f0208666_19215464.jpg



      運悪く 逆光の場所に来てしまったが そこにアオジが現れた。


f0208666_19353458.jpg

     
      同じ場所で今度はカシラダカが顔を出した。
      極めて悪条件ながら これもGET。 
      空振り怖さに 羽の生えたものは何でも撮る事にした。
      逆光でも遠距離でも枝被りでも 何でもカメラを向ける。
      拙い写真でも 証拠写真だと言い訳をして済ます覚悟だ。

 
f0208666_19373462.jpg


      ここはアオジとカシラダカだけなので 場所を変える。
      途中で高い木の枝に数羽のカワラヒワを発見。
      その中でラブラブの? ペアの姿も見られた。 友達かな?

     
f0208666_19470755.jpg


f0208666_19501883.jpg



      シメも今期 初めて撮る常連だ。
      頑丈な嘴は縄文人を連想させる 逞しい感じがする。


f0208666_20225551.jpg



f0208666_20255104.jpg



      普段はキジバトにはカメラを向けないが 貧果を解消の為 何でも撮る.
      でも 毎年連日我が家に来ていたポッポちゃんも 姿を見せなくなって
      はや 1年 結構 私になついていたのに 寂しい。


f0208666_20262552.jpg



      帰りがけにS公園入口周辺を ちょっと覗いてみた。
      川の向こう側に 再びツグミが見られた。
      

f0208666_20375371.jpg


     
      アオジとジョウビタキを探したが 撮影に至らず。
      ベニマシコも居たが 距離もあり 拡大して証拠写真として
      UPします。
 

f0208666_20424241.jpg



      昼も過ぎて もう2時になる。
      諦めて帰ろうとした時 モズが現れて 「また どうぞ!」と
      義理堅く 挨拶をしてくれた。 
      「また 来ますよ」  (^^)/


f0208666_20454024.jpg
                             以上


[PR]
by s-tamagoro | 2017-12-17 19:34 | Comments(8)

師走も中盤の時期

      12月も中盤となり 気分的にも慌ただしい時期となった。
      伸びすぎた庭木の剪定をすると この剣幕で面倒なゴミが発生する。
      昔は皆 燃やして処理をしていたが 今は禁じられている訳だ。
      片手で持つのは重すぎる程の束にして 可燃ごみの収集日に少しずつ
      持って行ってもらう訳だ。
      まだ同量ほどの切り屑が出るので この時期は本当に大変だ。


f0208666_18090694.jpg


      四十雀とヒヨは連日やって来るが キジバトのポッポちゃんは
      最近見られなくなった。 3~4年の間 連日姿を見せていたが
      もしかしたら・・・と 不吉な感じもするが どうしたのかな?
      四十雀は群れでなく ペアでやって来ることが殆どだ。


f0208666_18155766.jpg


f0208666_18203561.jpg
      
      ヒヨも休みなくやって来て ナンテンの実をついばんでゆく。
      これは1週間程前のヒヨのつまみ食いの様子であるが この時は
      ナンテンの実は沢山付いていたが・・・・。


f0208666_18222918.jpg
    
      ヒヨにこっそりと盗み食いをされて ナンテンの実は少なくなった。
   
   
f0208666_19085162.jpg

      
f0208666_19104774.jpg


      4~5年前に 山茶花の木の天辺に 伸びた枝を使い 球形の
      造形を 面白半分やってみたが・・・・。
      
 
f0208666_19111877.jpg


      山茶花の蜜は美味しいらしく これを狙ってメジロとヒヨが
      連日訪れて来ている。
      ヒヨは不味いナンテンの口直しをしに来ている訳だ。


f0208666_19230093.jpg


      特異な形を楽しんだ訳だが ここを刈り込んだり成形したりする
      この作業は2mの脚立の最上段に立ってやらねばならない。
      私も寄る年波 極めて危険な作業を続ける訳には行かないので、
      今回を最後に 花が終わったらこれを切り落とす予定だ。
     
 
f0208666_19182508.jpg

      
      今を盛りに咲き誇っている山茶花の時期でもあり 初氷も
      見られる寒さと霜にも負けず 狂い咲きのクレマチスは
      今も見事に咲いている。
      葉っぱの一部が ちょっと赤くなっているけど・・・。
      でもクリスマスの直前には花も終わると思うが どうかな?


