ドロミテ山塊を歩き回る


by s-tamagoro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大型客船 台北までの旅


       さて 船旅の続きです。
      沖縄の那覇港を夕方出発し 今度は石垣島に向かう。
      日の出の様子を見ると今日もお天気は快晴 やはり南国の気温は高い。


f0208666_18292314.jpg


      この船は大きすぎて石垣港の桟橋に付ける事が出来ず 沖合4キロ程の
      外洋に停泊 船に備え付けのテンダーボートを5~6艘を下ろして
      それに乗って石垣島に上陸する訳だ。(100人位乗れるかな?)


f0208666_17152964.jpg

  
      ここでやっと「ダイヤモンド・プリンセス」の全景が撮れるチャンス。
      背景の雲も丁度 上手い具合に立ち上がってくれた。


f0208666_17245602.jpg


      テンダーボートを降りるとすぐ 竹富島行きの船に乗り変える。
      近辺の島を行き来する連絡船だが これはいつ見ても 早な~と
      感心する。


f0208666_17304777.jpg


      竹富島には地方色豊かな集落があり 狭い道路を水牛の引く牛車に
      揺られて 馭者は案内説明や地元の民謡などを聞かせてくれる。


f0208666_17334330.jpg


f0208666_17335447.jpg



      道端に多くの朝顔が見られ 「琉球朝顔」と言うそうだ。



f0208666_17340957.jpg

      その脇に見た事もない異様な花(ガク?)も見られた。


f0208666_17342786.jpg

  
      小高い丘の上に小さな展望台があり そこから東シナ海が見渡せる。
      我々が乗ってきた D・プリンセス号が小さく見えていた。


f0208666_17415594.jpg


      竹富島の観光を終えて 再び石垣島に戻り テンダーボートで
      母船に戻る。 日差しは逆光になって ちょっと残念。


f0208666_17452969.jpg
 
      夕刻 少し早めに出航し 台湾の台北の港 キールン港に向かう。
      陸地が殆ど見えない海上で 見慣れない鳥が数羽 船の脇を飛び
      廻っていたが 速くてとても画面に入らない。
      数十キロの海を帰ってゆく力があるんだろうか 心配だった。


f0208666_17454828.jpg



      翌朝 キールン港に入港し ここが最後の観光地となる。
      30分くらいかけて やっと桟橋に横付けされる。

      
f0208666_17460465.jpg
  
      
      私はゴルフを希望していたので 台北の観光はやらなかった。
      ゴルフ場は港から1時間ちょっと程の距離の丘陵地にある。
      朝の高速道路は何処の国でも同じ 相当の混雑が見られる。
      車窓の左側には飛行場とその先の市街地には101階のビル。



f0208666_17472100.jpg

      右側の高台には台湾随一の高級ホテルが。 
      政治家や財界の著名人が多く集まるところと聞いた。


f0208666_17474838.jpg


      この日のゴルフ場はミラマーゴルフクラブでプレーをする。
      日本国内のゴルフ場と微妙に差異は感じられるが この話題は
      興味の有無やプライバシーの絵が多いので掲載中止。


f0208666_17481991.jpg


      一応 今日で観光の全てが終了 後は2日半の航海で神戸に戻るだけ。
      左手に夕日の日没を眺めながら 台湾とお別れになる。


f0208666_17490178.jpg


      スタートしてから一週間後の日曜日の朝 長い旅路を終えて やっと
      神戸港に戻ってきた。
      考えてみると一週間の長い船旅の割に 見学場所とその時間も短く
      船内の娯楽や食事と飲酒が半分以上を占める結果となっている。
      3ヶ月かけて世界一周と言うのもあるらしいが 私には耐える事が
      できないと思う。
     
   
f0208666_17492509.jpg

  
      税関など煩わしい検閲を済ませて やっと陸上の普通の人に戻った。
      早速新幹線で東京に戻る。
      新神戸の駅の利用は初めての事 駅前の景色を一枚。


f0208666_17494401.jpg

  
      新神戸の売店で 神戸牛の弁当を注文したら これがお勧めとの事。
      神戸牛? 田島牛? ま~ どちらでも良いけど味は満足だった。
      3時間ちょっとで 居眠りをしている間に東京駅に帰着。


f0208666_17500788.jpg


      船の豪華さも堪能できたが 前記の通り期間の割に観光場所も少なく
      船内での遊び方も不慣れな我々には ちょっと手持無沙汰の感じだった。

                           以 上

 
  
      













      



[PR]
by s-tamagoro | 2018-05-25 19:36 | Comments(10)

豪華客船で台湾まで



       先週の日曜日から日曜日までの一週間 以前の仕事仲間の集まりで
      台湾往復の船旅が行われ 夫婦で参加という事になった。
      日曜日の朝 新幹線で神戸まで 三宮から神戸ふ頭まで行く。
 
      我々が乗船する客船は「ダイヤモンド・プリンセス」と言う名前だ。
      イギリス船籍の外国船で乗船下船の時など 空港で受ける検査同様に
      厳しく検査される。
      乗客定員は2700名 乗組員や作業員なども1000名を超える
      大規模なものだ。
      船の全長は300m 11600トン 速度22ノット(時速40km)

