ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

温暖な日が続きます。


       もう2月の末 暖かい日が続くようになり 庭の水飲み場も氷が張らず
      春の気配が強く感じられる。
      今日 庭の隅に2輪のクロッカスが初めて咲いていた。(2月28日)
      過去の平均開花日を見てみると 我家では3月7日となっていた。


f0208666_14365945.jpg

      梅の花は満開だが そこに蜜を舐めに来たのはヒヨ。
      「梅ヒヨ」では あまり冴えない景色 ウグイスでなくても良いから
      もう少しまともな奴が来てくれたらうれしいのだが・・・仕方ない。


f0208666_14382079.jpg



      ヒヨは結構 みかんの皮がお好きな様で 庭に投げておけば何時も
      それを食べに来る。
      当然実の方は与えず 我々が食べるのだ。


f0208666_14422693.jpg


f0208666_14453834.jpg


      のどかな陽気に誘われて 近くの金山貯水池まで散歩に出かけた。
      柳瀬川を遡って歩いて行くと 昨年のコスモス畑にモズが居た。
      雌雄は判らないが ちょっと痩せている?みたいに見える。


f0208666_14463405.jpg
 

      梅林に差し掛かると ちょっと遠方にアオジらしいのが見えた。


f0208666_14502997.jpg


      もう一羽 姿を見せたのは なんと 我家の住人のジョビ子だった。
      こんな遠方まで遊びに来るのかな~?


f0208666_14523205.jpg


      カワセミの本場の貯水池に到着 様子を見るとCMさんは3~4人のみ
      少しの間 様子を見ていたが 全く気配なし。
      オナガ鴨が2~3羽 泳いでいるだけ。


f0208666_14550484.jpg



      カワセミのいつものお立ち台には 場違いなムクが居座っていた。


f0208666_14584415.jpg


      ここに来ればカワセミしか見られない時が多いと言われる名所。
      来訪してカワセミが見られなかったのは ほぼ一割程度だ。
      諦めて池を一回りして帰ろうとした時 脇の林に大型の鳥が一羽。
      毎年みられるゴイサギの子 星五位(ホシゴイ)だった。


f0208666_15001081.jpg


      何枚か撮って もう少し近寄ったら 早速逃げ出していった。


f0208666_15081042.jpg

                         おわり














[PR]
by s-tamagoro | 2018-02-27 15:09 | Comments(6)

久々の秋ヶ瀬 出陣


       体調不良が(筋肉痛)続いて 元気のない毎日。
      昨日は予報では雪かも?と言われたが 又とない温暖快晴のお天気。
      足の運動を兼ねて 久し振りに秋ヶ瀬に行ってみた。

      早速出迎えてくれたのは常連のコゲラちゃんだった。


f0208666_12145000.jpg


 
      続いて出て来たのが おちょぼ口のエナガちゃん。
      可愛いけどすばしっこくて なかなか追いきれない厄介者。


f0208666_12180026.jpg

   
      ちょっと遠かったけど 草むらに居たカシラダカが飛び上がって
      木の枝に止まってくれた。


f0208666_12190469.jpg


  
      次に出て来たのは はっきりしないがウソみたいだ。


f0208666_12210048.jpg

 
      池にはアオサギが 餌を狙って水の中に佇んでいる。
      記念写真でも撮るつもりでカメラを向けると すぐ後ろを
      コガモの一団が「はい 御免よ」と言って通り過ぎて行った。


f0208666_12244099.jpg


      一番北側の大きな池の脇の立ち木にダイサギが止まっており
      そこに別のアオサギがダイサギを追い払ってお立ち台に着地。
      ダイサギよりアオサギの方が権力者みたいだった。


f0208666_13171336.jpg


      追い出されたダイサギは 不満そうな顔をしながら 近くの
      お立ち台に移動した。

      
f0208666_12321907.jpg

      森の中に入ると薄暗い藪の中に 久し振りのシロハラが一羽。


f0208666_12342863.jpg


f0208666_12373966.jpg


      通りかかったCMさんが レンジャクが一羽だけ来てますよ と
      教えてくれたが たった一羽ではしょうがないな と思いつつ
      でも今年の初物と思い 広場に行ってみた。
      確かに孤独な一羽はすぐに見付かったが 移動が速く 最適な
      場所に止まってくれない。
      偵察員の任務が大変なんだろうな・・・と思った。


f0208666_12383833.jpg


f0208666_12385917.jpg


      一羽だけでは長居は無用と 次のベニマシコの目的地に移動。
      現地に着くと 居ました! 桜の木の上に真っ赤な奴が。
      三脚を広げ カメラを向けた瞬間 5~6羽のマシコたちは
      一斉に南の方に飛び去ってしまった。大失敗!
      仕方なく 帰って来るのを期待して近所の川沿いを歩く。

      名前は判らないがシギが一羽。
      それと最近 我家に来なくなった白髪頭のジョビ♂も居た。


f0208666_12445477.jpg
  

f0208666_12451388.jpg



      暖かいせいか小さな羽虫が 沢山水辺に群れているのを
       飛び上がって捕まえている鳥が居た。
      ウグイスだろうか? ムシクイの仲間?



f0208666_12453489.jpg
     

      マシコたちが飛び去ってから1時間半 仕方ないので今日は諦め
      次の機会にと考えて帰る事にする。
      帰り道 野焼きの地域を通ると ここにも常連達が幾つか見られた。



f0208666_13003942.jpg



f0208666_13010062.jpg



     
f0208666_13011418.jpg

                        
                         以上







      

            




[PR]
by s-tamagoro | 2018-02-21 12:21 | Comments(10)

皆既月食は快晴だった

      大雪の降る直前 何時もの様にジョビ子は水を飲みに来た。
      ところが翌日の大雪以来 全く顔を見せなくなった。
      水場が雪と氷に埋もれた為か あるいは大雪に恐怖を感じたのか
      その原因は良く判らない。


f0208666_10205470.jpg



      木の実や草の実を食べつくしたのか 最近は草の葉っぱや花びらを
      好んで食べている姿をよく見かける。
      芝生に散らばった山茶花の花びらを好んで食べている。


f0208666_10214205.jpg


f0208666_10250126.jpg


      天気予報に違わず 午後から激しく降り始め 例年にない大雪になった。
      雪景色の中 姿を見せたのはヒヨだけだった。


f0208666_10253059.jpg



      この度の大雪は長靴の丈程もあり 30cm程の積雪量だった。
      雨量に換算すると1割弱として25mm程度と思われる。
      花の咲き始めたパンジーの部分だけ優先的に掘り起こして
      日光が当たるようにしたのだが これに目を付けたヒヨが
      早速 やっと咲いている花を盗みに来た。
      不思議な事に食べるのは黄色い花弁だけ 赤や紫は食べないのだ。


f0208666_10280440.jpg
 
f0208666_10370505.jpg


      昨夜は久々の皆既月食が見られるとの事だが 3年程前にも
      赤銅色の月を順序良く撮影で来たので 今回はあまり興味は
      感じなかったが やはり数少ない天体ショウなので 仕方なく
      カメラに三脚を付けて 寒い庭に設置して様子を見る。
      風呂上がりだったので程々にして短時間の皆既月食を楽しんだ。


f0208666_10443296.jpg
 


f0208666_10445047.jpg
  


f0208666_10450867.jpg



f0208666_10453824.jpg
                           以 上




[PR]
by s-tamagoro | 2018-02-01 10:46 | Comments(12)