f0208666_19261687.jpg
                             以上


[PR]
by s-tamagoro | 2017-12-12 18:25 | Comments(4)
       ゴルフの話ですので 興味の無い方はパスしてくださいね。

      毎年 この時期に行われる某大手メーカーさん主催のゴルフ会が行われる。
      始めてから37回程になる様だが 私は10数年前から参加している。
      最初に行われるのはフェニックスCC 世界から集まる有名男子プロも多く
      タイガーウッズ等も過去に優勝している。
      今年は2週間前に米国のケプカ選手が 昨年に続き連続優勝したコースだ。
    
      夕方 日没の頃に羽田を出発 6時半ごろ宮崎空港に到着。
      宮崎空港も今は 「宮崎ブーゲンビリア空港」と流行の名称に変わっている。


f0208666_21305563.jpg
    
      その日の宿泊と夕食はシーガイア シェラトンホテルになっている。
      40数階の高層ホテルの32階の部屋になっており 朝になってから
      外を見ると目の下は緑のゴルフコースが広がっている。


f0208666_22162349.jpg


      朝食を済ますとすぐ フェニックスカントリーのスタート場所に向かう。


   
f0208666_22235064.jpg


      お天気は快晴で無風 絶好のゴルフ日和だ。
      こちらではまだ芝も青く 素晴らしい情景ではあるが実は超難コース。

      
f0208666_22242356.jpg
   
f0208666_22270989.jpg


      この松林は海岸から吹き寄せる砂を防ぐ防砂林で 黒松が隙間なく
      密生しているので この中に打ち込むと抜け出すのは至難の業だ。


f0208666_22294844.jpg


      クラブハウスの中は歴代の優勝者40数名の写真が掲示されている。


f0208666_22304532.jpg

f0208666_22322851.jpg

      
      食堂では当地特産の宮崎牛・鶏肉・焼酎等が楽しめる。
      タイガーウッズ選手は ここの牛丼が大好物で必ず注文するとの事。
      私は今回も同様に宮崎牛の牛丼を頂いた。 美味しいよ!

f0208666_22355860.jpg


      この後 後半戦を終えて 第一日目は終了。
      翌朝早くホテルを出て車で宮崎カントリーに向かう。
      所要時間は30~40分位でコースに到着。気温は10℃程。


f0208666_22404086.jpg

     
      ここは先週 女子プロの最終試合の行われた ここも名コースだ。
      歴代の優勝者の写真や参加選手の寄せ書きなどが展示されている。


f0208666_22483488.jpg


f0208666_22491453.jpg



       このコースも 南国風情の景色が美しい。


f0208666_22493723.jpg


       ここでは今 遅咲きなのか少し背の低いコスモスが花盛りだった。

    
f0208666_22512045.jpg



      ここもフェニックスと同様に防砂林の松の木が密生している。


f0208666_22530118.jpg


      ここが最終ホールで なかなか難しい18番ホールだ。
      このホールを如何に切り抜けるか その結果で順位が変わるのだ。
      悲喜こもごもの名物最終ホール。     

  

f0208666_22542919.jpg

      
      主催者側の社員が プレーヤーの最終ホールを見守っていた。

  
f0208666_22590476.jpg

      
      ここの名物料理はチャンポンが大人気。 これも最高に美味しい。
      そして焼酎は木挽きという地元の物で これもお勧めの品だ。


f0208666_23005363.jpg

      先週行われた女子プロの競技の足跡をたどりながら1ラウンド終了。
      夕刻前に車で10分程の近距離の空港に移動。
      空港内の様子も 過去の有名人知事以来 賑やかになった感じだ。


f0208666_23053534.jpg


      JALの羽田行きは 5時頃の予定で 搭乗口で時間を待つ。
      暇なので 背筋を真っすぐに伸ばした姿勢の良い飛行機の姿を
      撮りながら暇潰し。


f0208666_23121381.jpg
 

      どうした訳か搭乗する飛行機が大幅に遅れ 暗くなり始める。
      丁度 満月前のお月様が飛行機の上に見えたのでこれも一枚撮る。
      その後は無事に羽田に そして自宅に帰ったのは9時頃だった。

f0208666_23163696.jpg
                                 以上





      
      


[PR]
by s-tamagoro | 2017-12-04 22:15 | Comments(4)