      乗船する際 船の全景を撮ろうとしたが 大きすぎて画面に入らない。


f0208666_15503154.jpg

      夕刻も近い時間 いよいよ神戸港を出港となる。
      小雨にけぶる神戸の街並みを見ながら沖縄を目指して出発する。 


f0208666_16061296.jpg

      最上階のデッキには お決まりのプールやジャグジー等が設置され
      周囲にはレストランやバーなどが並んでいる。
      船内には劇場・フィットネス器具・パターゴルフ・エアロビ広場
      展望浴場・カジノ・衣類 貴金属 土産物などの売店等 各種の施設
      が整っているが 私共にはあまり縁のない施設ばかりだ。


f0208666_16094518.jpg


      翌々日の朝 沖縄到着となる。
      梅雨入り宣言が出て一週間程経過しているので天候が心配だったが
      晴れ男を自認する玉五郎 面目躍如の好天続き毎日だった。
      


f0208666_16203402.jpg

      那覇港には夕刻までの停泊 沖縄は昨年5月に2回も来ているし
      過去にも数回来ているので 今回は海洋公園の美ら海水族館のみを
      見学する事にした。


     
f0208666_16251454.jpg


      那覇港から水族館に向かう途中 バスの窓から面白い現象が見られ
      貴重な場面を撮る事が出来た。 これは珍しい蜃気楼の瞬間だ。
      船が海面上空を航行している珍しい場面ですよね。


f0208666_16314502.jpg


f0208666_16362762.jpg

      美ら海水族館に到着。 なかなか大規模な施設だ。
      

f0208666_16394081.jpg

      魚やタコ・ヤドカリ等が着飾ってお出迎えしてくれる。


f0208666_16422727.jpg


f0208666_16424688.jpg


f0208666_16430272.jpg

      水槽の中には見た事もない美しい魚たちが沢山見られた。   
      30年近く前に来た事は有るが 今では桁違いの規模に拡大され
      素晴らしい水族館になっていた。
      釣り大好きの蝦蛄さんも釣った事の無い魚ばかり。


     
f0208666_16454698.jpg


     
f0208666_16465059.jpg

  
     
f0208666_16473054.jpg

 

f0208666_16474976.jpg
       
f0208666_16480856.jpg



f0208666_16483030.jpg
   
      あまり執拗に接写に励んで居たら 人相の悪い奴に睨まれてしまった。
      「何か用かよ!」


f0208666_16490629.jpg

 
      テレビで幾度か見られた巨大水槽を泳ぐジンベイザメ。


f0208666_16564877.jpg
    
      水族館を十分に堪能 ここも昼間だけの停泊なので 夕刻前に
      船に帰着。 まだ日のあるうちに石垣島に向けて再び出航。


f0208666_16583085.jpg

      那覇港に隣接する那覇空港。
      まだ見た事の無い悪名高き戦闘機「オスプレー」を撮りたいと
      空港を狙ったが 姿は無かった。


f0208666_16590025.jpg


      翌日は石垣島と竹富島の観光となる。  続きは次回に・・・・。


[PR]
by s-tamagoro | 2018-05-23 17:08 | Comments(2)

連休も終盤



      連休と言えども 無職の我々には無関係の日となっている。
      3日は孫に誘われて 上野の科学博物館で行なわれている
      「人体ー神秘への挑戦」という特別展を見学に行ってきた。
      NHKで山中教授とタモリが 大々的にこれを取り上げた番組
      を放映した結果でもあり 大変な人出だった。



f0208666_20331764.jpg


f0208666_20335165.jpg



      会場内は撮影禁止との事で 展示品などの写真は無い。
      人体の営みの不思議さや微妙なメカニズムに驚く。
      興味のある方は6月中頃までやっているので ご覧あれ。

      時間が有ったので常設館の方も一回り見学。
      
   
f0208666_20350123.jpg


      日本では絶滅してしまったトキ ニッポニアーニッポン。
      良く見たらトキの背中の上に私の姿が写ってしまった。
      カメラも着衣も間違いない。 数少ない私の自画像。 (^^)/


f0208666_20351634.jpg


      見学を済ませて科学館の中庭に出ると立派なバラが満開だった。
      暫く撮った事の無いバラの花を何枚か撮る。


f0208666_20552349.jpg


f0208666_20553591.jpg


f0208666_20554837.jpg


      終了後 大変な人出の上野の公園内を散策してみた。
      広場の一部で盆踊り風の一団が数時間にわたって踊り続けて
      いたが どういう人達か田舎者の私には判らない。 (+_+)
      科学館に行く時からやっていたのに まだ踊っている。


f0208666_21013344.jpg



     
      ここは常設のテント市場なんだろうか?
      今日は100社に近い本屋さんが新刊や人気本を並べて
      売っていたが これ全部が本屋さんとは本当に驚きだ。


f0208666_21014293.jpg


      上野公園からスカイツリーが近くに見えた。
      

f0208666_21020084.jpg


      3日は悪天候の予報であったが 雨こそ降らなかったが 極めて
      不安定な天候の一日だった。


f0208666_21021518.jpg

                          以  上  








[PR]
by s-tamagoro | 2018-05-04 21:19 | Comments(6)